稲葉京都

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「岐阜市」の項目を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「岐阜市」の項目を執筆しています。
Wikitravel.png
放浪癖に取り憑かれた人のために、ウィキトラベルのトラベルライター気取りたちが「岐阜市」の項目を執筆しています。
「俺が亡くなってからこんなにしょぼくなってたのか、誰だこんなにしょぼくしたのは!!」
稲葉京都 について、織田信長
「ギフ、ナクナル」
岐阜市 について、濃尾地震
「岐阜が無かったら俺はどこに住めばいいんだね??」
岐阜市 について、大野伴睦
「俺の先祖のお膝元が、こんなヘナチョコになるとは…。子孫のお膝元に来て出直してはどうだね?」
岐阜市 について、安藤信正
「詞を慎みたまえ。君は尾張国王の前にいるのだ。」
岐阜市 について、張富士夫
「お前にも見せてやろう!名古屋の本当の悪夢をな。」
岐阜市 について、ナイトメア

稲葉京都(いなばきょうと)とは、長良共和国(旧岐阜県南部)の首都である。

中京都の近くにあり、かつては岐阜市(ぎふし)と呼ばれていた。又、徳川時代には加納(かのう)と呼ばれていた。

概要[編集]

信長語録や信正語録にあるように、織田信長が安土に転居してから寂しくなってしまった。そして、信長の死後に到来した徳川時代にも、安藤家が磐城平に転居して更に寂しくなってしまった。これらの原因は、名古屋が霞ヶ関の出先機関で巨大化したため。そしてここより名古屋じゃという人材がいっぱい流出することが原因とされているが、実際は名古屋に住みたいからという単純な理由でここから離れている。ドメインは.gif。

平和堂の地盤であり、太平洋岸・琵琶湖岸・日本海岸への流出が多い為、「岐阜は愛知の植民地」「名古屋のおまけ」「彦根のおまけ」「敦賀のおまけ」と揶揄されている。買い物するなら名古屋や京都へ行く、魚市場へ行くなら敦賀へ行く、水上レジャーでは琵琶湖へ行く、海水浴するなら若狭湾へ行く。

平成になってからは、周りの市町村を巧みに惑わせて取り込もうとし、東海道新幹線岐阜羽島駅のある羽島市などと合併しようとしたが、最後に大失態をおこして実質失敗している。織田時代や安藤時代の繁栄を取り戻そうとしているが、自力でなく周辺の市町村の力を無理やり奪おうとする手段のため、失敗している。やはり信長や信正が帰って来るしかないのか・・・。

公共交通機関を嫌っており、路面電車、市営バス、名鉄バスと相次いで公共交通機関が無くなりマイカー利用促進運動を展開した。しかし世間がエコを主張しだすと、市の保身とイメージアップのため公共交通機関充実を名目に環境モデル都市に立候補した他「時代はエコ。公共交通機関の促進を」「岐阜バスを利用することでエコへの意識が高まってくれると嬉しい」と急に態度を覆して岐阜バスの宣伝を始めた過去を持つ。また、2010年には富山市長との対談で「ライトレールを誘致した富山市の施策は参考になる」と何食わぬ顔で富山市を上から目線で評価した岐阜市長の発言に怒りを覚えた人は多い。ちなみに環境モデル都市は1次候補で落とされている。

また駅前に金の銅像を建てる予算はあるのに、柳ヶ瀬のアーケード街を修繕したり、後述の公共交通機関を整備する金は無い。結局はただのご都合主義である。

名物・名所・観光[編集]

名産ってあるの?と感じるぐらい岐阜市の名産は少ない。「岐阜は愛知の植民地」「名古屋のおまけ」「敦賀のおまけ」と揶揄されている事で解る通り、名古屋へ味噌グルメツアーに行ったり、敦賀へ屋台ラーメンを食べに行ったりする者ばかりである。

  • 鵜飼:期間限定かつ、関市犬山市にもあるので一概に名産とは言い切れないため、唯一の宮内庁式部職と言う点を大々的にアピールしている。
  • 路面電車:近年までが街中を闊歩していたが、名古屋共和国の陰謀により自動車を大量投入され走行するスペースが無くなり、終いには線路自体が消された。そもそも路面電車が走っていたこと自体が黒歴史と化している。路面電車オタクは廃止を環境問題にまで絡めて非難しているが、客の乗っていないカラの電車を走らせることは環境に悪いとは思わない点が矛盾で賛同されない。
  • 金津園岐阜駅の南西にある大人の園。
  • 柳ヶ瀬:バブル期以降に名古屋にパルコ、タカシマヤが開業するまでは名古屋人の中にはここまで買い物に来るものもいた。現在東地区は高島屋付近を除いて秘境と化しており、西地区は大人の楽園になっている。
  • 岐阜城金華山とセット。織田信長が楽市・楽座のプレテストをしたりといろいろ歴史は深い。いわき市で言えば、岩城家の居城だった飯野平城。
  • 加納城:藩主安藤家の居城。いわき市で言えば、鳥居忠政や安藤家の居城だった磐城平城。
  • 岐阜シティ・タワー43JRセントラルタワーズのパロディであるが、ユーモアが足りないので閑散としている。
  • 岐阜ファミリーパーク:住宅団地を造成するはずが下流住民の「生活排水で洪水が起きる」という難癖で頓挫、岐阜市の公園面積の拡大に寄与することに。しかし合掌造り家屋やら遊園地やらサッカーコートやら野球場やらテニスコートやら池やらアスレチックやら少年自然の家やら高速道路やら言われるままに詰め込みすぎて、敷地が足りなくなる。

有名人[編集]

関連項目[編集]

琵琶湖若狭湾友好同盟
その他関連都市など
この項目「岐阜市」は、執筆者自身は結構気に入っていますが、どう見てもクソの山です、本当にありがとうございました。ダチョウ倶楽部に訴えられないうちにとっとととりかえることをお勧めします。 (Portal:スタブ)