川島隆太

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「川島隆太」の項目を執筆しています。

川島 隆太(かわしま りゅうた、1959年5月23日 - )とは、千葉県出身の医学者である。

特徴[編集]

数々のゲームに登場した功績が認められてスマブラに登場する教授。

東北大学で人のを調べ、それを世界に見せびらかすことをやっている。

東北大学医学部時代は勉強ばかりをしてそうなイメージを受けるが実際にはラグビー部に所属しており、強烈なタックルを武器に「脳細胞の壊し屋」の異名をとり、数多くの選手をタックルで脳震盪にした。さらに驚くのはバイク乗りでもあり「シナプスライダー」の異名をとり、自宅と大学間をナナハンで通学していたエピソードは有名。

東北大学卒業後はスウェーデンカロリンスカ研究所という脱力系の名称の研究所で研究を行う。ノーベル賞の選考委員会が置かれるほどのエリートの医科大学だが、彼がここで研究員として何をしていたかは不明。

実はニンテンドーDS脳トレ以前にもゲームの監修を行っており、SFC版のスターフォックスに登場するラスボス『アンドルフ』は教授がモデルとなっている。DSの脳トレに使用された教授のポリゴンはこれの使いまわしである。それ故にアンドルフの持つ『偉大な頭脳』も持っているそうだ。ちなみに岩田社長もその『偉大な頭脳』に憧れ、アンドルフのポリゴンを権力で手にしたが『偉大な頭脳』は手に入れられなかったらしい。

脳だけに飽き足らず自らの体をも鍛えている教授。

ちなみに『ちょっと脳を鍛える大人のDSiトレーニング』で脳年齢が最高値の20才になると教授があなたの脳に寄生して頭を乗っ取ります。

子供にはゲームを週末に1時間だけしかさせてないそうである。

功績[編集]

長い歳月をかけて脳の研究を続けた結果、学習療法という素晴らしい治療法を発明した(なお、この治療法の特許を取っているかは今のところ不明)。この治療法が適切かどうか調べるべく研究した結果、以下のことを守ってやれば効果があると判明した。

  1. 毎日あるいは最低でも週7日以上続ける
  2. 150分から200分ほど継続的に読み・書き・計算を反復学習する

教授曰く、それを続ければ脳はたちまち活性化していき、気付けば天才になっているという理論を見つけだした。と言う経験あって教授は「脳を鍛える大人のDSトレーニング」と言うゲームをニンテンドーDSにソフトで出したところ、みごとに売れ行き好調で、もらった売上金はさらなる研究費用としてつぎこむ。そしてさらなる研究をしてその結果をゲームで反映する……それを繰り返しやっていくのである。我々も今後教授の研究を見守ってほしい。

また、ゲーム内でパクチー梅干しが嫌いなことを告白。絶対に言わないで下さいねと言っているがこう言われると必ず言いたくなってしまう。これは人間の高度な脳の仕組みを理解した上での発言で、教授は意外とMっ気があるのかもしれない。

発売したゲーム[編集]

任天堂のこれからを担うのは川島教授といっても過言ではない。
川島隆太教授監修
川島隆太教授監修
川島隆太教授監修
  • 東北大学未来科学技術共同研究センター川島隆太教授監修 脳力トレーナー ポータブル2
川島隆太教授監修
川島隆太教授監修
監修者不明
川島隆太教授監修


ゲームには必ずと言っていいほど彼の名前が入っており、意外と出たがり屋さんな一面もある。学生時代ラグビーやバイクにも乗っていたことから自分の殻から飛び出したいという願望もあるのかもしれない。

売り上げはどれも好調で24億円(約2200万ドル)の印税が入ってきたにも関わらず受け取りを拒否した。その印税は東北大学が受け取ることが決まり、東北大学はウハウハである。

関連項目[編集]