底辺校

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちによって「底辺校」はリダイレクトページになっています。変なページに飛ばされるので、クリックしても意味はありません。

底辺校 (ていへんこう)とは、通ったり教えたりするのが、もの凄く大変な高校である。


言葉の由来[編集]

元々は明治期の関東で使われ出した言葉であり、江戸弁で「大変」が訛った「てえへん」から、大変な学校と言う意味でてえへん校と言われていた。てえへん校に当て字されて底辺校となり、それら学校と他の学校の位置づけが上手く合ったために全国的に使われるようになった。

概要[編集]

底辺校がてえへんとされる理由は様々で、その地域のどうしようも無いバカが集まっていたり、学級崩壊をしていたり、学校が変形して巨大ロボットになったり校長が生徒に脅迫されてたり世界有数の殺し屋が教師として集まってたりしているからである。つまり普通の人々なら絶対に通いたくないような学校である。

各都道府県に1〜2つあり、そのだいたいが宗教関連の校風があるために、問題のある生徒だろうと慈愛を持って受け入れると言う方針で、結果として非常に問題のある生徒達が集まってしまうことになった学校である。そのために、バカなうえに、オカルトチックな思考を持ち、いきなり悪魔と戦ったりノストラダムスの大予言を回避しようとか言いだしたりして周囲を混乱させる。 最近では考えなしにポンポン大学を作ってしまった為に、大学でも増加中。教師を全裸にして土下座させるというエロティックな大学も出たとか。

底辺校と呼ばれる理由[編集]

学力が低い[編集]

学力の低い生徒に授業をするのは教師にとって骨の折れる仕事である。一部の生徒にとっても、授業の質が低く合わせられるため将来に絶望することになる。

生徒達がどのくらい低学力なのかを文部科学省が一年に渡って調査した次のようなデータがある。

入試問題の一例。

交通の便が悪い[編集]

登校する生徒たち。底辺校への登校にはタフネスさが重要視される。

交通の便が悪ければ通うのに多大な苦労を要し、分かりやすく大変である。成績が良ければ交通の便が良い所に行くので、必然的に集まるのは偏差値の低い生徒であったりして、成績の悪さでも底辺校と呼ばれやすい。

例えば次のような学校である。

  • 数kmの坂を登らなくてはいけない。
  • 大学前駅があるのに、駅から数十分歩かないと校内に着かない。
  • そもそも学校の敷地が数km単位で、通うことが不可能。
  • 学校の周囲が世紀末。
  • 学校との間にある谷に橋がない。具体的には下の映像のような通学が必要。

学級崩壊している[編集]

学級崩壊していれば、クラスは殆ど無秩序状態であり、教師にとっても生徒にとっても楽に過ごせる環境ではない。

学級崩壊にもいくつか種類があり、次のようなものが確認されている。

一部生徒や教師が異常[編集]

学校全体としてはごく少数だが、あまりにも異常なため、全ての生徒や教師が被害を受けることになる事例。

学校の主要部分もしくは全体が異常[編集]

説明する必要はないと言える。

全ての学校[編集]

漫画やアニメの学校ってたいてい異常で通いたくないよね。 「普通の学校に通うだけでも普通に大変じゃね」(とある一般人のコメント)

反論[編集]

本当にこんな学校が存在するのだろうかと疑問視する研究者も多い。あまりにも作られたような頭の悪さなど、現実の人間とは思えないような逸話の数々であるとしている。研究者の中では、普通の学校にさらに下の学校がいると思わせ意欲を向上させる、もしくは訓戒とするために作られた都市伝説のような存在ではないかとも言われている。

それらの研究者の中では結論として、底辺校とはただの悪口と妄想であるとされている。

関連項目[編集]