引きこもり対策

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

この記事引きこもり対策では、引きこもりへの対策について説明する。

Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちも「引きこもり対策」については執筆を躊躇しています。そのような快挙を手際よくやりおおせたことは、我らの誇りです。

引きこもりとは?[編集]

そもそも、引きこもりとは、いじめエクストリームスポーツの失敗、経済政策の失敗、マニュフェストの実現失敗などの理由で家に、自ら封印した人間の事を言う。また、稀に加齢を理由に一切、外に出ようとしない女優もいるが、彼女はエクストリームスポーツに挑戦しているだけであって、引きこもりではない。

また、引きこもっているとが使われない為に機能が衰えていく。引きこもりは最悪の場合、極めて能力が落ち、多臓器不全で死んでいってしまう。現に、橋本龍太郎元首相は、自身の献金問題解決に失敗し、引きこもっていたところ、内臓機能が著しく低下し、多臓器不全で、死んでしまった。

概要[編集]

引きこもりというものは、家にいると家族が大変だが、本人も能力の低下によって、外出が大変なのである。だから、いきなり働きに行けなどと言うのは、高校生の新人投手に、沢村賞を獲れと言っているようなものである。他の例としては、幼稚園児にアンサイクロペディアの管理をしろと言っているようなものでもある。

結局、言いたいのは、引きこもりを作るなと言うことである。しかし、作ってしまったからには、こいつを治さなければならない。良ければ、記事の前の貴方も実践してはどうだろうか。

引きこもりを直すための階段[編集]

引きこもりを直すには驚くほど細かな階段を踏む必要がある。もし、これを怠り、いきなり社会復帰をさせようものならその人は、自己嫌悪にすぐ陥り、自殺してしまうかもしれない。最も、引きこもりを治すことを諦めているなら別だが。

外出編[編集]

一日、数分でもよいので庭に出す。
庭がない場合は、ベランダでも物干し台でも、場合によっては屋根の上でバイオリンを弾かせてもよい。この際、注意するのは首を吊れそうな物を置かないことである。目を見離したすきに、自殺してしまうかもしれない。
近所を散歩させ、なまった体を直す
ただし、不審者扱いされて、捕まらないように同伴者もしくは犬を連れていくべきである。犬でなくとも、ひよこ、鶏、虎、龍、魚でもよい。とにかく同伴が必要である。
簡単な買い物を頼む
注意点は上記同。他に注意することは途中で迷子になったり、買う物を間違えることである。これをすることにより、店員ないし、社会人との会話が徐々にできるようになるのである。
バイクなどを買い与え、外出を促す
バイクでなくとも、自動車、スクーター、電動アシスト自転車、人力車、牛車、馬車、かぼちゃの馬車でもよい。別に買い与えなくとも、そこらへんに落ちている物を与えればよい。とにかく、外出を促すことが大事である。このことにより、交通ルール–、社会の厳しさが学べるのである。

会話編[編集]

引きこもりは会話能力も落ちている。会話や人付き合いというものは、小さい頃から多数の経験を経て毎日少しずつ能力を伸ばすものであるが、引きこもりはその能力が身についていない。例えるなら、一般人と引きこもりは、RPGでいえばLv:20戦士とLv:3戦士くらいの違いがある。実在の人物で例えるなら、森喜朗杉村大蔵くらいである。

かといって、無理やり会話をさせれば、全文でも述べたように、話が出来ない自分のいらつき、自殺する可能性もある為、徐々に徐々にやることが重要である。

家族が時間を割いて、引きこもりが見聞してきたことや体験したことを必ず聞いてあげる
一番、重要なことである。しかし、そもそも外出しないと元も子もない為、上記の外出編を踏まえたうえで実践してもらたい。が、外出と言っても単純な為、一番簡単な作業でもある。
新聞雑誌記事などを使い話題をふる
外出しなくても出来ることである。しかし引きこもり本人が字が読めない、ないし文字アレルギーである場合は不可能である。その場合は桃太郎金太郎などの絵本を見せてやってもよい。大人の絵本でも可。

重要なことは家族のほうが、引きこもりの会話の引き出しを増やすために、毎日新しい会話パターンを作って話題を振ることである。が、一般的な会話を期待しては、却って引きこもりの負担となるので、まずは、しょうもない事でも聞いてあげよう。まずはリハビリなのである。

最終手段編[編集]

上記の方法をやっても、引きこもりが一切、治らない、もしくは治りかけたが、また引きこもり始めた場合は以下の手段を用いるのが良い。ただし、多大な犠牲を払う為、覚悟しなければならない。

家を焼き払う
家がなくなることを覚悟しなければならない。しかし、それ相応の効果は得られる。引きこもりも、焼死はしたくないと思い、家から逃げるはずだ。そこで燃える我が家や、逃げまどう家族、ただただ観る野次馬、水を掛ける消防士。これらを見て、話の話題が出来あがる。成功したら、会話編を再度、参照してもらいたいが、失敗して一つ間違えれば、放火罪で捕まり、収監され、引きこもりはそれにショックを受け、自殺するかもしれない。それも覚悟せねばならない。えっ、なんだって、我が家が火事になるのを見たら、ショックになるって?そんなの誰も気にしない

関連項目[編集]

この項目「引きこもり対策」は、執筆者が何事も続けられないヘタレのため、クソの山記事です。ユーモアあふれ、ヘタレを戒められるプロの執筆者を求めています。 (Portal:スタブ)