市街安全保障局

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
この記事は右に寄り過ぎています。
ここが真ん中です。
Stop crap.png クソ記事に注意!!
この記事はクソです。筆者自身がそれを認めます。

市街安全保障局 (しがいあんぜんほしょうきょく。以下、安保局と呼称) とは、福岡博多における治安組織又は組織に属する特殊部隊の総称。 詳細は、六道神士の『エクセル・サーガ』(少年画報社)にある。以下の偏狂な記事とは何ら関係がないことを後に知ることになるだろう。

概要[編集]

在日朝鮮人中国人の犯罪が多発する中、福岡市民を保護する為に設立され犯罪に対し攻勢の組織である。つまり、犯罪が発生する前に、犯人および犯罪組織を逮捕、殲滅する事が許される。以前は警備任務が殆どであったが、現在は、特殊部隊の様相を呈している。

Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

任務[編集]

市街安全保障局(以下「安保局」と略称)の任務は、犯罪目的で福岡に来た野蛮な外国人(つまりチャ○コロやバカ○ョン)を取り締まる事を主任務とするが、殆どの場合、犯人もしくは犯罪組織との銃撃戦により、犯人および犯罪組織を殲滅(掃除、若しくは料理、と呼称)する事が殆どである。

  1. 犯罪の防止
  2. 犯罪の抑止
  3. 犯罪の摘発
  4. 犯罪の排除
Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

歴史[編集]

安保局の歴史は意外に古く、飛鳥時代まで遡る。その頃、博多は、新羅の海賊が出没し、住民が虐殺される事件が多発。朝廷は博多に防人を配備した。この防人が、後の安保局である。朝鮮は三国、百済、新羅、高句麗に分かれ、その一国、百済と日本は友好関係が在った。しかし、朝鮮の内戦で、百済が敗退。博多は直接的な侵攻の対象になりつつあった。朝廷は、博多に前線基地を設営、このことが後に博多、あ、今は福岡か・・・畜生!。の九州一の都市に成長する要因であったことは言うまでもない。朝鮮との小競り合いが数回行われたが、いずれも防人が勝利を収めた。

その後、対外的平和が約200年続いたが支那の属国になった朝鮮が20万の兵力で壱岐、対馬、北九州沿岸、下関などを根こそぎ破壊。住民を虐殺した、後に伝わる弘安戦争である。この戦争が原因で博多では朝鮮人が今だ嫌悪の対象として住民の心にある。(もちろん、朝鮮人にやさしい博多の人間もいる)

Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

戦歴[編集]

古代[編集]

  • 715年
博多湾に侵入した新羅の海賊と戦闘。人的被害、防人23人死亡、海賊224人成敗。住民110人死傷。
  • 770年
博多湾に新羅の海賊が侵入。人的被害、防人80人死亡、海賊587人成敗(壊滅)。住民死傷なし(海戦のため)。

中世[編集]

  • 1480年
六月、北九州地方に朝鮮の大部隊が侵略を開始。弘安戦争始まる。朝鮮住民約2000人虐殺。
九州武士団、ゲリラ戦展開。戦果を上げるも数的不利は否めず。
九月、本州から武士団5万人増派。さらに、瀬戸内の水軍衆2万5千人加勢。朝鮮住民約1300人虐殺。
九月十五日遠賀川の戦い、日本武士団勝利。豊前開放。
同日、関門海戦。水軍衆勝利、下関開放。
十月二十五日、多々良川の戦い、日本武士団の被害甚大なるも辛うじて勝利を収める。
  • 1481年
以後掃討戦へ移行。
  • 1486年
朝鮮軍を殲滅成功。手厚く葬られる。
Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)