岩城貞隆

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

岩城 貞隆(いわき さだたか)は、戦国時代に現在の福島県勿来以北(浜通り南部)を統治した戦国武将。佐竹義重の三男で、兄に佐竹義宣蘆名義広がいる。

関ヶ原当時の岩城家の当主。親父の政治の道具として使われ、関ヶ原では兄貴に振り回され、挙句は所領を没収されて放浪生活を送る羽目になるなど、迷惑な家族のせいで踏んだり蹴ったりな目にあいながらも、大名に返り咲き、息子が佐竹本家の正式な後継ぎになると言うどんでん返しを成就した。

岩城氏の養子へ[編集]

赤ん坊の頃、能面みたいな面をしていたので、兄の義宣に「能化丸」と命名され、からかわれていた。当時の佐竹氏(本拠地:水戸)は、破竹の勢いで台頭し、奥羽を蚕食してゆく伊達政宗(本拠地:岩出山)に脅かされており、義重は形勢を逆転させる為、近隣の大名、豪族の家に息子達を強引に養子に送り込むことで事実上、自分の勢力圏に組み込もうと画策した。反撥する家臣達は忍びの者を使って粛清され、佐竹の家臣を送り込んで家中を強引に従わせて家を乗っ取った。貞隆の岩城氏への養子縁組も、戦略の一環であった。

貞隆の上の兄義広は、蘆名氏に養子に入ったが、他家からの養子を受容するか否かで家中は紛糾し、紛糾に付け込んで奇襲して来た政宗に惨敗し、義広はほうほうのていで常陸へ遁走した。親父の強引な戦略のせいで、とんだ災難に会ってしまった。

貞隆は、兄義広ほどの災難には会わなかったが、入嗣を快く思わない岩城氏(本拠地:飯野平)の古参の家臣や、政宗が送り込んだ刺客に度々命を狙われ、気の休まらない日々を過ごした。後継ぎのいなかった蘆名氏と違い、岩城氏には岩城政隆という純然たる後継ぎがいたのだが、義重は豊臣秀吉のお墨付きを取り付けて貞隆を強引に後継ぎに据え、純然たる後取りであった政隆を追放して貞隆に岩城氏を継がせた。その為、岩城の家臣達の反撥もひとしお強く、義重が貞隆に随行させた佐竹の家臣らとの間で恒常的に内ゲバが勃発した。

貞隆の父義重は武勇に長じ、「鬼義重」と呼ばれたが、この「鬼」には、「強引に養子に据えて修羅場となった御家に送り込む、息子を息子とも思わぬ、人の親にあるまじき鬼の所業をする男」というニュアンスも込められていたことは、想像に難くない。

尚、貞隆が家中の統率に苦心している頃、兄貴の義宣は、権力者秀吉への御追従にひたすら励行していた。

側杖を食らって改易される[編集]

だが、佐竹義宣はあまりに追従して、秀吉政権と癒着しすぎてしまった。秀吉の死後、江戸徳川家康が天下を取るべく重い腰を上げると、義宣は水戸という、家康の本拠地江戸と目と鼻の先に所領を持ちながら、石田三成と親睦を深めていたために、福島正則らに襲撃された三成を助けたり、関ヶ原合戦の時も家康に色良い返事を送っておきながら事実上日和見をした。親父の義重は家康への加勢を主張しており、去就を巡って義重と義宣は親子喧嘩を起こした。そして親子喧嘩している最中に、関ヶ原合戦はあっという間に終結してしまった。

貞隆は、兄義宣と違い、三成や豊臣政権と緊密な関係にはなかったので、趨勢を見計らい、家康に加勢しようとしていた。ところが兄の義宣に強引に引き止められ、一緒に日和見をさせられた。義宣は、貞隆と、隣国の相馬義胤(本拠地:中村)を説得し、「一人で日和見するのも気まずいから一緒に傍観して欲しい」と説得して傍観させたらしい。これが災いして、貞隆と義胤は佐竹本家のとばっちりを受け、家康に処罰されてしまう。しかも佐竹本家は大幅に所領を減らされ、出羽の山奥に押し込められたものの存続を許されたのだが、岩城家と相馬家は全ての所領を没収するという酷い措置であった。

思えば幼い頃から、貞隆は兄の数倍苦労していた。それもこれも、全ては佐竹の御家の為であった。しかし、兄の義宣はそんな貞隆の苦衷を屁とも思わず翻弄するだけ翻弄し、ついに貞隆は改易されてしまった。もうこんなボンクラ兄貴の下でやってられるか、憤激した貞隆は義宣と絶縁し、江戸に昇って御家復興運動を行うようになる。

復活劇[編集]

貞隆は毎日飯野八幡宮に参詣し、御家復興を願う願文を奉納していた。また、家康の側近達に何度も何度も御家の復興を懇願し、大いに迷惑がらせた。弟の後先顧みない矯激な復興運動に肩身が狭くなった義宣は、自分の沽券にも関わるからやめてくれと哀願したが、既に兄と絶縁した貞隆は、そんな兄の哀訴を馬耳東風に聞き流し、復興運動に励んだ。

貞隆のしつこさと熱意のこもった粘着活動は奏功した。貞隆は家康の側近、本多正信の家臣として採用され、大坂の陣に従軍して奮戦し、川中島に1万石の領土を与えられ、大名として返り咲いた。貞隆の復興の背景には、徳川政権を影から掌握していた南光坊天海の存在もあったという。

天海は蘆名氏の一族であり、それゆえ、蘆名氏に養子を送り込んだ佐竹家とも深い関係にあり、貞隆を積極的に支援してくれたというのだが、歴史ゲームをやり込んでいる人なら分かる通り、天海は明智光秀明智左馬介ソックパペットであり、蘆名氏、佐竹氏とは全く関係がない。 逆に、天海が貞隆を支援したという事実から、天海が蘆名氏出自であるという説が生まれたと考える方が妥当だろう。

見事大名に返り咲いた貞隆であったが、文字通り必死の復興運動に生命力を全て使い果たしてしまい、翌年38歳の若さで病没した。兄の義宣は見かねて助成金を送っていたようだが、貞隆は「いらん!」と突っぱねており、最後まで兄弟仲は氷解しなかった。気まずく思った義宣は、貞隆の子である義隆を養子として迎え入れ、佐竹家の家督を継承させた。宗家の為に骨髄を砕いて奮励した貞隆の労力を、貞隆に還元させる形の養子縁組であった。

関連項目[編集]

  • 佐竹義宣:関ヶ原当時の佐竹家の当主。
  • 相馬義胤:関ヶ原当時の相馬家の当主。関ヶ原の結果、居城の小高と中村を没収されたが、伊達政宗の温情のおかげで中村を取り復した。
  • いわき市:岩城貞隆の本拠地で、本拠地名は「飯野平」。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「岩城貞隆」の項目を執筆しています。