岩舟町

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「岩舟町」の項目を執筆しています。
Wikitravel.png
放浪癖に取り憑かれた人のために、ウィキトラベルのトラベルライター気取りたちが「岩舟町」の項目を執筆しています。

岩舟町(いわふねまち)とは、栃木県下都賀郡に属する裏切り者である。

概要[編集]

岩舟町は岩舟村小野寺村、そして静和村を合併した岩舟村が町制施行したもの。

しかし、合併を巡り裏切りを続けた為に周辺の市町村などから恨みを買っており、ウィキペディアでも地理の概要は「足尾山地の最南端・岩船山周辺に広がる町」としか掲載されていない。

事実、岩舟町は栃木県内で野木町に次ぐ小ささで、山と田園ばかりの中にわずかに東北自動車道が通るもののインターチェンジはなく、岩舟を通る人の大部分のほとんどは元県庁所在地方面からベットタウン衰退著しい市方面へ通勤へ行く人、もしくはその逆であって、ほぼ素通りである。

岩舟町唯一の有名な場所・岩船山

岩舟町には「岩船山」という石の採掘場があり、唯一にして最大の有名の地である。

合併を巡る裏切り[編集]

みかも市[編集]

2003年に太平町藤岡町と合併協議を始める。

しかし、翌04年に新市名が「みかも市」というDQNネームであることが発覚すると、ドン引きしたのか反対しついに合併はなかったことにされた。両町に大きな恨みを買った。

栃木市[編集]

07年にあの太平町藤岡町も検討する栃木市都賀町西方町との合併を検討し始める。

しかし、08年に「だって事実栃木市に行く人より佐野市とか旧葛生町に行く人の方が多くね?」と思い住民投票を実施すると、佐野市との合併を取る方が多かった為なかったことにされ町長は辞任。

佐野市[編集]

栃木市を裏切り、新町長の元佐野市との合併協議を裏切って2ヵ月で協議を始めるが、年内に休止され翌年には町長をリコール。新町長のもとで再開された。

再開から1ヵ月で西方町以外が栃木市と合併。新議会で「岩舟(栃木)との合併協議会設置」が栃木市では可決、岩舟では否決され物別れに。

浮気[編集]

そして11年に佐野市という妻を持ちながら栃木市という合併協議会の二股を行い、8月にもう一回住民投票をやったら今度は栃木市派が多く、またまたまた裏切ることに。

栃木市(3年ぶり2度目)[編集]

また裏切るかと思いきやあっさり合併を調印。14年4月に栃木市と合併されることが決まり、無事に2014年4月、合併された。

他の市町との交通[編集]

岩舟町に入るには入国申請国道50号、あるいはその旧道を使うことしか知られていない。詳しいことは頭の固い方にでも聞いていただきたい。

鉄道ではJR両毛線東武日光線が走る。近くの旧葛生町で終点の東武佐野線が止まらないのは、東武が佐野との合併を支持していたためである。反対ににJRは栃木との合併を支持していた。

尚、日光に行きたいのにJR、足利・群馬に行きたいのに東武を使うと、真逆に連れて行かれるので要注意である。

地味に東北自動車道北関東自動車道岩舟ジャンクションが通っていることは誰も気にしない

関連項目[編集]