弓道

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「弓道」の項目を執筆しています。
「射ハ天ノ道ナリ 無発 天地大周円 離脱離弦 宇宙遍満音 霊箭虚空ヲ照ス。…」
弓道 について、弓聖
「ホント 弓道は地獄だぜ! フゥハハハーハァー」
弓道 について、とあるヘリのドアガンナー

弓道(きゅうどう)とは、古くから日本に存在する宗教の一つ。弓、矢、弽(ゆがけ)などの法具を用い、身・心・弓の三位一体(さんみいったい)を探求し、釈迦の境地へと到達することを最終目標とする。しかし、現代では健康的な生涯スポーツを銘打ちながら全国各地に弓道部や弓道サークル布教団体を設置し、信者からのお布施徴収に力を入れるカルト宗教に成り下がってしまった。

概要[編集]

組織[編集]

全日本弓道連盟
日本全国に支部を設け、弓道の各宗派を統括する総本山を自称しているが、この団体が設立されたのは1949年と最近である為、本当の目的は検閲により削除。各地で年に数回SHINSAなるものを開き、お布施の多い信者順に段位称号を与えている。
全日本学生弓道連盟
1953年に創立された、やたらと「自由」だの「自治」だのを要求する革命戦士達革命戦士達による革命戦士達のための自治組織。しかし現在ではスイーツ(笑)達の出会いの場と化し、毎年のように大会運営で連携不足による支障をきたしている。
全国高等学校体育連盟弓道専門部
全日本弓道連盟直属の、青年期からじっくりと教えを説き今後の優秀なカモ信者を育成する機関。でもやっぱり無垢な若者は狂気じみたモノを感じちゃうせいか大学に進学するとほとんど弓道部に入らないんだよねぇ…。

聖典[編集]

弓道教本第一巻 射法編
ほとんど全ての信者が購入を強要される。なぜなら上記のSHINSAの筆記試験の問題はこの本の内容がまるまる出題されるからである。定価1220円(税込)、毎度お買い上げありがとうございます。
弓道教本第二~四巻
高尚な信者達による二次創作同人誌。学ぶことは多いが言うほど役に立たない。一~四巻まで買い揃えて厚い信仰心を見せると吉。
現代弓道講座①~⑦巻
中身はどうでもいい。これを全て揃えているということが厳正な信者として肝要である。長らく絶版だったせいで全部揃えるのは並の信者ではほぼ不可能であったが、最近復刻版が出たため弓一張り分の値段で買うことができる。
弓と禅
弓聖について詳しく書いてある。アップル教祖の愛読書というだけでも買う価値があるので是非買おう

歴史[編集]

それでは「弓道教本第一巻 射法編」の21ページを開いてほしい…え?持ってない?定価1220円(税込)はまだ良心的な方だと思うんだけどなぁ…。

勧誘方法[編集]

基本的に法具をフル装備で勧誘を行う。一般人がフル装備の信者達を見ることができるのは基本的に4月だけである。周りからジロジロと見られてもよく訓練された信者達は全く動揺しない。

高校編
そこのキミ、新入生だよね?ちょうど良かった!僕たち弓道部なんだけどさぁ、ちょっと道場寄ってかない?いや、見るだけでいいしさ!wたぶんカッコイイって思うよwキミの体見た感じがっしりしてるし、弓道部に向いてるよ[要出典]!中学で何してたの?…美術部!?マジで!全然そうに見えないwいや、大丈夫大丈夫wうちの弓道部員だって文化部だった人いるしwそもそも弓道経験者なんて一人も居ないwwwキミだったらすぐに上手くなるよ[要出典]!楽な部活がいい?大丈夫だってw弓道は野球部とかサッカー部に比べたらずっと楽だよ[要出典]!もちろん休みもちゃんとあるよ[要出典]w入部したら法具弓具を買うために初期費用が少し掛かるけど、弓は部の弓使うし、思ったほど掛からないよ[要出典]法具弓具は丈夫だから一生使えるよ[要出典]!集中力付くし、勉強も捗るよ[要出典]
大学編
あの~一回生ですよね?私たち弓道部ですけど…今から道場でたこパするので一緒に食べませんか?…え?来てくれます!?ありがとうございます!高校では何部でしたか?…弓道部ですか!?すごいですね!うちの部は経験者少ないんですよ~だから入部してくれたらすぐに試合に出れる[要出典]と思いますよ!あと同じ学科の先輩も居るので、試験問題とか、取り易い単位とか教えてくれますよ!女子部員もいっぱい居て[要出典]、モテモテになる[要出典]かもしれませんね!法具弓具は一式買ってると思いますし、大丈夫ですよ!あ…ただ弓は初心者用しか無いので買わないといけないですね…あと、うちの部は年に二回合宿があるので少しお金が掛かるかも…でも大丈夫ですよ[要出典]!弓道やってると就職にも有利[要出典]って言われてますしね!もう四年…やりませんか?(ニコッ

法具一覧[編集]

