岡本太郎

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「岡本太郎」の項目を執筆しています。
にーこにっこどーが♪
ニコニコ動画中毒患者のために、ニコニコ大百科ではニコ厨たちがお金をかけてまで「岡本太郎」の項目を執筆してくれています。
ofjet d' art
ART!

この記事はあえて言うなら芸術です!

岡本太郎(おかもとたろう)とは、生きる日のよろこび、悲しみ。一日一日が新しい彩りをもって息づいていた人。芸術家であり爆発推進家。日本で積極的に絵画・立体作品を制作するかたわら、縄文土器論や沖縄文化論を発表するなど文筆活動も行い、雑誌やテレビなどのメディアに積極的に出演し、芸術爆発論を提唱した。いいかい?なんでもいいから、まずやってみる。それだけなんだよ。

概要[編集]

近代日本における落書きアーティストのパイオニア。名前の長さは些末な問題に過ぎない人の影響を受けいるためか思ったように描くキテレツおじさん(仮)。

経歴[編集]

芸術一家の芸術の星の下に生れる。父は漫画家、母は作家。

母親は非常に自由な芸術家であり、子育ても家事もそっちのけで作品を作っていた。恋愛も自由に行い、父親も住む自分の家に若い男を呼んでは住まわせていた自由な方。父親はそれに対して『好きになってしまったものは仕方がない』と許してしまう心の広い方。

後にパリに渡りピカソに酷く影響を受けて、反ピカソを掲げた。帰国後は作品を多く出展、傷ましき腕リボンを結んだ女等4点を特別出品し、二科賞を受賞。

このような芸術尽くしの人生を送り、メディアにも多く出演し『芸術は爆発だ!!』という言葉で芸術界を爆発させる勢いで活気付けた。多分。

しかしながら、メディアに出ることにより『アートなんて子供にわかる訳もないので、テレビで見る"キテレツおじさん"な印象しかなかった』という風にも言われてしまう。

岡本太郎の世界観とその反響[編集]

岡本太郎の独創的は人と対立する事もしばしばある。その例を幾つか上げよう。

人生[編集]

  • 面白いねぇ、実に。オレの人生は。だって道がないんだ。眼の前にはいつも、なんにもない。ただ前に向かって身心をぶつけて挑む瞬間、瞬間があるだけ。 - 「自分自身を信じてみるだけでいい。きっと、生きる道が見えてくる。」〜ゲーテ
  • 人生の目的は悟ることではありません。生きるんです。人間は動物ですから。 - 「人間…か…」〜ティエリア
  • 人生はキミ自身が決意し、貫くしかないんだよ。 - 「アーァ アーァ ドラえもん なんとかしてよ。」〜野比のび太
  • 人生に命を賭けていないんだ。だから、とかくただの傍観者になってしまう。 - 「勝機がないのは当然だ。おまえの生きた年数と私の生きた年数では大きく開きがある。何かで掛け算でもしないかぎり、埋められる数値ではあるまい。───命をかけろ。或いは、この身に届くかもしれん──。」〜言峰綺礼

芸術[編集]

  • むしろ「成功は失敗のもと」と逆に言いたい。 - 「お前の道を進め、人には勝手なことを言わせておけ。」〜ダンテ
  • 誰のために創るんだろう。考えたことあるか。自分のために?そんなの甘っちょろいよ。植木づくりでもやるんならそれでいいんだ。金のために?だったら創るより早いやり方がいくらでもあるだろう。 - 「この岸辺露伴が金やちやほやされるためにマンガを描いてると思っていたのかァーーーーッ!!」〜岸辺露伴

助言[編集]

  • 自分を実際そうである以上に見たがったり、また見せようとしたり、あるいは逆に、実力以下に感じて卑屈になってみたり、また自己防衛本能から安全なカラの中にはいって身をまもるために、わざと自分を低く見せようとすること、そこから堕落していくんだよ。 - 「そんなことないですよ」〜アムロ
  • いいかい、怖かったら怖いほど、逆にそこに飛び込むんだ。 - 「思わざれば花なり。思えば花ならざりき。ただ、感じるままに俺は飛ぶ!!」〜早乙女アルト
  • 同じことを繰り返すくらいなら、死んでしまえ。 - 「繰り返す、私は何度でも繰り返す。同じ時間を何度も巡り、たったひとつの出口を探る。あなたを、絶望の運命から救い出す道を!」〜暁美ほむら

※岡本太郎を否定する者が多々いるのは事実である。

関連項目[編集]