平成狸合戦ぽんぽこ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「平成狸合戦ぽんぽこ」の項目を執筆しています。

平成狸合戦ぽんぽこ』はに化けた左翼活動家を描いたアニメ映画である。

あらすじ[編集]

左翼活動家たちは狸に化け、環境問題を口実として工事現場への嫌がらせやテロ活動を行う。これらの活動に辟易した作業員は続々辞めるが、翌日には別の作業員がグッドウィルから派遣されてくる。嫌がらせやテロに効果がないと悟った左翼活動家たちは四国から大物左翼を呼び寄せ、無許可のデモを決行する。10hydeを超す「妖怪の模型」を使った無許可のデモ活動は住民を驚かせ、テレビでも取り上げられるが、結局社会を変えることはできなかった。そして一部の過激派には警察の魔の手が迫ったので詐欺によって逃走資金をこしらえて逃げ出す。あるいは宗教団体を起こしてあっちの世界に行ってしまう。それ以外は人間に戻って社会に適応するのだった。

内容について[編集]

この作品は、凄惨な内ゲバのシーンから始まる。そのまま映像にすると即座に18禁指定がかかるため、左翼活動家たちは冒頭から狸に化けている。アナーキストのおろく婆が太鼓を叩きながら歌う「赤勝て白勝て どっちも負けろ 負けた狸をぶっころせ」というセリフは、当時の子供たちの流行語にもなった。

現代ではここまで凄惨な内ゲバはなくなったが、8月15日に右翼と左翼がにらみ合っている靖国神社では似たような風景が繰り広げられている。ここにおろく婆のコスプレで突入すれば名を上げられること間違いなしである。

左翼活動家たちは開発業者に対して禁則事項ですしたり禁則事項ですするなど、陰湿極まりない嫌がらせをしたり、テロ活動を行う。一方で、無許可デモの手柄を横取りされてしまったりする。実際にこのような抜けた左翼活動家がいるのかどうかは不明であるが、いそうな気がする。

また誤解されがちなことであるが、この作品は左翼による嫌がらせやテロ活動の実態を描いているが、これらの活動を肯定するものではない。ラストで左翼活動家たちはおおむね悲惨な目にあっているからである。ここには「左翼活動あんま意味なかったね。てへっ」というスタジオジブリからのメッセージがこめられている。

感想文を書くときの留意点[編集]

この映画に対する感想文を書く場合には政治的な配慮が必要である。「狸が勝たなくてつまらなかった」という感想を抱くものはテロ活動の支援者であり、公安警察から尾行されたりすることになるので気をつけよう。逆に「人間社会に適応するのがよいのだ」などと書くと左翼の国語の先生から苛められることになる。「狸がかわいかった」などあたりさわりのないことを書けるようになることが大人への第一歩である。