岡谷市

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「岡谷市」の項目を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「岡谷市」の項目を執筆しています。
Wikitravel.png
放浪癖に取り憑かれた人のために、ウィキトラベルのトラベルライター気取りたちが「岡谷市」の項目を執筆しています。

岡谷市(おかやし)は、諏訪湖の西に位置する「ナウ」で「イルフ」な都市である。

概要[編集]

名目上は長野県の中部に位置するが、事実上は筑摩県の諏訪広域連合に属している。同じく諏訪広域連合に属する諏訪市とは悶着が絶えないようである。詳しくは後述する。

岡谷市は人口約5万人の小都市でありながら、かつては「生糸の都」現在では「東洋スイス」と称されるほどの精密機械工業が唯一の取り柄である。富岡製糸場のある富岡市は、岡谷市と同じく人口5万人の小都市であり、岡谷市と白い糸で固く結ばれた関係(つまり姉妹都市)である。

隣の諏訪市も「東洋のスイス」と呼ばれており、周辺の自治体と産業構造や地域イメージが似通っていることから、いかに差別化を図るか苦慮している。そのため「イルフ[1]なる一見謎めいた新語を岡谷市のキャッチフレーズとして採用し、「イルフとは何か」と疑問を抱かせることで岡谷市に興味を持ってもらおうという魂胆である。しかし2014年7月現在、いまだに誰にも相手にされていない。

地理[編集]

諏訪湖に面しており、イルフなうなぎが名物となっている。天竜川の出発点である釜口水門があり、下流の浜松も岡谷と同様にうなぎの養殖が盛んである。

隣の塩尻市との間に塩尻峠があり、分水嶺となっている。あちら側の塩尻に流れた水は裏日本の苦い水となり、こちら側の岡谷に流れた水は表日本の甘い水となるのである。つまりはそういうことである。

中部地方から関東西部にかけての地域は養蚕・製糸・織物業が盛んな地域であり、織都桐生、桑の都八王子、蚕都上田など、多くの都市が名を連ねるが、「生糸の都」を名乗るのは岡谷市のみである。[要出典]

歴史[編集]

かつての岡谷市は「平野村」と呼ばれた寒村であった。中山道が通じていたものの、下諏訪宿と塩尻宿に挟まれ、ただ通過されるだけの小さな村であった。

そんな平野村が歴史の表舞台に立つことになるのは、イルフな時代・明治時代になってからであった。イルフな製糸工場を県内でいち早く機械化し、製糸業の中心地として急速に発展したことで県内一の人口を持つ村となり、佐世保市宇部市と同様に、村から町を経ずに市になることが出来た。

しかしその後、急速に製糸業が衰退したことから、このまま一発屋に終わるかに見えたが、フルイ製糸業からイルフな精密機械工業にうまく転換することが出来たようだ。

諏訪市との対立[編集]

岡谷市は隣の諏訪市と諏訪地域の中心都市の座を巡って激しい争いを続けており、長野市松本市の対立にも似た様相を呈している。

諏訪市の中心部・上諏訪は古くから諏訪地域の中心地であり、旧平野村民は下諏訪町民と同様に上諏訪町民の後塵を拝していた。しかし、平野村が南信地方で初めての市になるまでに急発展を見せたことで、諏訪地域の勢力均衡が崩れ、下克上が達成されたかに見えた。

その後、上諏訪町も負けじと市制施行に向けて邁進、隣の村と合併してようやく「諏訪市」を発足させ、諏訪地域を手中に収めようとするが、岡谷市民や下諏訪町民はその露骨な市名に異議を唱え、「諏訪市」を「上諏訪市」に改めるべきと主張したことで内乱が勃発し、現在に至るまで混乱状態が続いている。

交通[編集]

東京甲府方面からきたJR中央本線がフルイ線とイルフな線に分岐する鉄道交通の要地。旧線は本線から外れ忘れられた町・辰野を経由して飯田線飯田方面に向かう。新線はトンネルを通って塩尻方面に向かう。トンネルを出ればそこは裏日本である。

また、中央自動車道から長野自動車道が分岐する道路交通の中心でもある。岡谷JCTはとんでもなく高いところを走っており、「天空のジャンクション」とも呼ばれる。見晴らしがとても良いので脇見運転による事故が多い。

観光[編集]

イルフ童画館
イルフ」の提唱者である当市出身の画家・武井武雄の作品を集めた極めて斬新な美術館。しばしば「童館」と間違われる。
塩嶺御野立記念祭
塩尻峠にある公園の記念碑の前で整列し一礼するだけの祭り。簡単な祭りのように見えるが、日本の祭祀長に対し最上級の礼を行う格調高い儀式であり、限られた人物しか参列できない。日本一短い祭りとしてギネスブックに登録されそうになったが、「聖なる祭りを卑俗な書物に載せるなどけしからん」という意見が出たため、掲載は見送られた。
鶴峯公園のつつじ
公園につつじを植えるため、埼玉県の安行(現在の川口市)からつつじ三百株を購入したところ、相手方の勘違いで貨車三台分のつつじが送りつけられてしまい、返品できずに大金を支払う羽目になった。その後、貨車三台分のつつじを植えた公園はつつじの名所となったとさ。めでたし、めでたし。

岡谷を舞台とする作品[編集]

うちの女工がこんなに可愛いわけがない
1929年(昭和4年)に少女の友に掲載された岡谷市(当時は諏訪郡平野村)が舞台のライトノベル。当時製糸業が隆盛を誇っていた本市は、数万人の人口のほとんどが10代から20代の女性であり、男性は僅かであった。これにヒントを得て、製糸工場で働く性格も様々な8人の女工と1人の見習い小僧の、過酷な労働の合間の恋愛を描いた。現在の萌え系小説の走りとされているが、当時は少女小説として執筆されたようである。作家が匿名で発表したため、その売上に反して作者について詳細なことはわかっていない。主体性のない主人公が様々な性格の女性に翻弄されていくという展開は、新時代の文学として菊池寛ら新現実主義派に激賞されたという。なお、現在発売されている復刻版の題名は萌えオタ共にアピールするため上記のとおりであるが、発表当時は「女工恋愛譚」であった。

地域[編集]

  • 旧市街 - フルイ地域。旧平野村。
    • 岡谷 - 古代は岡屋という牧場だったらしい。
  • 川岸 - イルフな地域。川岸村が合併した。中央本線のフルイ方が通る。
  • 湊 - イルフな地域。湊村が合併した。
  • 長地 - イルフな地域。長地村が合併したが、東側は下諏訪町に逃げた。

脚注[編集]

  1. ^ イルフ」とは、当市出身の画家・武井武雄が「フルイ」(古い)を逆さに読んで無理矢理「新しい」という意味を持たせた少々強引でイミフ雰囲気を醸し出している造語。

関連項目[編集]


この項目「岡谷市」は、執筆者が職人だった可能性もありますが、このままでは未完です。究極の一品に仕上げて下さる同業者を求めています。 (Portal:スタブ)