平景清

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
現世に復活した景清さん。ぷれいやの力添えが無ければ動けません。

平 景清(たいら の かげきよ、生年不詳 - 建久7年(1196年)?)は平安時代の武士。藤原忠清の子。

藤原秀郷の子孫の伊勢藤原氏なんだけど、ずっと平家に派遣されていたから、平氏の人間と誤解される、ある意味可哀相な人。本名は藤原景清(伊藤景清)。当時の通り名は、上総七郎(かずさのしちろう、上総介忠清の七男であるため)。階級は信濃守(1180年)、兵衛尉。「悪七兵衛」のコテハンを持つ勇猛果敢な武士であった。

平安末期における源平合戦において活躍した。『平家物語』巻十一「弓流」において、源氏方の美尾屋十郎の錣を素手で引きちぎったという「錣引き」が特に有名である。壇ノ浦の合戦で敗れた後に捕られ、預けられた八田知家の邸で絶食し果てたとも、戦場で討ち死にしたとも言われている。実はの血が流れていて、鬼武者変身が出来るのだが本人は最期まで気付かなかったっという、鈍感な面も持っている。

初期設定のパソコンではどうしても「過激よ」が一番上に来てしまうが、ある意味正解でもある

なお、この人の衣装製作には寺田克也雨宮慶太が関わっていた。

戦死からその後[編集]

鎌倉へ復讐の為に向かっている景清さん。KATANAが良い具合に光ってます。

彼の本当の物語はここから始まる。彼の魂は三途の川に辿り着いたが、安駄婆から「天帝からの命じゃ。現世に戻り、魔界の者と契約して幻魔となった源頼朝を打ち倒せ。」と、突然告げられ、仮の体に魂を繋いだ上で仮面を被せられ、地獄から現世へと舞い戻る羽目になる。 しかも、ぷれいやなる異次元の者のお布施の力と一心同体となってしまった為、彼の体が破壊されるたびにお布施の力が弱まっていくという、とんでもない仕様が実装されてしまった。

時に1192年。現世に舞い戻った壇ノ浦から鎌倉への道中、グルメマップを開きパックマンのように地図中を食べ歩き、様々な幻魔や物の怪、さらには魔界の者となった義経弁慶と幾度と刃を交える事となるが、草薙の剣八咫の鏡八尺の勾玉三種の神器を手に入れ、最終的には頼朝を打ち倒し、世界に平和を取り戻した。

しかし、諦めの悪い頼朝時に1199年、新たな体と共に復活した。天界で転生の時をゆっくりと待っていた景清だが、またしても天帝の命により地上へ降り立つ羽目になる。

今度の戦いでは、前回も戦った義経弁慶に加え、大魔神木曽義仲といった強敵とも合間見えることとなる。特に義仲に関しては戦闘スタイルがモロパクリであった為、「お前、俺の特許侵害しているけどフルボッコにしていい?答えは聞いてないけど!」と、己の体から迸る熱き魂を相手にぶつけ、二度も切 禁則事項ですに追い込んだ。 その後、数々の戦いを経て再び鎌倉へ踏み入れた景清は、三段変身する頼朝と激闘を続け、最終的に無に帰すことに成功した。


それから約800年後、黒歴史となったこの戦いを、複合企業であるナムコットが体感型歴史物語ゲーム源平討魔伝として語れる事となる。


「万事は皆夢の中の、あだし身なりと打ち覚めて。今は此世になきものと、思ひ切つたるガンダムを。悪七兵衛景清なんどと、呼ば此方が答ふべきか。」―生き別れの娘・人丸と再会するも、自らの変わり果てた姿と娘を思い、涙ながらに語る「景清」の名場面である。一方、年寄りの長話に娘は飽きて里人のおっぱいをガン見していた。

一方それから数100年後、暦が西暦から変わったくらい後に変態博士幼女の手でガンダムになったりもしたが、マイナーすぎて誰も知らない上、VIP待遇で天狗になったのか当初は移籍契約期間満了を理由に家庭用に出演しなかったため、チメイドが低いってレベルではない。 (2013年現在ではXbox 360にて、ねんがんのRX-78平景清が皆様のお手元にお求めやすく届くようになっている。いい時代になりました)

ガンダム時代は、彼にモップを持たせて掃き掃除を繰り返すのが局所の厨房で流行ったりした。外装部位の開発担当者は、軍需企業アナハイムエレクトロニクス所属のM・ナガノ博士。だったと思う。多分。

これまでこの平景清の仏像の建立を主に俺に期待されていたが、この度戦闘機メーカーの寄進を受けて、運慶快慶の流れを組む長谷川派の仏師により寄木造にて平景清像の建立が現実のものとなった。モビルスーツ型平家を祀る一部の平家末裔の方々や俺の信心の対象として、篤く拝まれる事と思われる。


「こんなん俺の嫁じゃねえよ!」とこの記事を開いた方の8割2分に小石を投げられそうな気がするが、三方ヶ原の戦い後の家康の肖像画も「誰だお前」的な作画崩壊してたり、源頼朝像が「え、これ重盛じゃね?」とか足利尊氏像も「これ高師直じゃね?」とか言われるなど、歴史上の人物の肖像画とは案外実は割とテキトーに伝わってたりする。

(西郷隆盛の写真 談「(今更『…僕、実は弟なんです』とか言えないだろ、常識的に考えて…)」

世に多く知られている東京タワーをレイプして子供を産ませて認知する気迫の景清像は、鉄拳六之巻といった史書に記されてもいるので堪忍してあげること。

平家の侍大将、その事跡[編集]

歌舞伎十八番のひとつ、「景清」より。   JR駅前のストリートライブで源氏に捕まり、逆切れして『必殺・旋風剣』で留置場をブチ破る姿を12代目市川團十郎(海坊主たん)が演じている。静止画像では立ち絵が映える辺り、海坊主たんもさすがに江戸歌舞伎・團十郎一門の跡目ではある。

の四番目物「景清」の記述によると、壇ノ浦の戦いの後ギタリストと組んでストリートミュージシャンとして活動していた彼ではあるが(当時産まれたばかりの法隆寺の子院石山寺多宝塔などをレイプしていたかは定かではない)、前述の通り死後復活し頼朝を滅ぼす他、企業同士のタイアップ規格の顔として出演を依頼されたり、小さなフィギュア付きすごろくになってみたり、対艦サイズの巨大レーザー砲を物ともせず20mクラスのロボット幼女・ホバータンク・メイドさん共に雷を落としてお灸を据えたりたまに上空から妙に威力の低いビームを発射してみたり、格闘技イベントに抜き身の日本刀を持ち込んで坐禅を組みつつ瞬間移動して腹を切ったり小パンで有利フレームを稼いだりと。

このように悪七兵衛景清は、生前・没後を問わず薬丸裕英の如く多様な才能を秘めたマルチタレントとして活動した事が、能や浄瑠璃・幸若舞、謡曲etcといった実に多くの伝統芸能を通して後の世に伝わっている。

しかしながら、頼朝没後も景清氏の多彩な活動の裏にはぷれいやの力添えは不可欠であったようだ。And YOU.

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「平景清」の項目を執筆しています。