法具全て消耗品である。先ほど高校生が一生ものと言っていたがお察し下さい

弓道において最も重要な法具。定価1220円(税込)の本に、日本の弓は世界一美しいと書いてあるが誰も気にしない。弓道やるなら竹弓だよね…グラスカーボン弓?君は何の為に弓道をやっているの?
価格は竹弓>>グラスカーボン弓。ちなみに耐久性はグラスカーボン弓>>竹弓。ただし2万円以下の弓には仕掛けが施してある。
弓に次いで大切な法具。珍しい鳥の矢羽ほど高級で、大抵丈夫である。初心者は一番安い七面鳥を使うのが良い。なぜなら七面鳥は2万円近くするがヘタしたら一年で検閲により削除
弽(ゆがけ)
弓懸、弓掛けとも書く。「かけがえのないもの」の語源とも言われている。コレがないと弓を引く時めっっっちゃ痛い。正直に言おう…値段の安い弽は買うな。
コレが無いと弓が引けない。どんな値段のものでも修行を真面目にしていれば頻繁に切れるので地味に金がかかる。ただし検閲により削除を使えば一年以上切れない可能性がある。
ゴム弓
入門したての信者に使う。これで信者の身体をひたすら痛めつけることにより信者を調教する。特にドM熱心な信者は家に持ち帰り夜中叩かれ続ける。
修行において欠かせない物。人により依存度が異なる。なお成分は検閲により削除

宗派[編集]

弓道は古来より存在するため、様々な伝道師が世に出て、それぞれが新たな宗派を乱立させた。それらは今でも対立しており、結果として弓道のカルト化を進める遠因にもなっている。

日弓連体配
全日本弓道連盟が弓道を効率的に世に広るためにまとめ上げた、1220円(税込)に書いてある教科書通りの射法。しかし各宗派が口うるさいので所々に妥協点があったり結局中途半端。SINSAの実技試験で必須なので他の宗派も嫌々覚えさせられ、信者の混乱を招いている。
小笠原流弓馬術礼法
過去には江戸幕府将軍様に説法を説いていたこともある由緒正しい(笑)宗派。折り紙の大家であったり、団鬼六も真っ青の束縛術の大家だったりと、サブカルチャーへの探求も余念が無い。ここの信者は木馬に跨って修行ができる。ドMな人はここの門を叩くと良い。
日置流
小笠原流に次いで古い宗派。小笠原流の事を見た目儀礼重視と罵り、我こそ実用的弓道と称している。実際スポーツ弓道においては強豪校に日置流が多い(例:天下のア法政大学など)。ただしここの宗派は更に幾つもの分派に分かれており、全ての宗派の中で最もカオスなものとなっている(例:山科派、左近右衛門派、印西派、雪荷派、竹林派…あぁもう書くのめんどい)。
本多流
明治時代にできた比較的若い宗派。元々は日置流の分派(竹林派からの流れ)であったが、後に信者達が伝道師である本多利實をリスペクトし過ぎてこの名前がついた。矢だけでなく弓も飛ばす連続攻撃によって戦闘力を増している。弓聖もここの門下生であった。
大射道教
偉大なる弓聖様が信者の反対を押し切って創建した新興宗教。弓道を極め過ぎてカルト化した典型例。ただ純粋に弓道の精神性を探求続けたという意味では立派だと思う…でも良い子のみんなは真似しちゃダメ。ゼッタイ。

スポーツとしての弓道[編集]

弓道の宗教色を極力取り除き、単純に矢を的に当てる本数を競うことで娯楽性を出した。信者を増やすという総本山の企みにより、学生や社会人のスポーツ弓道は盛んである。老若男女誰でもできて健康的、パッと見た感じカッコイイし親しみやすそうだが、もちろんである。日々の肉体的、精神的苦行により精神を病む人が後を絶たない。

中学弓道[編集]

そもそも弓道部を設置している中学校は非常に少ない。そのおかげか中二病の射手は少ない。大変ありがたいことである。中学弓道部の中には驚くべきことに3年間ゴム弓で練習するという所があるらしい。熱心な若者達である。きっと将来立派なカモ信者になってくれることだろう。

高校弓道[編集]

中学校にはほとんど弓道部が無いため、実態を知らず軽い気持ちで入部し痛い目にあう学生が後を絶たない。賢い人はすぐに退部し、最後に残るのはド真面目君か、頭のネジが飛んでいる変態だけである。全日本弓道連盟が直々に指導しているためわりと射法には統一感があるが、もちろんである。また、努力と結果は比例しないという現実を一部の才能によってまじまじと見せつけられる。弓道を必修授業にしている学校もある。おそらく校長先生が検閲により削除

大学弓道[編集]

弓道部
ノリや自由度の無さは高校の時とあまり変わらない。高校の時の経験者は少し賢くなってるので、やるとしたら弓道サークルに入る。それでも弓道部に入る輩は相当頭がイッている。サイコパスを疑うレベル。高校と違うところはやたらとお金がなくなる。高校の時いかに親のスネを囓っていたかを痛感するであろう。親孝行しろよ!
弓道サークル
弓が引きたければいつでもおいで!ただし道場は無いから基本飲み屋集合だよ☆
弓道ダンス部
とある大学の踊り子が始めた画期的な創作ダンス部。世に出たときは弓道界に激震が走り弓道のあり方そのものが見直されかけた。現存は不明だが遺伝子を継ぐ者が居るらしい。

