岡山市

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
曖昧さ回避 この項目では、大都会の岡山市について記述しているばい! 超大都会の岡山市につ・い・て・は「岡山市 (大都会)」をCHECK IT OUT!! はい!!!

岡山市(おかやまし)は、岡山県の県庁所在地(厳密に言うと秋葉区)である。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「岡山市」の項目を執筆しています。
Wikitravel.png
放浪癖に取り憑かれた人のために、ウィキトラベルのトラベルライター気取りたちが「岡山市」の項目を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「岡山市」の項目を執筆しています。
未来の首都である岡山市に足りないものはインターネットである。

概要[編集]

  1. いわずとしれた大都会(自称)である。
  2. 広島市から激しく嫉妬煽りを受ける都市。

地理[編集]

北部は吉備高原、南部は計画的埋立地であり、一級河川の旭川が東西を分裂するようにほぼ中央を流れている。

また、世界で3番目に綺麗な児島湖があることでも有名である。

南部の埋立地は、ちょっと前までは海だったので、そこで収穫される米はほどよく塩が効いており、一部の消費者から絶大な人気を誇っている。

余談ではあるが、岡山県東部にある瀬戸にはピラミッドがあり、これも古代文明の存在を予感させる。

歴史[編集]

岡山市が歴史の表舞台に登場するのは何と言っても桃太郎の出現からである。

第二次大戦から戦後、現代にかけては、のぞみが全列車停車する岡山の中心都市となっている。 なぜだかさくらは止まらない。

行政区[編集]

当初は3区で移行するはずだったが、初めは1つの区民となるはずであった、桜区民と緑区民がどちらに区役所を置くかという「区役所争奪戦争(2007~2008年)」(死傷者 約6万人)が勃発したため、これ以上の死傷者を出さないため(政令指定都市以降が出来ないから)に、この2区は分区された。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「北区 (岡山市)」の項目を執筆しています。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「東区 (岡山市)」の項目を執筆しています。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「南区 (岡山市)」の項目を執筆しています。
中区
岡山はすべてが中心なので中区はないことにしている。が旧メディアコム跡地に区役所らしきものが存在している。
秋葉区
北区になる予定だったが、秋の葉がきれいなスポットが多かったためこうなったと言われているが、中心地の秋葉橋から。イメージカラーは黄色。
桜区
本当は「桜区」の予定だったが、五流都市ダさいたま市民が「桜区と十万石まんじゅうはウチだけのもんだ!」と文句を言ってきたが、それも聞かずに通した。イメージカラーは赤(桃色)。
緑区
ここの区名の大本命だろうと言われていた「西大寺」が、「旧市名だからダメ!」というわかりやすいルールを作ったためボツとなった。結果、イメージする色の緑からできた。イメージカラーは緑。
港区
区内に港が多いためこうなった。イメージカラーは青(空色)。
加賀区
賀陽町と加茂川町が併合して出来た新しい合成地名区。イメージカラーはオレンジ。
玉野区
かつては玉野市だったが、つながりが強かったため、区になった。イメージカラーは紫。

主な地域[編集]

行政区の中にある地域は全て東京に例えれる。

秋葉橋(あきはばし)
秋葉区の中心地の愛称。東京秋葉とは違い、ビジネス街である。東京で言うと新宿である。
灘崎
港区の中心地。岡山合衆国随一のコリアンタウンである。東京で言うと新大久保である。
瀬戸
緑区の地域。ヤンキーの街である。東京で言うと渋谷である。瀬戸物の瀬戸はここが由来である。瀬戸焼が有名な瀬戸市は、かつて尾張瀬戸市と呼ばれていたがこの瀬戸の瀬戸焼の生産が盛んであったから、生産量が負けた日についに瀬戸の名を譲り、ひっそりと岡山に姿を消した。ちなみに瀬戸市とはかつてから仲がよかった。
京橋
中区の地域。花火の街である。東京にはない。世界で初めて花火を打ち上げた地域として知られる。現在はごく普通の小規模な花火大会をするだけだが、かつては地上で打ち上げ花火を爆発させるなど生きのいい花火大会をしていたことで知られる。
西側緑道公園

かつては,町の中心地であった。岡山駅から近いエリアに存在する細長い地域.岡山名物デ○カツ丼を販売する○村・跳ねるほど生きのいい魚が買える岡ビル市場・岡山市立コスモスセントラル図書館などがある.かつては商業の中心を担っていた。

産業[編集]

主な産業は、黍団子作り、ハイテク産業、養蜂、通信教育である。きび団子については猿・犬・雉を惑わしたその味は今も健在である。しかし、地元の市民から最も愛されているのは大手まんぢゅうであることに間違いない。

桃と葡萄作りにも力を入れており、出身が岡山なだけで、地方の田舎者に「桃(葡萄)作ってんの?」と聞かれることにうんざりしている出稼ぎ市民が多いという。

集英社を凌ぐ世界最大の漫画出版元福武書店ベネッセコーポレーションや、アイスクリームから塗料まで幅広く手がけるコングロマリットオハヨーグループの本拠地。世界で唯一おめざで紹介されたチェーン店であるサンマルクカフェ一号店も、世界中のはちみつを集める山田養蜂場の総旗艦店も、世界最高峰の地域一番店である天満屋を擁する日本の小売中心地、岡山表町にある。しかし最近では超巨大ショッピングモールイオンがHAYASHIBARAのロイ君の意向を無視する形で建設されており,町の人々からは岡山の商業の活力が失われてしまうのではないかと危惧されている.

