帯広市

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「帯広市」の項目を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「帯広市」の項目を執筆しています。
Wikitravel.png
放浪癖に取り憑かれた人のために、ウィキトラベルのトラベルライター気取りたちが「帯広市」の項目を執筆しています。

帯広市(おびひろし)は、北海道最大の牧場農園であり、小豆の生産やワインの生産が多い。また麻薬であるマルセイバターサンドの製造も行われている。

帯広の保有会社[編集]

帯広を支配している会社は、世界最大手の菓子メーカー、六花亭である。もともと帯広市は北海道が所有していたが、六花亭の誇る麻薬、マルセイバターサンドで帯広市を実効支配している。その他にもストロベリーチョコ等の強力な麻薬で池田町等の支配を目指しているが、池田にはバナナ饅頭があるため苦闘している。

更に近日クランベリー柳月が六花亭の対抗勢力として台頭してきた。それに乗じて中小企業の洋菓子メーカーが六花亭の支配を押しのけて地方を占拠してしまったため、六花亭支配領域の拡大は難しいようだ。

帯広の名物[編集]

もちろんマルセイバターサンドである。小豆なども有名だがその多くは帯広市ではなく音更町産だとされる。だがその事に触れてはならない。

帯広市の地方である川西産の長芋も有名ではあるが、隣町幕別町の毛のない長芋和稔じょに押され気味である。他にも音更からは自己進化、自己再生、自己増殖するDG長芋が極秘裏に開発され市場を脅かしている。

また中島公園という公園があるがこれは中島みゆきの血縁者が作ったものである。

帯広の条例[編集]

六花亭製造以外の菓子類を販売する事は条例で厳しく規制されており、違反すると厳しく罰せられる。六花亭の支配領域が狭まったためにこの条例は削除され、菓子類販売の自由化が始まっている。

どんぶり店では必ず豚丼を扱わなければならない。牛乳は必ずよつ葉牛乳を毎日2リットル飲まなければならず、帯広市民は「モー勘弁」とのコメント。

帯広市民証としてオカモトポイントカードが発行されている。条例で携帯が義務化されており、不携帯の場合は罰則として中島公園で腕立て伏せを100回行わなければならない。

帯広の地質[編集]

近年の帯広市の一部は急速な地盤沈下に見舞われ、特に市内中心部では地盤沈下しなかったのはJR路線だけという悲惨な有様である。決して帯広ステーションビルとJR路線が高架化されたわけではないので注意を要する。むしろステーションビルの不景気さ加減の方がよっぽど市民にとって大問題である。

帯広の乗り物[編集]

日本で唯一認可された公共交通機関として、主に強健なばんえい馬を用いる。ばんえい馬の重量は1トン前後に迫るため重量の点で自動車に劣るものではないが、畏るべき神の采配によりすべての馬は平等に1馬力しか持たないためアンダーパワーが懸念されている。ただし、正直なところパワーだけなら自動車に余裕で勝てる気がしないわけでもなく、むしろ自動車のカタログ上のスペックに欺瞞があるのではないかという声も聞かれている。ばんえい馬はJRAの名産物「種なし漬け物石」の運搬を担当したこともある。

関連項目[編集]