岩見沢市

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「岩見沢市」の項目を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「岩見沢市」の項目を執筆しています。
Wikitravel.png
放浪癖に取り憑かれた人のために、ウィキトラベルのトラベルライター気取りたちが「岩見沢市」の項目を執筆しています。

岩見沢市(いわみざわし、やみざわし)は、北海道空知支庁管内南部に位置する都市である。

闇沢は「」である。これは地球における鉄道交通の要地であり、闇沢駅を中心として交通網が四通八達する様子を一つの文字に表したのである。また、道内有数の米の産地であることにも由来する。

概要[編集]

明治初期、開拓使が幾春別川のほとりに休泊所を設置したことから、「浴沢(ゆあみさわ)」と呼ばれるようになり、それが後に転訛し「岩見沢(いわみざわ)」になったといわれる。北海道の市町村としては珍しい和名由来の自治体名であるが、アイヌ語由来の珍地名(千歳市の「支笏、しこつ」、石狩市の「発足、はったり」など)と比較すると凡庸であり、かえって周辺都市の谷間に埋没しがちである。

空知支庁管内では最大の人口を有しているが、昭和の中頃まではそうでもなく、産炭地として栄えていた夕張市美唄市芦別市より人口が少なかった時期があり、支庁所在地としての風格は乏しいものであった。北海道内での札幌一極集中が加速する中で、広大な空知管内は札幌・旭川両市の巨大な「引力」に翻弄されており、空中分解が懸念されている。

地理[編集]

巨大エイ・北海道の心臓部に位置していることから、「北海道のどまんなか」であると主張していたが、「北海道のへそ」こと富良野市から苦情がはいったため、「エイへそなど存在するはずがない」などといった詭弁を用いて応戦していた。

札幌市に近い幌向(ほろむい)地区は、いまや完全に札幌のベッドタウンに成り下がっており、岩見沢中心街には見向きもしない。多くの市民が、利便性の高い江別方面に出かけることは無理もない話である。しかしながら、岩見沢市全体としては札幌市の都市圏に組み込まれてはいないことが救いであるが、いずれは求心力の低下によって単なる通過都市に転落するのではないか、といった懸念がもたれている。

歴史[編集]

明治初期、闇沢駅の開設とほぼ同時に入植が始まり、「闇沢村」が設置されたことから、岩見沢の歴史は鉄道の歴史そのものであるといえる。たびたび水害に悩まされ開拓は困難を窮めたが、周辺の炭鉱の開発とともに交通の要衝として発展していった。その後、村の南部が一身上の都合により栗沢村として分離。さらに、村の北部が音楽性の違いにより離脱し、北村となった。

昭和初期には、待望の市制施行を果たすが、よりにもよって夕張市と同日であったことから、抽選で公文書上の施行順を決定することになった。 本来ならば支庁所在地である岩見沢を優先することが妥当である。しかし、当時の夕張は炭鉱によって岩見沢をも凌ぐ繁栄を見せており、「夕張は空知の中心都市」と称しても過言ではなかったのである。結果として、空知支庁筆頭の座は夕張に譲ることになった。

石炭から石油へのエネルギー革命が進展し炭鉱が相次いで閉山したことから、夕張をはじめとする産炭地は凋落の一途を辿ったが、石狩炭田という荒廃地もとい後背地を失った岩見沢もまた衰退の危機に瀕したのである。未曾有の危機を乗り越えるべく、かつての仲間である栗沢町・北村と再び合流し、一つの岩見沢市となったのである。

経済[編集]

石炭生産とその輸送のための鉄道によって発展してきたが、市内の万字炭鉱美流渡炭鉱はおろか空知管内のすべての炭鉱が閉山したため、産業構造の変革が求められたのである。岩見沢はもともと稲作が盛んがあったことから、変革の痛みを乗り越えることが出来たが、空知管内では変革に耐えきれず没落した都市が少なくなかった。

現在では水稲小麦玉ねぎなどが基幹作物となっているが、いかんせん知名度が低いと言わざるを得ない。夕張メロンの名はもはや全国区となっているが、北海道は畑作地域であるというイメージが先行しており、空知地方が稲作地域であることはあまり知られていない。

しかし、経済活動を活性化するためITビジネス特区に認定されたことにより、交通網のみならず電網の主軸となり、「情報交差点・電脳都市いわみざわ」としての躍進が約束された。と思ったら、IT企業のデータセンターの設置先は石狩市に決定。ねえ、ウチってITビジネス特区じゃないの?なのに何で石狩なの?

交通[編集]

官営幌内鉄道により小樽幌内炭鉱を結ぶ道内最古の鉄道(後の手宮線函館本線幌内線)が開業。当時の岩見沢村には幌向駅のみ設置され、現在の岩見沢駅フラグが立ててある時だけ停車するフラグステーション(仮停車場)として設置されたに過ぎなかった。

官営幌内鉄道の路線が北海道炭礦鉄道に譲渡されると、歌志内方面に至る路線(後の函館本線歌志内線)や、室蘭方面に至る路線(現在の室蘭本線)が開通し、岩見沢は鉄道のまちとして発展、さらに万字炭鉱を結ぶ万字線の開通や、道内最大の操車場が整備されたことにより、交通都市としての地位は不動のものとなったかにみえた。炭鉱業が斜陽を迎えると苫小牧方面の旅客が千歳線に流れるようになり、万字線幌内線が相次いで廃止されるなど、不遇が続いていたのである。

さらに追い打ちをかけたのは三代目岩見沢駅舎の焼失であった。昭和初期に建築された三代目岩見沢駅は道内最古級の駅舎であったが、漏電による火災で灰燼に帰すことになった。その後、巨額の復興資金が舞い込み、豪華な新駅舎の建設計画がなされたことから「焼け太り」であると批判されてしまい、鉄分不足に陥る市民が後を絶たないにもかかわらず、駅舎の新築まで数年の歳月を要したのである。

また、二度ある事は三度あると言うように今度は自然現象にまで不遇な扱いを受け、2011~2012年度にかけて史上稀に見る異常豪雪に2年連続で襲われると、凋落してるけど交通都市である故に岩見沢市だけでなく広範囲に渡って交通の乱れを引き起こした。これだけなら単なる不幸話で済むのだが、それが江別区民を主体とした鉄道教JR派信者の怒りを買い、同信者以外にもこれに便乗する北海道民が多く現れ、苛烈なネガティブキャンペーンに日々曝される事となった。これに耐えかねて岩見沢市から逃亡した住民は数知れず、人口を急速に減少させるほどに至る。なお、逃亡した住民の多くはこの件に再び関わる事を恐れ、この件に対して無視を決め込んでいる鉄道教地下鉄派信者の元に身を寄せた者が多いという。

関連項目[編集]


この項目「岩見沢市」は、執筆者が開拓民だった可能性もありますが、未だ不毛の原野です。緑の沃野にして下さる入植者を求めています。 (Portal:スタブ)