岡田あーみん

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「岡田あーみん」の項目を執筆しています。

岡田あーみん(おかだ - 、1965年8月14日 - )は、かつて活動していた漫画家で、日本初の美少女漫画家として知られている。沖縄県出身。

概要[編集]

大阪に移住していた1983年(昭和58年)に「りぼん」でプロデビュー。当時ストーカーと言う言葉がなかった時代にストーカー、それも自分のをストークするという父親を描いた「お父さんは心配症」は現在時代の遙か先を行く漫画として再評価されている。

当時、少年であったジェームズ・キャメロン氏は「こいつら100%伝説」に多大なる影響を受け、後に映画「ターミネーター」を監督する。「ターミネーター」は世界的人気を博し、ターミネーター演じる戸愚呂(弟)は後に州知事に就任。今もなお続編が制作されているが、無断で制作されている為に岡田あーみんへは原作料が一切入らない。

当時の少女漫画としては異例である、際どいネタを描くもののディフェンスに定評のある担当者によって事なきを得ている。

日本初の美少女漫画家[編集]

岡田あーみんは、上述のように時代の先を読んだ作品作りと変態と称した狂気じみた作風で当時のりぼんっ娘に深い感銘を与えたが、もう一つ特筆すべきは美少女漫画の概念がまだ確立していなかった時代に美少女漫画家となったことである。今日、英語では美少女漫画はhentai、すなわち変態が転じた外来語として定着しており、彼女は昭和末期に既にそれに相応しい作品を多数リリースしてきたのである。

しかし、彼女はそれだけではなかった。通常、少女漫画家は作品のイメージと作家の風貌には大きなギャップがある事で知られるが、岡田は全く逆の意味で大きなギャップがあり、その意味でも彼女は日本で初めての美少女漫画家として漫画史にその名を刻む事となった。つまり、一般の少女漫画家は得てしてぴーなのである。

また、知之という弟がいて、彼は常にニヤニヤしている。

引退の謎[編集]

岡田は、1997年(平成9年)に休筆宣言をして以来事実上の引退状態となっているが、休筆に至った経緯については様々な憶測が流れている。その中で最も有力なのは「りぼん」などの少女漫画家の中に美少女漫画家が一人混じる事で生じた様々な軋轢から引退に至ったと言うものである。りぼんの執筆陣は伝統的に女性のみとなっており[1]ぴーな少女漫画家たちが美少女漫画家・岡田を面白く思う訳がなかった。特に検閲により削除との確執には凄まじいものがあり、それから生じた疲れで引退を決意したと言われている。

作品リスト[編集]

  • お父さんは心配症
  • こいつら100%伝説
  • ルナティック雑技団

脚注[編集]

  1. ^ 当時の「りぼん」には男性作家は一人しかいなかった。

関連事項[編集]

金剛番長.jpg この『岡田あーみん』は、漫画に関する項目にしちゃまだ情報が全然足りねぇ
これじゃスジが通らねぇな。
てめぇらの力と根性で、もっと充実した記事に仕上げるんだ。
何!?そこまでの文才が足りねぇだと!!?そんなこと
知ったことかーーー!!! (Portal:スタブ)