実業団弓道[編集]

社会人になってまで弓道部のノリを続けている真性の変態達が集う場所。試合の際は色的(いろまと)というアーチェリーみたいな的を使い得点制で勝敗を決める。

踊り[編集]

弓道ダンス部で行われている舞踊。

会で「絶対に中たらない」と確信してしまった場合でも的中がのぞめるため、的中至上主義の大学弓道にあっては、身につけておいて損はない技術。

ただし、「踊ったからには中てろ」との鉄則があるため、安易な踊りは慎むべきである。弓道ダンス部員たる者、日頃の修練が非常に重要なのである。

踊りの技術[編集]

大別すると三つの系統が存在する。ただし、弓道ダンス部各員が日夜研鑽しているため、下記の系統に当てはまらないものも存在する。

どの場合でも、足踏みは通常の三分の二程度まで狭くすることが望ましい。

発進
本来左腕は的に向かってまっすぐ伸びていることが肝要であるが、左肩がぐらつくなどして十分に伸びられない時に使用される。
離れの瞬間、全身を的に向けて押し込む。そのため、離れ後には最低でも二、三歩(約1m)は的に向かって走ることとなる。場合によっては、3~4m走ることもある。
小離れが基本である。
的方向に走るため、射場から矢道へ飛び出すことも多い。
射場と矢道の間に大きな段差がある場合は怪我をする可能性があり、十分な注意が必要である。特に関西の某大学道場は、矢道が1m以上低くなっており危険極まりない。矢道に植えてあるのが芝ではなく潅木であるというのはいかがなものか。
弓手踊り
会において、左肩が本来あるべき位置より後ろにある場合(左肩が抜けている場合)に使用される。
離れの瞬間に、左肩を無理矢理前に突き出すのがこの踊りの基本的な技術である。
その反動として、弓手は下、あるいは後ろ下に大きく振られることとなる。またその勢いによって右肩も上から見て反時計回りに回転する。結果、離れの後には体が的に正対する。
小離れが基本である。
馬手踊り
会において、右肩がぐらつく場合に使用される。
離れの瞬間に、右肩を無理矢理前に突き出すのがこの踊りの基本的な技術である。
右拳はまっすぐ的と反対方向に抜くのではなく、右肘を張ったまま前下に落とす。
右肩を突き出した反動で、弓手は肩も含めて後ろ下に大きく振られる。結果、離れの後には体が的に正対する。
前下に落とした拳は、勢いで体の右脇~後方を通った後、右耳の横に回り込む。的中した場合には、さらに勢いのままに右手で的を指差すと格好が良いので、そこまでの一連の動作を完全に身につけるべきである。
また失中の場合には、拳の行き先がなく途方に暮れる様子を表現すると芸術性が高いとして高評価を得られるかもしれない。

漫画と弓道[編集]

弓道の布教には紙媒体も不可欠であると言う認識から様々な漫画を世に送り出しているものの、いまいち面白く無いんだよなぁ…。ヒロインと共闘させるために本来は珍しい男女混合試合を描いたり、そもそもヒロインをオトコの娘にするなどアイデアは色々だが試合で盛り上がらないのが弓道漫画の欠点だと思われる。

テレビと弓道[編集]

一般人を騙せても信者達は騙せない。 NHKのニュースキャスターが弓を逆に張った事を信者達は忘れない。

よくある間違い[編集]

  • 弓矢は「射る」ものである。「打つ」とか言ってる奴は弓師か?(弓を打つとは弓を作ること)
  • 弓を構えて喋る姿を見かけるが、非常に危険である。絶対にやめていただきたい。
  • 離れの時に身体がグチャグチャに動いている奴はもしかして遺伝子を継ぐ者か?
  • 戦国自衛隊において、その殺傷力は機関銃より高い…。
  • 左手の長さ分しか引いていない奴はアーチェリーでオリンピックに出ろ(大河ドラマ「平清盛」のオープニングで引いていた武士は仕方ない…兜が邪魔だから)。

本当の弓道[編集]

カルト宗教に成り下がった事を憂いる人も多い。ではどうすれば弓道の真髄にたどり着けるのか。答えは只々弓を引くこと。弓が引けなくなるその日まで引き続けること。法具にお金を費やすことである。

参考書籍[編集]

  • 弓道教本第一巻(財団法人全日本弓道連盟)
  • 弓と禅(オイゲン・ヘリゲル著)
  • 日本の弓術(オイゲン・ヘリゲル著)

関連項目[編集]


ExSport.png この項目「弓道」は、エキサイト不足のようだね。
さあ、君もこの記事に胸が高まるような文付け足してみよう。レッツトライ! (Portal:スタブ)