川口市

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「川口市」の項目を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「川口市」の項目を執筆しています。
Wikitravel.png
放浪癖に取り憑かれた人のために、ウィキトラベルのトラベルライター気取りたちが「川口市」の項目を執筆しています。

川口市かわろし)は、彩の国さいたま南部の都市。南側を隣国日本首都である東京に接する。全ての川口市民は川口の名前が大好き。というか有名ブランドな名前が好き。とにかく大好き。だから川口よりも正直東京ブランドの名前の方が大好き。けど川口大好き。そんな感じ。

概要[編集]

市名の由来は、さいたま国内において二番目に大きな河川である「ろ川」(Ro river,ろがわ)に面していることによる(尚、この川の日本語名称は荒川である。因みにさいたま国内最大の河川は「い川」(I river,日本語では利根川)。埼玉屈指の都市として有名。ちなみに、川口市民は自分達が住んでる街が大好きなため、兎に角めだつ高層ビルが大好きである。

産業[編集]

川口はもっと自分のことを知ってもらいたいため鉄鉱石の埋蔵量が豊富であること、このため川口市は国内有数の鉱山を有する鉱業都市となっていることを猛烈にPRしている。また「芋の工業」、即ちサツマイモの加工・精製も盛んである。この「芋の工業」による主な生産物としては芋羊羹、芋焼酎、航空機燃料などが挙げられる。

また、ジャーナリズムも盛んで、市内東部に「東スポ入口」と書かれた標識のある交差点があり、近辺に東京スポーツ彩の国さいたま支局があることが分かる。良く新聞で川口アピールが行われているのもこのせいである。

施政[編集]

名前ブランド指向のため、90年代初頭まで東京都に編入してもらい東京ブランドの名前を手に入れる」が施政方針であり、市議会員候補者達が選挙カーの上から本気と書いて「マジ」と読む目で市民に訴えかけていた。それを聞く市民の何割かも真面目な目をして聞いていた。 根拠は「ろ川の向こうにさいたまの飛び地があるし、こちら側にも東京の飛び地があるからもう東京で良いじゃないか」。 当然の事ながら「ざっけんな、一緒にするな」という東京都、特に東京都北区、そして逆の理屈でさいたまに編入されてしまう可能性の大きい足立区を中心にした反対意見により頓挫。 その後、周辺の戸田・蕨・鳩ヶ谷等を中心とした100万人都市を作るという計画により、川口の名前を自ら有名にする施政方針に変更したが、その名も「大川口市」というどこかの悪の組織を思わせるものであり、勝手に浦和市まで編入している(まがりなりにも県庁所在地なのに……)という傍若無人ぶりがその他の市からも反発を呼び、「お前らに編入されるぐらいなら大宮と一緒になった方がマシじゃあ」と浦和市大宮市と合併してしまったためまたもや頓挫。 しょうがないのでまずは少しでも自分を大きくして目立とうと、消えても誰も気付かないであろう鳩ヶ谷市、蕨市との合併計画を建てた。しかし、蕨市が合併する際の交換条件として、名前を新しく武南市にしようと提案したため、大多数の市民の「名前が川口じゃないなら合併の意味なくね?」という意見により計画は中止。・・・結局《蕨市》との合併を諦めて、鳩ヶ谷市と新たに話をして、鳩ヶ谷市と川口市が合併した。

治安[編集]

良い。とっても良い。 未だに時々警察署に迫撃砲が打ち込まれる程度に良い。 また、オートレースの日に表に置いてあった自転車が盗まれたり、路上の看板が破壊される程度に良い。オートレース場への客を一般市民と隔離するためのバスが運行されているぐらいに良い。 ネトウヨとその反対団体が同時にデモをしていると、レースで負けて苛立っている客によって双方何人かが裏通りに連れて行かれて喧嘩両成敗で暴行される程度に良い。 未だに暴走族がいる程度に良い。 とにかくとっても良いです。 ・・・あれ? フォローになってます?

施設[編集]

近年川口では、東京に面している市南部において、高層建築物の建設が盛んに行われている。この高層建築物は川口の西川口を日本から隠す他に、日本の中枢部である東京の動向の把握、ならびにさいたまの経済力の誇示を目的、ついでに遠くからでも目立つようにとしたものであり、さいたま経済の実質的な日本への統合化の進展や国民意識の希薄化といった問題への対処の一環と考えられている。 また、川口市は非常に小学校が多く、56の小学校がある。(芝東小学校は芝中央小学校に統合されてなくなりました。) 中学校はそれ程多く無いが、20以上はある。

マスコット[編集]

東京都との最前線に近いだけあり、汎用人型可変決戦兵器である。市はこのマスコットを盛んにアピールをしている。だが誰も知らない。街を歩いていれば、あちらこちらにマスコットの姿が見える。だが誰も知らない。……遠くで蝉が鳴いている。だが誰も知らない。 正直、駅前の働く喜びという像の方をマスコットだと市民の大半が考えている。 ちなみに戦闘力はかなり高く、鳩ヶ谷市併合の際に「フリー鳩ヶ谷!」と乗り込んだコバトン(埼玉県のマスコットなのに……)を返り討ちにしたほどである。 はっきり言ってゆるキャラなのにゆるくない

川口駅
高層マンション郡に埋もれていて一見するとただのであるが、実はさいたま国軍が対東京用に作った、軍事施設である。 川口駅周辺では湘南新宿ラインの仲間に川口を入れてくれよ!という魑魅魍魎の声がするとかしないとか

関連項目[編集]