平将門

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
これが将門のセクシーな素顔である。ウホッ!惚れた…
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「平将門」の項目を執筆しています。

平 将門(平 將門・たいら の まさかど、903年? - 940年3月25日)は、平安時代中期の武将崇徳院菅原道真と並び日本三大怨霊の一人で死後も大活躍している。俘囚系(日本化した蝦夷)の平某の孫で、相馬介・平良将(良持/良門)の二男で、「相馬小次郎」と呼ばれた。兄は将持、弟は将平。子は相馬将国と信田将頼ら。

概要[編集]

アイヌ王のアテルイ田村麻呂処刑された)の血を引く良将こと実は大蛇皇族系の平高望の娘との間の子供として物産の豊かな土地の常陸国に生まれてすくすくと育つ。最後には1,28Hyde(2メートル)近くの身の大男となった。しかも体がでできていたとされ、宇宙嵐を浴びたのではないかという説も濃厚である。にもかかわらず身代わりの影武者67人も従えていたという。この時代に1,28Hyde近く近い身長のものはほとんどいないため東京ヤクルトスワローズの海外スカウトのような優秀なスカウトがいたのだろう。

しかし当時朝廷では藤原忠平麻呂貴族がぜいたくな暮らしをするため地方は重い年貢を強いられてた。体の大きな将門は食べる量も多く、食糧の多くが年貢として持って行かれることに納得がいかず、いつか反乱をおこすことに心に秘めていた。そんな中、父親が死んでしまい国に帰ると高望王の子で母方の伯父・平国香(高盛)というおかまの義理の伯父が領地を勝手に貰っているではないか。父親のものだった領地に次々とおかまバーを立てる国香に腹を立てた将門は兵を挙げて、これを滅ぼした。

おかまの子で残虐男平貞盛平繁盛兄弟は、叔父の平良兼(長田次郎)とともに母方の叔父である常陸介・藤原維幾を頼り復讐の機会をうかがった。同時に維幾の分家筋の伊佐玄明(藤原玄明)が外道との札付きのワルであり、維幾と対決して好き放題にやっていた。貞盛兄弟は維幾に助太刀して、玄明を霞ケ浦から強引に追い払った。

玄明は、道中で盗賊行為をしながら、将門を頼った。将門は任侠心から玄明をかくまった。維幾は将門に玄明の引き渡しを要求したが、あっさりと拒否された。

激怒した維幾はこのことを朝廷に告げ口したために、将門は朝廷と戦うはめになり、維幾を捕虜として、天下に号令して「新皇」という役職を勝手に作って自分が皇帝の国関東独立国を作ろうと立ち上がった。将門の弱点はこめかみしかなく、体が鉄でできている、影武者がいる、と三拍子そろったラスボスのような状態だったが、ついに貞盛兄弟は姉婿のドラゴンナイト藤原秀郷や維幾の息子・工藤為憲とともにその強靭な軍を率いたために、将門は大敗し、玄明とともに首を切断され、首を奪われてしまった。ちなみに将門は、歴史上最初に獄門に処された武将だと言われている[要出典]

将門の子孫[編集]

将門の長男・相馬将国と次男・信田将頼兄弟は、玄明の子・伊佐連国とともに、将門の末の叔父である平良文(村岡五郎)を頼って逃亡した。ほとぼりが収まると将国と将頼兄弟は下総・常陸国に帰り、相馬氏・信田氏と称した。将国の子の文国、文国の子の重国、重国の子の胤国、胤国の子の師国に至るまで、直系がつづいた。だが、師国に男子がなく、その娘は同族の千葉常重(良文の子孫)の妻となり、常重は師国の婿養子となり、相馬氏は千葉氏と融合してしまった。

このために将門の男系の血筋は途絶えたのであった。常重の次男相馬師常(相馬孫次郎)が相馬を継ぎ、その子の常国とともに源頼朝に仕えて勢力を拡大した。将門の女系の血筋として在続したのである。

伝説の首の怪談[編集]

茨木に帰ろうとする将門の首。北京に間違ってきてしまったようです。※あまりにも鬼気迫る表情のため、配慮いたしました。

将門の首は京都に送られ、さらし首になったが3ヶ月ほど経ったある日、や地響きとともにをはばたかせダンボのように胴体を目指して飛んでいったという。偶然その場にいた藤六左近さんは「びっくりしたよ。首だけ飛んで行くんだもん」と語った。飛んでいった将門の首だが東京都千代田区大手町付近で疲れてしまいその地で生涯を終えたという(首は)。首から下は地元で農業をして悠々自適に暮らしたという。この地に建てられた首塚は強力な崇りの力を持っている。以下にその呪いをお教えしよう。

→当時の大蔵大臣早速整爾が早速死に、バッタバッタと2年の間に14人が昇天する。 

ブルドーザーが横転してGHQが始めたことなのに日本人が死んでしまう。

→相方田中金玉が肥大化しソフトボールぐらいの大きさになる。

また何度も何度も落ちたり飛んだりを繰り返し続けた為に、この手の「首塚」は京都から東京にかけて幾つも点在している。商魂逞しい観光商人のでっち上げでなければ、バッタのようにピョンピョン跳ねて移動していたのかもしれない。更に将門の影武者六人も斬首されたらしく、彼らの首もまた祟りを振り撒いている可能性もある。

関連項目[編集]

シコれペニス メロスは激怒した。必ず、かの邪智暴虐の記事加筆せねばならぬと決意した。
メロスにはユーモアわからぬ。メロスは、暇人である。
記事を見て、ニヤニヤして暮して来た。けれどもダメな記事に対しては、人一倍に敏感であった。 (Portal:スタブ)