巨人の大爆笑

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

巨人の大爆笑(きょじんのだいばくしょう)とは、読売ジャイアンツが制作したCMおよびプロパガンダ動画である。東京ドームの巨人戦で、たびたび流れている。

概要[編集]

2001年、巨人は優勝を逃した。「このままでは我が巨人軍の人気が落ちてしまう」と危機感を覚え巨人軍幹部は「CMでも流して、人気を維持しよう」と考えた。そして同年12月に制作が始まり、翌年2月に完成した。4月のペナントレース開幕と同時に公開された。

動画の主な内容[編集]

この動画にはプロパガンダ要素も強く、冒頭でジャビットを踏みつぶしたり、を叩きのめしたり、を一呑みし、を撃墜し、浜辺の星を粉砕し、異世界で獅子を秒殺するという過激なシーンが描かれている。その後、ドリフ大爆笑のオープニングテーマ(元はと言えば隣組の曲)の替え歌に合わせ、巨人軍関係者が一同に集結し、踊る。

また、当時人気だったゴジ辰徳監督真澄をトップダンサーにし、続いて清原和博元木大介が登場し、その後茂雄ナベツネ江川中畑が登場し、「週刊御意見番」でおなじみの大沢啓二(友情出演)[1]張本勲も登場。最後は当時の主力選手が一斉に登場し、大団円を迎える。

その後[編集]

公開された同年、巨人は見事日本一となったが、ナベツネ主導のもと金満買収を頻繁に行ったせいか、人気は下がり、今日のような不人気球団となってしまった。

また5年ぶりのリーグ優勝を果たした2007年に、リメイクされるという噂が持ち上がったが、クライマックスシリーズで敗れたためか、結局物別れになった。しかし、13ゲーム差からの逆転でリーグ連覇&日本シリーズ進出を果たした2008年も再びリメイクされる噂が出ている。

外部リンク[編集]

  1. ^ 選手・コーチとして巨人に在籍したことがない。