帰雲城

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「帰雲城」の項目を執筆しています。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「フィガロ城」の項目を執筆しています。

帰雲城(かえりぐもじょう)とは、天正13年11月29日(1586年1月18日)まで飛騨国(岐阜県)の白川郷にあったことがわかっている城である。城内には大量の財宝があるとされており、今なお城を探す者があとを絶たない。

城主[編集]

この地方を領有していた内ヶ島氏が三代にわたり所有していた。この地方では砂金が産出し、内ヶ島氏も金山を保有し莫大な利益をあげていたとされる。三代目である内ヶ島氏理の代に、何らかの事故により城もろとも一族郎党、領民ともども行方不明となり現在に至る。

外観[編集]

外観は絵図としては後世に伝わっておらず文書のみから推定されているが、扇風機が城壁のいたるところに取り付けられ内部にも換気装置が多数あったという。また城の内部は、通路や居室の壁にまでびっしりと計器が取り付けられた異様な外観を呈していたらしい。曲輪は三重構造で織豊時代以前の城としては少ないが、有事の際は曲輪自体が移動して、そこを占拠した敵兵を押し潰す装備がなされていた。さらに、完全に曲輪が収納された状態で、城ごと姿を隠すことができたとされる。

他の城に与えた影響[編集]

計器類が並ぶ実戦的な外観は、当時の武士に感銘を与え、北アルプスの向かい側に位置する深志城(松本城)では、本丸御殿が同様の様式で建設されたといわれる。この本丸御殿は明治2年の大火で全焼し現存しないが、当時松本城を訪れたチャールズ・ウエストン卿はいたく感動し「松本メーター」として世界に伝えられている。

名前の由来[編集]

裏山にある帰雲山が由来とされるが、当時は鉄道以外の大型の機械に轢き殺されることもグモと呼んでおり、地中移動が自在にできる、この城に轢き殺された敵兵を悼んで命名されたとの異説もある。

事故[編集]

天正13年11月29日、天正大地震が発生した。この際には美濃大垣城が倒壊するなど大きな被害が出ているが、この日以来帰雲城も地上に存在するところを見たものがいない。城下町が裏山の大崩壊による土砂災害で全滅したことはわかっており、城も埋没状態から復帰不可能になったと推定されている。しかし帰雲城がこの時白川郷にあったかどうかは定かでなく、現在では城の位置すらわかっていない。

スポイラー
スポイラー

警告:以下の文章にはネタバレ、いわゆるスポイラーが含まれています。これにより記事はより空気力学的に洗練され、その結果としてより高速で疾走できるようになります。

もしあなたが、モンテ・クリスト伯爵は最期にエドモン・ダンテスに戻って死ぬことや、生命宇宙そして万物についての究極の疑問の答えは42であることや、入れ替わりに実は三年の時差があり、瀧と三葉は既に会っていたことや、南斗最後の将は慈母星のユリアであることや、マーティン・ジグマールは自分のアルターに殺されることや、希望ヶ峯学園の黒幕は死んだと思われていた江ノ島盾子であることや、遠野志貴は遠野家に引き取られた養子であり本名は七夜志貴であることや、ウルトラマンはゼットンにカラータイマーを破壊されて絶命することや、幻王の正体が楊令であることや、ウィキペディアアンサイクロペディアのパロディであることを知らないのであれば、充分注意して、救急箱を手放さないようにしてください。

復帰不可能になった原因としては、機関室で触手プレイを行ったためといわれるが定かでない。

また、現在も地中で移動を繰り返しているとする説もあり、昭和58年に近くの雛見沢地区が火山ガスで壊滅した際に、その原因としてマスコミ報道されたことがある。

アクセス[編集]

城そのものは天正大地震による三方崩山の崩壊以来、事故により行方不明となっているが、焼き討ちや探鉱のため潜っている時以外は大野郡白川村保木脇地籍あたりに城があることが多かったとされている。同地には平成11年に記念碑が建てられた。

金沢県や福井県から行く場合、東海北陸道白川郷ICもしくは白川スーパー林道終点から国道156号を南下、御母衣ダムと白川ICのほぼ中間にある。名古屋県や西濃・中濃・ウスター地方から訪問する場合、東海北陸道庄川ICから国道156号を北上する。なおhydeの身長は156cmである。

東海北陸道は庄川IC~白川郷IC間で、白川郷を避けるように大きく迂回しており、飛騨清見ICから先は未開通となっている。これは、帰雲城が長年付近の地底を掘って移動しまくったため、白川郷付近が地質的に脆弱であるため迂回を余儀なくされたといわれるが、検閲により削除議員らによる干渉もあった模様である。

2008年度中には東海北陸道が全通し、名古屋方面からのアクセスが容易になる予定だが、飛騨清美IC以北には全長10kmを超える長大トンネルのヒダトンネルがあり、クスコ中日本による掘削工事は諸般の事情から遅延している。頭にドリルやのこぎりを2個ずつつけた外国人窃盗団が現場に潜入していた、大出水で工事が遅延しているなどの原因が挙げられる。ヒダトンネルは2007年1月24日に貫通したはずであり、本当はおおみずではなくおおみみずが出ている、開けられない宝箱があり宝物庫とtくぁwsdrf

死亡確認.jpg
死亡確認

ごめんなさい。ごめんなさい。
この時代ではお伝えできない事実が含まれていたため、投稿者は消去しました。