表町といえば忘れてはいけない吉田書店の本部がある。吉田書店は小学館の親会社であり、小学館の経営者は代々吉田書店から送りこまれることが習わしとなっている。これには銀行も口を出せない。 世界中のおもちゃを手頃な価格で提供していた

また、桃太郎ランドは一部に絶大的な人気のあるテーマパークである。

東山と岡山駅を結ぶ交通網には路面電車がある。バスに比べ運賃が安く市民には好評であるが、最近夕方になると運転手がワインを飲んでいるら

薬からチンパンジーまで手がけるバイオ先端企業のHAYASHIBARAはその研究があまりにも飛躍しすぎていたため、某国の諜報機関により倒産させられてしまった。が岡山の地下街の下には秘密の研究所があり下水道の処理場を通じてアクセスすることが出来るといわれている。2011年、駅前の同企業が所有する広大な土地はイオンに1200兆円で売却された。岡山の一等地としてはこれでもかなり少額の取引である。この項目はHAYASHIBARAの天才チンパンジー「ロイ君」が言語訓練のために立てたものです。ロイと研究員とのやり取りに利用する項目なので、関係者以外は書きこまないで下さい。

文化[編集]

なんといっても、日本三名園の一つ後楽園が文化の中心である。

老若男女が楽しめる場として、岡山スカイガーデンがあったが、残念なことに2007年5月6日をもって閉園となった。原因としては、「京山ロープウェイ」という古来からの名前があまりにも広く浸透していたため、岡山スカイガーデンと聞いてもぴんとこなかった市民が多かったことが一番と考えられる。 マイナーな意見ではあるが、近隣する動物園の駐車場の呼子のおばちゃんに客を取られてしまったのが原因だと指摘する経済学者も存在する。 ちなみに現在京山付近で未確認の飛行物体が目撃されており,岡山スカイガーデン跡地にはVTOL型戦闘機の離着陸場ではないかと噂されているが,下には棒がついており,ただの展示物だとも指摘されている.

「お母さん魚がはねようるよ?」「だって岡ビル市場じゃもん」 は西側緑道公園前では必ず聞ける親子の会話である。それだけ岡ビル市場が人気スポットであることを示している。現在は「岡ビール」というそのままのビールも売られていることになっているが、すぐに売れてしまうためその存在は確認されていない。「岡ビルの人がどっかの業者から買ってきてるんじゃないか」(岡ビル隣接する酒屋談)というこの真相について深く追うのは避けるべきである。

最近、駅前商店街では温羅(うら)ソースと呼ばれる。禁断のスパイスが使用されており。岡山警視庁がおとり捜査を始めたようだ。

教育[編集]

一部の教育関係者からは「岡山は教育国だ!」といわれている。第六高等学校の誘致を巡って広島と仁義なき戦いを繰り広げた。そのせいか知らないが、隣県の広島とは現在も疎遠である。

高校入試は中学生にとって人生最大のイベントである。入試の結果により、その後の人生が99%決まってしまうと言っても全く過言ではない。淺日・早産・大暗示・砲戦・一飲み屋といったいわゆる名門「岡山碁校」に入学する場合とその他の私立高校に入学する場合ではその後の人生に大きな影響をもたらす。碁校に入学したものはエリートへの道を約束されており、順風満帆な人生を送る。

方言[編集]

方言は全国的にみても格調高いことで知られている。男女問わず一人称が「わし」、二人称が「おめぇ」である。また、「はよ、しねぇ(早くしなさい)」や「おえん(だめ)」などは全国的にも有名である。先程、静岡市を馬鹿にする発言で「あんごう(あほ)がありましたが」これは会社の会議のときにはしょっちゅう飛び交う高貴な重要語である。語尾は「~~じゃが」や「~~が」となり、「~~じゃけぇ」の広島弁とは若干違うので要注意である。 ついでに書けば同意するときの返事は「じゃ、じゃ」となり若い女性や幼子が使用しているのを見るとかわいいと思うのでこれからの「萌え」の牽引役は岡山弁であると言えるであろう。

じゃ、じゃ。

中四国州 州都に向けて[編集]

2010年には、西隣の倉敷県倉敷市と合併し、人口130万人の「大岡山市(仮)」となる予定である。これにより道州制における中四国州州都の座はぜた絶対確実なものとなる。

しかし、倉敷市との仲は非常に悪く合併の話は暗礁に乗り上げているのが実情である。その理由としては、岡山県に訪れる観光客の多くは後楽園よりも倉敷美観地区に行くことを快く思っていない、上層部の我侭であるとも言われている。また、四国側は中四国州ではなく四国州として独立しようと考えており、瀬戸大橋線の複線化に対する岡山の対応を見て「四国のことを考えない岡山が中四国州とかほざくな」などと意味不明の供述をしており、動機は未だ不明。

関連項目[編集]


この項目「岡山市」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)