廿日市市

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「廿日市市」の項目を執筆しています。

廿日市市(はつかいちし、英:20th market city)は、広島県の西部に位置する都市である。

安芸の宮島」と「もみじ饅頭」はあまりにも有名である。「廿日市」の「廿」を「」と間違えるという例が跡を絶たないが、「甘日市市」や「二十日市市」と書いた手紙を出しても、郵便番号を間違えなければ正しく届くことが確認されている。

概要[編集]

広島県西部を占める佐伯地区の中心都市であり、日本三景のひとつである宮島を擁する一大観光都市である。宮島町と合併する以前は、広島市方面から世界遺産である厳島神社に向かう観光客に素通りされるという、日光市と合併した旧今市市のような存在であった。

厳島と宮島は、広島市とヒロシマの関係と同じく二重人格(二重島格)を持つ大変珍しい島であり、紅葉万重と呼ばれる雅な遊びの発祥地である。宮島工業高校、宮島サービスエリア、宮島競艇場など「宮島」を名乗る施設は、旧宮島町ではなく対岸の本州本土にあることがほとんどである。

昭和最後の市[編集]

市名は東隣の旧五日市町(現在の広島市佐伯区の一部)や三重県の四日市市などと同じく、市の開かれた日に由来する。市の発足日は当然「20日」と思いきや、実際には1988年(昭和63年)4月1日であった。あまり知られていないが、廿日市市は昭和時代に発足した市の中で最も若い市である。「平成生まれ」という言葉に過剰に反応する、そんなお年頃である。ちなみに平成最初の市は、1991年(平成3年)4月1日に発足した袖ケ浦市である。

地理[編集]

廿日市は瀬戸内海の港町であり、広島市岩国市の間に位置する目立たない町であったが、平成の大合併によって佐伯町、吉和村、大野町、宮島町を編入したことで、市の面積が倍増し、めがひらスキー場やアメダスの津田観測所、平清盛ゆかりの厳島神社が市内となり、山口県と島根県にまで接する一大観光都市にのし上がった。

歴史[編集]

廿日市は「広島」と「宮島」という二つのの間に位置する目立たない町ではあったが、二つの島に近いことから木材やの集散地として栄え、厳島神社が台風で破損するたび、廿日市から厳島に木材を運び社殿を修復しており、廿日市は陰ながら厳島を支えていたのである。

長らく佐伯地区の中心地であった廿日市であるが、市制施行は大竹市に先を越され、人口は五日市町に追い抜かれるなど、一時は冬の時代を迎えた。しかし、広島市に近いことから人口が急増し、廿日市町は人口日本一の町に上り詰め、単独市制が可能となるまでに成長した。広島と宮島の力なくして現在の廿日市の繁栄はなかっただろう。

交通[編集]

廿日市は古くから広島と宮島を結ぶ役割を担ってきた。市内には、雨漏り電車やガムテープ電車といった稀少車両に出会える西日本旅客鉄道(JR西日本)山陽本線と、駅数の多さと表定速度の遅さに定評がある広島電鉄宮島線の二つの路線が通じている。宮島口から宮島に向かう航路も、JR西日本宮島フェリー宮島連絡船と広島電鉄系の宮島松大汽船があり、両者は熾烈な争いを繰り広げている。

観光[編集]

厳島神社の鎮座する厳島は瀬戸内海の要であり、「厳島を制するものは瀬戸内を制し、瀬戸内を制するものは大八洲を制し、大八洲を制するものは天地を制す」とまで言われた。と言えば日光鹿と言えば奈良が有名であるが、厳島には猿と鹿の両方が生息することから、安芸の宮島は日光と奈良の良さを併せ持った至極の観光地であると言える。

関連項目[編集]

この項目「廿日市市」は、執筆者自身は結構気に入っていますが、どう見てもクソの山です、本当にありがとうございました。ダチョウ倶楽部に訴えられないうちにとっとととりかえることをお勧めします。 (Portal:スタブ)