島津義久

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「島津義久」の項目を執筆しています。

島津 義久(しまづ よしひさ)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将。薩摩の守護大名・戦国大名であり、島津氏の第16代当主。元祖自宅警備員2ちゃんねらーでもある。

人物[編集]

天文2年(1533年)2月9日、第15代当主・島津貴久の嫡男として伊作城に生まれ、幼名は虎寿丸と名づけられた。幼少の頃は大人しい性格だったこと、そして三人の弟がいずれも勇猛で優秀だったことから「愚兄賢弟の生きた見本」という陰口を叩かれていた。しかし祖父の島津忠良が、長男に自信をつけさせるために「義久は三州の総大将たるの材徳自ら備わる」という、誉めているんだかそうでいないんだか分からない褒め言葉を言ってしまったがために、すっかりその気になってしまった。おかげで元服した折には、まだ祖父が存命にもかからわず、同じ「忠良」を名乗っている。

義久のおじいちゃんコンプレックスはそこにとどまらず、正妻まで忠良の娘(つまり実の叔母)を娶っており、その妻がなくなった後の後室までもが忠良の実娘である。エロゲーも真っ青の近親婚だ。最も可愛がっていた末娘も近親婚(いとこ同士)であったが、その結婚の結末については島津忠恒の項目を参照されたい。もっとも、単にお飾り君主かと言われればそうとも言い切れず、あの鬼島津こと弟島津義弘をもって「予、かたじけなくも義久公の舎弟となり」と言わしめているくらいなので、実際は鬼島津を遥かにしのぐ実力なのかもしれない。もっとも、所詮は自宅警備員の内弁慶だ、という可能性もあり、主に山本博文「通称:DQN山本」がこの学説をとっている。

逸話[編集]

自宅の警備には定評があり、彼が居城を警備していたたために、家臣は安心して戦場に赴くことができた。島津家が九州統一寸前まで領土を拡げる事ができたのも、関ヶ原後にも領土を維持できたのも、彼のひきこもり自宅警備に寄るところが大きい。

彼がこもっていた自室には、古今東西の悪人の肖像画が飾られていた。本人曰く「良い事は真似しやすい。悪い事こそ真似しないように気をつけなければいけない」と、反面教師という意味だったらしいが、ひょっとするとドMなだけだったかもしれない(と、山本博文は力説している)。

趣味は2ちゃんねるでの煽り、叩き。天下人になった秀吉に、この上なく挑発的なお手紙を書いたもんだから,大変な事になっちゃった。

弟の義弘やロバート=デ新納などの猛将に異常に好かれていた。やっぱり基本は「受け」なのだろう。

家臣の葬式の中で、自ら出向いたのは川上久朗山田有信の2名だけである。中でも、山田有信については、自らが棺桶を担いだと言われる。とかく、川上久朗とのアーン♥♥ばかりがネタになるけどね。

趣味は和歌であり、和歌を通じて近衛前久細川幽斎と親しくなった。友達が少ない彼の情報ルートはこの二人のみからであったが、前者はアンチ秀吉であり、後者は戦国時代最強の「時代の空気を読む男」であったため、重大な局面において決断を誤らずに済んだ。運命の女神は義久に味方していたのかもしれない。

たまにはアウトドア的なこともやっており、一時期には犬追物にハマった。上井覚兼は「持病の痔病で出席できません」という駄洒落をかましたため(本当)、義久の勘気を被っている。なお、上井の痔の原因が何によるものであったかは、調べてみたけど上井覚兼日記には載ってませんでした。

義久の呪詛[編集]

義久は豊臣軍が迫っていた頃、呪術ができる家臣岩切善信川田義朗江夏友賢の3名に怨敵調伏の呪詛を命じたのであるが、岩切善信は薩摩の原住民族隼人族の末裔で、川田義朗は女人と交わるのを断って魔法を習得、大友宗麟の軍配者角隈石宗にも「アイツ、まじヤベぇよ…!」と身震いながらに言わしめた程の法力を有し、江夏友賢は明国からの帰化人で、あの広大な領土を有する本国でも名を馳せたほどの呪術者と、3名ともが尋常ならざるシャーマンであった。その3名の力はあまりにも強力に過ぎたため、3名の死後すらも呪詛は効力を発揮し続けることとなった。

数多の犠牲者[編集]

まずそれに引っかかったのは肥後の国人らで、肥後国人一揆で肥後国人52名中48名が討ち死に若しくは処刑されたが、その48名は九州征伐の際にあっさりと義久から秀吉に寝返っていた者である。そして生き残った4名のうち小代氏・城氏・名和氏は止む無く秀吉に降伏したものたち、残る相良氏は家臣の深水長智が当主の相良頼房に無断で寝返ったもので、そのために取り潰されず助かったものである(後に深水一族は相良家中で増長したため、深水姓を貰っただけで一族では無い深水氏(元の姓は吉賀江氏)以外は全員粛清され滅亡している。ただし、相良家も幕末まで御家騒動に悩まされ続ける)。

また、秋月種実は九州征伐の際に島津氏を裏切らなかったため幕末まで生き残るが、一方その次男で高橋氏を継いでいた高橋元種は、裏切っていたため後に改易されている。

他には城井鎮房天草五人衆なども島津を裏切ったために家がつぶれ、敵であった大友氏・豊臣氏は当然その類に漏れていない。加藤清正庄内の乱では島津に叛乱した伊集院忠真に味方し、更に関ヶ原の戦いの際には島津領を侵そうとしたため、息子の代ではあるが改易となった。また、家こそつぶれなかったものの、九州征伐で豊臣方であった毛利輝元は関ヶ原の戦い後に大幅に禄を減らし、また裏切者である有馬晴信は後の岡本大八事件で刑死、有馬氏はキリシタンである晴信とは疎遠であった嫡子の直純が家を継いでいる。

ただし、これを回避した家もある。立花宗茂は最高にいい奴っぷりを発揮し、文禄・慶長の役を経て島津義弘島津忠恒父子と仲良くなっていたため(庄内の乱のとき宗茂は、忠恒の苦労を思いやる手紙を送ってたりする)、一度は呪詛の影響で改易されたにも拘らず、島津氏と懇意にしていたことで呪いが解けて元の領地への復帰が叶った。龍造寺氏は、当主の小クマー(政家)を生贄として呪いを当主一人に全て背負わせた。以後は家臣の化け猫が家を継ぎ、主家こそ挿げ替わったものの家中そのものは呪詛の回避に成功している。また、日向の伊東氏は、関ヶ原の戦いの際に島津領を侵したものの、家臣の稲津重政が殆ど独断で行っていた行為のため、重政こそ稲津の乱で滅したが伊東氏は辛くも生き残れた(ただし、九州征伐で豊臣方であったことの呪詛は生きており、その城下である飫肥は、今は日南市の一地区という立場にまで零落している)。

ちなみに徳川氏は、関ヶ原の戦いで義弘が西軍についたのを赦す事で回避していたのだが、子孫の徳川家重宝暦治水事件で禁忌に触れてしまったために、鎮まっていた呪いを目覚めさせてしまい徳川幕府を終焉させてしまったのである・・・あな、おそろしや、おそろしや、障らぬ島津に崇りなし、である。

関連項目[編集]