座布団運び

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
「山田くーん! 54.145.117.60さんの座布団、全部持っていって!」
座布団運び について、某緑の人

座布団運び(ざぶとんはこび)とは、主にテレビ番組「笑点」において活躍する姿を見ることが出来る職業のことである。名前の通り座布団を運ぶことが主な仕事であるが、副業として座布団以外のものも運ぶことがある。かつては一子相伝の職業であったが、近年では座布団運びの家系に生まれずとも実力次第では宗家の地位につくことが可能である。

Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちも「座布団運び」については執筆を躊躇しています。そのような快挙を手際よくやりおおせたことは、我らの誇りです。

概要[編集]

座布団運びは、その名の通り座布団を運ぶことを仕事としている。またそれだけで無く、座布団を運ぶことに付随する様々な仕事も行う。座布団運びのは代々受け継がれ、練り上げられたものであり、一度に複数の座布団を運ぶ技にも長けている。 近年では座布団にとらわれることなく、子供の安全、人々の幸せまでをも運ぶ技を編み出そうとしているらしい。この職業の道のりは果てしなく遠く、20年や30年の下積みは当たり前とされている過酷な職業でもある。

歴史[編集]

専門家の間では「日本の歴史は座布団の歴史である」と言われるほど座布団は人々の生活に密着している。それ故、座布団運びの歴史は日本の歴史そのものと言う研究者も存在する。 座布団運びの始まりは神代にまで及び、古事記日本書紀においても、不完全ながら座布団運びを思わせるような記述が存在する。

史書にその名前が登場したのは平安時代であり、当時は天皇の座布団を専門に運ぶという職業だったとされる。その時々の天気気候、座る者の体調などを総合的に判断して、312個(2hyde)にも及ぶ座布団の中から適切な座布団を選び出したと言われる。 その後江戸時代に至るまで歴史の表舞台からその姿は消えるが、本居宣長がその歴史を辿った書物が残されており、そこから技の研磨の歴史を伺うことが出来る。 表舞台から消えていた間に座布団運びの家系は分裂し、壮絶な争いをしたとされる。時には歴史を手にしようと、座布団運びの技術を活かし草履を運ぶことによって、政権を手に入れた者までいるとされる。また海外にも修行の旅に出たとされ、その技が磨かれていった。

以降、近代化の波を受け座布団の絶対数が減少し、存続が危ぶまれた。しかし一子相伝であった体制を完全相伝に切り替え、積極的にテレビ出演しその技の保存に努めた結果、現在も存続するに至る。

Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

著名な継承者[編集]

関連[編集]


この「座布団運び」には
まだまともなことがかかれてないけど、
おいしいものをたべてかきくわえたらなおるよ! (Portal:スタブ)
Naoruyo Transparent.png