岩倉市

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「岩倉市」の項目を執筆しています。
Wikitravel.png
放浪癖に取り憑かれた人のために、ウィキトラベルのトラベルライター気取りたちが「岩倉市」の項目を執筆しています。

岩倉市(いわくらし)とは、名古屋共和国にある一番面積の小さい超極小都市である。

データ[編集]

  • 面積 10.49km²
  • 人口 48,056人(2006年11月1日現在)

概要[編集]

この都市はもともとちっぽけな村どもが分裂したり融合したりして1906年5月1日に町になる。1971年12月1日岩倉市となった。

言わずと知れた名地鶏、名古屋コーチンの産地であるが、なぜ岩倉市民は岩倉コーチンと改名しないのか疑問にも思っていない。

観光名所[編集]

  • 岩倉城 - かの織田信長が腹が立つからということで燃やさせられた名城。高さは1階建てで安土城並みの装備だったと言う。
  • 五条川 - かつてごみ・危険物がうじゃうじゃ流れていた川であるが今は旧のび太国製の掃除機できれいになりさくらの名所百選に選ばれているのはよいのだがその川の近辺の住民は酔っ払いどものゲボエェなどが散乱し嫌になっているらしい。正直、サリンが入ったバケツ並みである。
  • 岩間邸 - フリーマーケット「IWA MART」、花火大会、漫談会、アイドルのライブ等様々なイベントが不定期に開催される。インターホンを鳴らすとランダムで水をかけられるアトラクション「アイスコップチャレンジ」が人気。夜はホラースポットとしても有名。

行政[編集]

この都市は箱をいっぱい作るのが大好きで新市庁舎や開発中の駅前のビルも当初鉄筋コンクリートを使う予定だったが、箱なんだからと言う理由でダンボール製に変えたらしい。ただそのおかげで予算を使いまくった。(だが、こんなもん安い、安いと市長は反省はしていない実は再開発は必要だった) しかし再開発に予算を大量につぎ込み、さらに、2010年3月に市内全小中学校にデジタル液晶テレビ32型を全教室に導入したのである、その前に臭すぎるトイレとか直すとこあるでしょうが。 一体、どれだけ金を燃やせば気が済むのか。灰で都市が埋まってしまった。

市の評価[編集]

市民からは結構いいのだがほかの市からは予算がヤヴァイなどと言われているが実際そうであるwww。金持ちの名古屋共和国内でもやっぱりヤヴァイなどと言われている都市№1である。その予算の使い方と計画性の無さは伝説のハコモノ都市YUUBARIもビックリというすばらしい状態である。 市民からも批判が相次ぐ。 岩倉市在住31歳主婦の声「全く、第2次世界大戦から何も変わっていないじゃないの。」 岩倉市在住78歳男性の声「わしらが、子供だったころと、町並みが同じなんじゃよ。昔と変わっておらんな。」

交通[編集]

道路では国道が一本だけしかないのでまさに陸の孤島である。以前は一宮に向かう名鉄一宮線、小牧に向かう岩倉支線と交通の拠点として発展して居たが、1960年頃に、国道41号線がバイパス化する為高架化するか廃止にしろと愛知県に脅され名鉄はやむなく廃止にしてしまった。(尚廃止後小牧市にはにはトラックターミナルが出来た) そのせいで孤立度が80%を超え、まさに独立国状態となっている。

関連項目[編集]