廃人

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「廃人」の項目を執筆しています。

廃人(はいじん)とは宗教上の「悟り」を得たとされる者、転じて、ある特定の分野で他人に抜きん出て秀でた者に与えられる尊称

起源[編集]

紀元前5世紀頃、釈迦は減食、絶食、座禅等、想像を絶するような苦行を行い人生の全ての苦から解放される(=悟りを得る)事を試みた結果、特定の薬物の摂取が苦の解決に極めて有効である事を発見した。

この時発見された物質は長くインド独自の文化としてのみ存在していたが、シルクロード経由で絹を取引する際の通貨として使用される事で徐々に中国ヨーロッパを経由し全世界へと広まった。当時この物質の運搬に大きな役割を果たした人物として玄奘三蔵が最も良く知られている。日本には5世紀頃に聖明王によって初めてもたらされた物とされる。


日本では伝来当初より、この物質を適正に摂取すると、

  • 嫌な事を忘れられる
  • 無性に全ての事がとてつもなく可笑しいものに感じられる

等の効果が得られる事が知られており、また摂取回数を重ねる事でそれらの効果が永続的に得られる(=悟りが得られる)事も知られていたが、

  • その物質が極めて高価だった事(当時10倍の重さの金との等価価値があったとの説がある)
  • 摂取できる適正量に個人差があり、少しでも適正量から外れると死に至る可能性が高かった事
  • この物質が非常に劣化しやすく、取り扱いに極めて高度な知識と技能が要求された事

等の理由により実際に悟りを得るに至った人物は極めて少なく、悟りを得た人間は「廃人」(=現人神)と呼ばれ信仰の対象とされた。

第二次世界大戦以降の日本人では,「不幸の化学」を主宰した「大河UFO」が自らを神と名乗ったことが認められている。 「皆さんの前におられるのは,大河UFOであって,大河UFOでない。神である!!(ジャジャーン!)」

また,山梨県上九一色(註:麻雀の役満ではない)村で「才ウ厶心理教」の「朝から焼香」が自らを「グル」と称し,札束の上に釈迦の「涅槃像」のごとく横たわっていたことから,朝からも「廃人」であったと想像するに難くない。

Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

関連項目[編集]

Quqpacmanlogo3.png
廃人が放った発言は、後世の物好きのために、有志たちによって「Unquotable/架空の人物」へ収録されています。


この項目「廃人」は、気違い死に物狂いで書いたものです。今はまだ狂った内容しかありませんハイ狂わせてくれる精神異常者を探しています。 (Portal:スタブ)