巻き爪

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「巻き爪」の項目を執筆しています。

巻き爪(まきづめ)とは、を美しく見せるためのネイルアートの一種。マニキュアペディキュアのように手軽に行うことはできないが、爪を美しく飾り立てる代表的な手法として広く認知されている。

概要[編集]

異性を見る時のポイントの一つとして、のきれいさが挙げられることがある。人間がいかに手先に関心を寄せ、重要視しているかを端的に示す証拠と言えるであろう。特に指の先端にあたる爪は、最も他者に見られる部分である。それを証明するかのように、古来より人はネイルケアを欠かさなかった。日本にもそうした文化はあり、爪紅などと呼ばれていたのである。

現在ではネイルアートも多様化し、単に色を塗るだけのマニキュア以外に付け爪やネイルピアスなどがあるが、その中でも巻き爪は最も爪を美しく見せる手段と言われる。しかし、それだけに巻き爪を施すには相当な時間がかかる。最低でも五年は爪を伸ばし続けなければならないのである。当然、その間の生活は、飲食や着替えをするにも相当な苦労を伴う。仕事をすることもできなければ、料理もその後始末すらも自分ではできない。また、爪は人体の中で比較的硬い部位であるが、伸びた先端部は脆く割れやすい。割れた爪が美しいわけがないので、きれいに伸ばし続けようと思うなら、細心の注意を払いながら常に爪中心の生活を送らねばならないだろう。

このようにして爪が割れないようにだけ注意していれば、やがて爪は自然とカーブし始める。巻くためには何もしなくてよいのが、巻き爪の最大の特徴であり、せめてもの救いである。

ギネス記録[編集]

27年も伸ばすと、こんなに美しい巻き爪が。

右は2007年のギネスブックに掲載された女性の写真である。彼女は、最も美しい爪の持ち主としてギネスに認定された。見ての通り大変美しく、色香すら漂わせているかのように優美な曲線を描いた巻き爪である。十本の爪を全部合わせて7メートル51センチ、すなわち約4.81hydeである。これほどの見事な爪を手に入れまた最高の状態に保つために、「汚れたときは歯ブラシで掃除し、常にマニキュアをしている」のだという。さらに、「温めたオリーブオイルとネイル・ハードナー(爪を硬化する薬)を毎日塗っている」とも彼女は語っている。人間の美への執着のすさまじさが垣間見える偉大な記録だと言えるだろう。

関連項目[編集]

この項目「巻き爪」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)