平安法

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Winding tower of Shime.jpg
この記事は、かつて“現在進行中の事に関する記事”と呼ばれており、誰もが先を争って編集していたホットな記事でした。
しかし、今はどうでしょう。この記事が最後に編集されたのは、もう12ヶ月も前のことです。みんな、この記事のことも、この記事で扱われていた主題のことも、忘れてしまったのです
どうか、せめて54.225.20.73さんだけでも、この記事のことをいつまでも憶えていて下さいますように。

Wikipedia
ウィキペディアンがとても偏っている証拠に、「平安法」の項目はまだありません。アンサイクロペディアンとの格の違いを見せつけてやりましょう。

平安法(へいあんほう)とは、2015年に日本を二分する形で行われた法整備のことである。与党・自由民主党が「我々は過去の人たちに感謝するべきで、まず平安時代に感謝するために法を整備しよう」と言い出したのが始まりである。正式名称は「平安時代に思いを馳せ感謝する」である。

一方、民主党などは「当時は壇ノ浦の戦いなどもありこれは戦争法案だ」と反発し、議論が紛糾し国民の間でも支持が分かれている。

概要[編集]

2015年、太平洋戦争の終結から70年が経ち、「安倍談話」の発表に備えて過去の歴史を振り返っていた安倍内閣は藤原道長摂政に就いて来年、つまり2016年で1000年になるということに気づき、平安時代に関する法案を作成することを決定。4月に安倍首相が米国議会で「平安法は今国会中に必ず成立される」と述べ野党からの反発を招いたが、とうのアメリカ人はそもそも平安時代など知らないので冷めた空気となった。

5月25日、大阪都構想否決の話題も落ち着いたころに平安法が審議入り。派遣法と並び与野党対決の構図となり、特別委員会が開催されるも野党の揚げ足取り審議拒否や派遣法委員会の際に委員長に対する暴行、与党側では安倍首相の野次などで連日空転、そうこうするうちに会期末を迎え9月26日まで95日間という通常国会では過去最長の会期延長を行い、衆院で可決された法案が参院で60日以内に採決されなければ衆院で3分の2以上の賛成で成立となるいわゆる「60日ルール」の行使が検討されるなど何でもない1つの法案としては異例の事態となっており、挙句の果てには憲法学者の大半が違憲だと述べている。

反応[編集]

平安法に関しては韓国から「過去を直視しろとはいったがそんな昔までとは言ってない」というキレキレのツッコミが入った。また中国は「遣唐使が中止されたころを振り返るということは本国と断交したいという姿勢が見える」と抗議した。

また、民主党や社民党も「当時はいろいろな戦いがあり戦後70年にはふさわしくない」とし断固反対、共産党も「その時代は貧富の差が激しかった。日本共産党は貧富を無くし平等にすることを使命としており反対する」と述べた。国民の間でも「今国会の間に成立させるべき」ということに対しては八割が反対、政府は説明が不足しているという意見も相次いだ。連日のように市民が国会までデモを行うなどまさに国を二分する議論となっている。

関連項目[編集]


この項目「平安法」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)