川島町

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

川島町(かわしまちょう、かわしままち)[1]は、荒川上に存在するを町域とする田舎町である。彩の国さいたまの比企郡に属する。

荒川に浮かぶ川島

地理[編集]

川島は川越の北に位置し、入間海峡にかかる落合橋によって川越と接続しているが、川越とは比べ物にならない田舎である。島民の多くは農業に従事しており、島内にはひたすら田園地帯が広がっている。農産物はさいたま市などの都会に出荷されて、彩の国さいたまの食料自給率の向上に貢献している。

近年、西のおっぺ海峡にもようやく橋がかかり、坂戸と接続された。

政治[編集]

現在、川島町は対岸にある都会の川越市[2]と冷戦下にある。

教育[編集]

島内には高校がないため、ほとんどの若者は義務教育を終えると同時に島を出る。

田園戦士かわじマン[編集]

にーこにっこどーが♪
ニコニコ動画中毒患者のために、ニコニコ大百科ではニコ厨たちがお金をかけてまで「田園戦士かわじマン」の項目を執筆してくれています。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「田園戦士かわじマン」の項目を執筆しています。

田園戦士かわじマンとは、都会の侵略から島を守るために設立された自警団である。田舎である川島町の平和を守るために、日々都会人たちと戦っている。目的が田園を守ることであり都市化を否定している点で、田園都市と主張が異なる。

川島三姉妹[編集]

かわじマンと一緒にいるところをしばしば目撃されている三姉妹。よく都会人に誘拐されているので、本当は都会に憧れているのではないかと疑惑が持たれている。他にやる事は無いのかと追求してはならない。

交通[編集]

鉄道[編集]

鉄分は皆無であり、住民は都会の川越駅までバスを利用することを余儀なくされている。「鉄道が無いために田舎なのか、田舎なので鉄道が無いのか」が、町議会で毎回議題となっているが結論は出ていない。

バス[編集]

川島町は、東武バスウエストという、東なのか西なのかよく分からない企業の支配下にある。西武鉄道の本川越駅へ行くのは便利である一方、東武の川越市駅に行くのは非常に不便である。

飛行機[編集]

川島町には、さいたま国際空港がある。この空港は、本田技研工業が建設した。空港建設の真の理由は、トヨタ自動車名古屋共和国に建設した中部国際空港に対抗するためである。

空港建設にあたっては、所沢市と猛烈な誘致合戦が繰り広げられたが、成田空港問題の二の舞を防ぐために、田舎である川島町が建設地に決定した。しかし決定した後になってから、やはり農地を潰して建設するのは田舎らしくないと指摘されたため、島の東岸に建設されることとなった。岸なので滑走路が一本しかない片肺運営を余儀なくされている。

現在は、栃木県への直行国際便が定期運行されている。主に、とちおとめが空輸され、さいたま国民に新鮮なを供給している。

空港への交通は、川越駅から連絡バスを利用する。バスターミナルを下車してから国際線ターミナルまで、徒歩にして20分以上の距離があることからも、この空港の広大さ、偉大さがうかがえると言えよう。

著名地[編集]

平成の森公園
平成時代に出来た公園。日本一長いバラのトンネルがあり、シルバー人材センターの人達のお陰でバラの手入れも行き届いている。平成の「森」と称しているものの、森と呼べるほどの深い樹林エリアは設けられていない。川島町が田舎であるためその必要性がないためである。

自然・環境・歴史[編集]

川島町は田舎なので、見渡せば田んぼであり、夜になるとどこからともなく何時もバイクの音が聞こえてくる。田んぼのど真ん中には家も建っている。ごくまれに出てくる白ヘビは田舎の土地の神様であり、出会えた人は幸運かもしれない。

脚注[編集]

  1. ^ よく「かわじままち」と間違えられるが、誤読である。
  2. ^ 川越が都会かどうかは議論が残るが、川島町と比較すれば都会である事は間違いない

外部リンク[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「川島町」の項目を執筆しています。