川﨑宗則

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
川崎宗則から転送)
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「川﨑宗則」の項目を執筆しています。

川﨑 宗則(かわさき むねりん、1981年6月3日 - )は、トロント・ブルージェイズに所属するイチロー教信者。もしくはイチロー愛人

人物[編集]

鹿児島県姶良郡の電気工務店「有限会社川﨑電気工事」経営者の次男坊として生まれる(兄と姉がいる)。もともとは野球の得意な一少年だったが、鹿児島工高時代にイチローの持つ全てに憧れてイチロー教信者となる。当時の鹿児島工高はまだ強豪とまではいかなかったが、彼のイチロー教信者っぷりは野球関係者には有名で「薩摩のイチロー教信者」略して「サツロー」と呼ばれた。

1999年、ドラフト4位で福岡ダイエーホークスに入団。当初は敬愛するイチローと敵対することになるパリーグ球団であることに難色を示すも、より彼に近づけるプロ野球選手という職種の魅力に負けた模様。2002年、敬愛するイチローも獲得したウェスタンリーグの首位打者を獲得。翌年以降の一軍定着のきっかけを掴むが、このときすでに敬愛するイチローは大リーグに舞台を移していた。しかし敬愛するイチローと直接敵対することがなかったので内心安堵したという。

2003年には一軍に定着。2004年に敬愛するイチローが幾度も獲得した最多安打と盗塁王のタイトルを獲得。2004年の契約更改では球団から背番号8への変更を打診されたが、イチロー教信者の彼が「敬愛するイチローの背番号から一歩下がった」52を変更するわけがなかった。

2006年にはWBC日本代表に選出され、ついに敬愛するイチローと同じチームで屈強な男たちが固い肌色の棒を手で握りしめ力強く速く振り、白いものを柵より遠くに飛ばして点を入れるスポーツを行うことになった。決勝戦では敬愛するイチローのライト前ヒットで無理やり二塁から生還、右ひじを痛めながらもベースタッチをこなし「神の右手悪魔の左手」と賞賛される。

2007年12月、敬愛するイチローとの自主トレの際、北京五輪アジア最終予選の対韓国戦で行った初回の一塁ヘッドスライディングに対して「カッコ悪い」と叱責される。ショックを受けた彼は翌日、白装束に十字架を背負って自主トレに登場。敬愛するイチローに許しを乞うた。

2009年3月、第2回WBCの対韓国決勝において、3-3の同点の場面で、敬愛するイチローのために凡退し、最高の舞台を作り上げた。

2011年8月、トークショーの最中に突然婚約を発表。言った本人はハッピーな顔をしていたが、爆心地である王貞治ミュージアムを中心に負の気が渦を巻いた。

怪我[編集]

なんだかんだいって怪我の多い選手である。そのためかどうかは定かでないが2012年は丸刈りでキャンプインしている。あ、2008年の北京五輪の時にも途中から丸刈りにしてたんだっけ。

メジャー[編集]

まあイチローよりも打率は低いやろ・・・

宗軍団総長として[編集]

インターネット上のTwitterにおいて宗軍団を結成している。
活動内容はハッピーを振りまくこと
有名人のリア充自慢に反感を持つネット住民達にとっては格好の餌食のように見受けられるが、
その太陽のようなまばゆさとぐうの音も出ないほどの聖人なつぶやきに誰も噛みつこうとはしない。
主にプロ野球選手を構成員としているが、その勢力は日に日に増大しており、現在ではメジャーリーガー数名も傘下に入っている。

関連[編集]