川越駅

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

川越駅(かわごええき)は、古い伝承にある江戸の後継都市を自称している川越市の代表駅である。この項目では便宜上、本川越駅(ほんかわごええき)と川越市駅(かわごえしえき)、西川越駅についても記す。

駅の経緯[編集]

川越市東京を中心とする関東圏に憧れと僻みを強く感じている埼玉県の中では珍しく、東京という都市ができる前の関東に存在した伝説の都市こと「江戸」の伝統を承継している、と自称していることもあって、やたら東京に対してツンデレ傾向を示すとともに、自尊心が強いことで有名である。

そのため東京から西へ向かって中央本線、北へ向かって高崎線東北本線という鉄道ができると、「何で小江戸である自分のところに鉄道がないんだ」と中央政府のある東京に対して抗議をしたが、見事にスルーされたため、川越は「自前で鉄道を引いてやろうじゃないか」と奮起した。

まず国分寺から本川越に線路をひかせ、貨物運用をさせた。なお、運んでいたものはお察し下さい。その後、日本軍の協力のもと、高崎線東北本線の駅がある大宮に向けて西武大宮線を引いた。しかし鉄道の素人が引いたため、電車はジェットコースターにも負けず劣らずのアトラクションとして盛況した。

続いて川越では、東京へ直行でいける鉄道がないのはおかしいと考え、東上鉄道という会社を誘致した上で現在の東武東上本線を敷設させた。しかし発着駅が東京の外れの池袋であったため不満も残った。そのため後には国分寺と川越(後の本川越)を結ぶ川越鉄道転じた西武鉄道にも圧力をかけ、高田馬場新宿に直通する現在の新宿線を開通させている。

しかし国鉄川越線は非電化の上本数も少なく、また東武東上本線は田舎くさいムードが漂っており、おまけに西武新宿線も遠回りしていて所要時間がかかることから、川越は満足しなかった。少なくとも「小江戸」を名乗るからには、華やいだ列車が欲しかった。

川越市はそのため、すでに池袋線で秩父市へ向かう優等列車「ちちぶ」を走らせていた西武鉄道に対して、「川越も観光都市なんだから、東京からの優等列車があってもいいんじゃない?」と圧力工作請願をし、新宿線に優等列車「小江戸」を設定させることに成功した。しかしゴリ押しで設定させたことから、利用客はあまり多くないまま今日にいたっている。

さらに埼京線の開業が明らかとなった際には、川越線も電化して東京直通電車をと、これ以上無用ではないかと思えるような工作を仕掛けた。実際、開業後も大宮を回る埼京・川越線ルートで東京へ向かう人間は少ないが、東京西部の駅のJR案内で常に「川越」の表示を見るようになったため、今日ではこれは宣伝効果を狙ったのではとする解釈が主流化している。しかしおかげで新宿駅から川越に行く際、誤って埼京・川越線に乗ってしまう人もあとを絶たない。

各駅の概要[編集]

冒頭で記したように、川越市にある代表駅は川越駅のほか、本川越駅、川越市駅、そして西川越駅と合わせて4つある。以下ではその4駅の個々状況について記す。

川越駅[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「川越駅」の項目を執筆しています。

東武鉄道JR東日本が乗り入れるため、事実上街の中心となっているのが川越駅である。元々は川越西町という野暮な名称だったのだが、国鉄が県内のゴロツキどもを川越少年刑務所にぶちこむための輸送列車として川越線を無理やり西町駅に接続させたうえ、国家権力で西武を屈服させたため、市名をそのままつけた川越駅となることができた。

とはいえ上で書いたように、東武は長らく東京周辺の私鉄の中では「ミニ国鉄」と揶揄されるほど田舎臭いイメージを有しており、おまけに旧態依然としていた国鉄の駅がそれと一緒になっていたのだから、代表駅とはいえないほど煤けていた。特に西口に至っては、駅前にかつては刑務所があり、川越の裏の姿をも代表した存在となっていた。

イメージが変わったのは、東武が営団有楽町線と直通するようになり、川越線が埼京線に直通するようになってからである。現在では副都心線にも直通するようになったため、重要度はいっそう増している。そのために、ぼったくりライナーも止まっている。

そんなこんなで埼京線でも渋谷新木場(りんかい線直通)へ行け、東武も新木場(有楽町線)・渋谷(副都心線)に行けるというチョイスが可能である。

2012年には東横航空神奈川政府に申請が認可され元町・中華街への直行便も就航。しかしこの締結も実は東京都へ対抗するため国家権力の圧力がかかっており、自国である川越方面からの利用客に座席シートを優先的に与えて渋谷からの利用客には利用状況によりたまたま空席となったエコノミークラスのみを解放。残りの利用客は機内に立たせたままフライトを行うことで東京都に対して恐怖を与え、自国の権力を誇示し続けている。

本川越駅[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「本川越駅」の項目を執筆しています。

川越で開業が一番早かったのはこの駅で、当初はこっちが川越駅であったが、国家権力に屈して現在の名称となった。そのため川越駅と本川越駅の統合計画が持ち上がった際も、名を奪われた西武が突っぱねたという経緯を残している。

遠回りをしているとはいえ、一時は唯一新宿へ通ずる路線の発着駅であったこと、「小江戸」という優等列車が川越で唯一発着していること、おまけに川越駅がかつては上で記したように煤けていたことから、一時は川越の代表駅のような雰囲気も有していたが、有楽町線・埼京線・副都心線の開業で川越駅に重点が移り、次第に影が薄くなりつつある。その証拠に10年前、駅の規模が大幅に縮小された。

川越市駅[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「川越市駅」の項目を執筆しています。

かつての名称は川越町駅で、現在の川越駅が川越西町を名乗っていた時代はこっちのほうが現在の本川越駅、すなわち(旧)川越駅に近かったこともあって、東上線の中心駅であった。

しかし川越駅の興隆に巻き込まれ、こっちも次第に影が薄くなりつつある。とはいえ東京地下鉄の電車はだいたいここで折り返すため、まだ本川越駅より都の方向を向いていて需要はあり、都民の間では名が知られた駅となっている。

松山駅松山市駅の関係のように、川越市駅の方が川越駅よりにぎわってるわけでは決してないので、注意を有する。

しかしながら、最近内装が若干刷新された。

西川越駅[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「西川越駅」の項目を執筆しています。

単線駅。しょぼくれた駅で、駅員がいない。詰まるところ無人駅。しょぼくれすぎてATOSにも見捨てられているので、いまだに時代遅れの放送を使用し、時代遅れのメロディを使っている。しかも、電車が来てもドアが開かない。そのせいで執筆者は電車に乗り損ねたんだ検閲により削除。後から分かったが、ボタンを押して乗車してくださいとのことだった。確かどっかのクソローカル線もそうだったようお察し下さいガソリンスタンドの裏手にあり、モータリゼーションを象徴している。

西大宮駅に妙な親近感を持っている。

また、電車来ないときには乗らない分際のぬこどもがたむろしている。

Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

隣の駅[編集]

普通・準急・通勤急行
新河岸駅 - 川越駅 - 川越市駅 - 霞ヶ関駅
急行
ふじみ野駅 - 川越駅 - 川越市駅 - 霞ヶ関駅
快速急行
志木駅 - 川越駅 - 川越市駅 - 坂戸駅
TJライナー
ふじみ野駅 - 川越駅 - 川越市駅 - 坂戸駅
特急小江戸・快速急行・通勤急行
狭山市駅 - 本川越駅
急行・準急・各駅停車
南大塚駅 - 本川越駅
軽井沢線
全車
南古谷駅 - 川越駅 - 西川越駅 - 的場駅