素敵やん

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

素敵やん(すてきやん、1956年3月24日 - )は日本のお笑いタレント(休業中)、司会者(休業中)、プロデューサー(休業中)、実業家(休業中)。本名は長谷川 公彦(はせがわ きみひこ)、京都府出身。旧芸名はテレビでは放送できないため、当項目でも伏せることとする。

人物[編集]

80年代の漫才ブームにおいて、松本竜介(後に松本竜助に改名)とコンビを組み、吉本興業を代表する漫才師として一世を風靡した。

90年代から休業までは主にバラエティ番組における司会・進行役として活躍し、オールスター感謝祭開運!なんでも鑑定団クイズ!ヘキサゴン行列のできる法律相談所などの有名番組の司会を数多く手がけ、タモリたけしさんまビッグ3と比肩するほどの存在感を示した。

特にクイズ!ヘキサゴンでは顔の良いバカを3人集めて羞恥心としてアイドルデビューさせ、バカとハサミは使いようという言葉を人々に強く印象付けた。

Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

改名・休業[編集]

2011年8月23日、吉本興業は旧芸名を封印し素敵やんへの改名を行うこと、および表立っての活動の休業を発表した。

理由としてはあくまで法的には問題ないレベルで、かつて右翼団体とトラブルになった際にそれを解消してくれた知り合いがたまたまアレな団体の人だったこと、また 後輩に同じ過ちを繰り返させないためにあくまでも自主的な長期謹慎という形で休業宣言を行った。

これ以降、表向きはすべての活動を休止し、また吉本興業の後輩らが彼に言及する際も新芸名である「素敵やん」を使用している。

復業[編集]

2017年現在、断続的に旧芸名での復業報道が出るが、未だ実現していない。

このことについて、本人は週刊誌や芸能リポーターに対しては「ありえない」「絶対にない」「復帰させるなよ、絶対に復帰させるなよ」などとコメントしている。

吉本興業の所属芸人を始めとした彼に影響を受けた後輩からは復帰を望む声が今も上がっており、出演時に「素敵やん」に関して言及することも多い。また、吉本興業社長も「いつの日か吉本に戻ってきて欲しい」と発言している。

アンサイクロペディアにおける素敵やん[編集]

このように何度削除されても記事が作成されるほどの人気である。

完全に封印されたはずの旧芸名でたびたび記事が作成されるため、2017年現在の時点ですでに10回以上記事の作成・削除が行われている。アンサイクロペディアでも彼の復業・および旧芸名の再変更が望まれていることがわかる。

関連項目[編集]