幼馴染

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
幼馴染との恋愛は自覚が無いまま進行する場合が多いことになっている。

幼馴染(おさななじみ)は、マスコミ関係者が極めて発音しにくい(老若男女や万景峰号、白装束集団などと同様)と嘆いている単語の一つ。「幼い」と「馴染み」を掛けているため、何とか「おさななじみ」と読む事が出来るが、どうにも「な」が重なる所は舌を噛み易いと思われる。

言葉を用いる際の注意点と幼馴染の実態[編集]

それはともかくとして、「幼い頃から馴染みがらであった」という意味のこの言葉であるが、安易に用いるには注意した方がいいと思われる。連帯保証人の事例を持ちあげるまでもなく、腐れ縁ほど恐ろしいものは存在せず、諸刃の剣ともいえる。

趣味や趣向が同じであったために、生涯関係を維持したと言う例は多くある。但しこの場合の「幼い」は幼児のことではなく、「大人の付き合い」と別のものという意味で用いられる、対義語と考えるべきであろう。よって小学校高校辺りから交流が始まった場合でも、その意味では幼馴染に含めていいかと思われる。

近年の転勤族の増加などがあり、幼馴染がいないという若者も少なくない。 また、幼馴染がブスであった若者もまた多い。幼い頃に別れた幼馴染が再会する頃にブスへ育っていたケースもだ。

幼馴染に対する警告[編集]

あられもない姿を見られたときは、恋愛フラグどころか18禁のフラグが立ってしまうコトだって考えられる。ゲームでは注意セヨ。だがそれがいい。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「幼馴染」の項目を執筆しています。