平群町

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
この記事には冗長性が不足しています。
改善には十分なメモリーとブロードバンド回線と大きなディスプレイ希望が必要です。
アンサイクロペディア法
を熟読した上で、分量を増やして下さい。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「平群町」の項目を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「平群町」の項目を執筆しています。
Wikitravel.png
放浪癖に取り憑かれた人のために、ウィキトラベルのトラベルライター気取りたちが「平群町」の項目を執筆しています。

平群町(へいぐん??ピョンヤン??……引っ越せ!「へぐり」だわ!)は、大和国の中央にある町。日本のHipHopの聖地でmiyoco小林薫、加えて岡本尚也という日本でも有名になったスターを輩出した街である。

概要[編集]

miyocoは自分の個性及び住民権を主張するため周辺住民にヒップホップとR&Bを披露している。しかしこれが警察に認められなかったため、このヒップホップとR&Bはストップされた。しかし一連の動きはmiyocoが初めてではなかったことは意外と知らない。実はでもヒップホップ活動をしていたおばさんがいたということがあったようである。しかしこのおばさんはヒップホップ以外にもを食べたり、寺の鐘を執拗に鳴らしたり、警察に捕まっても「なんかわしのやり方に文句があるのか!このポリ公!」とキレていたエピソードがあったためmiyocoはそれを踏まえてやったといわれている。

一方の小林薫は「娘はもらった。」というまさに神隠し的な行動をとって、以下に小林がモテていたかということが知れ渡っているものの、同じ小林姓を名乗る、通称、「監禁王子」こと小林泰剛以上のモテっぷりではなかったとされる。小林泰剛は成人女性に大して人気があったのに対し、小林はロリコンのオタクというもう一つの顔が合ったため人気はいまひとつであった。また小林のやり方は宮崎勤と同じような手段をやっていたため、ポスト宮崎といわれるほどであった。

これらの活動が殆ど同時期であったのに対し、miyocoと小林のお互いの面識は殆どない。そして一番手を焼いたのは警察であったのも言うまでもない。

そして同町出身の岡本尚也がUSJにて偉業を成し遂げたことによって再びこの街が注目を浴びたことになった。