岐阜大学

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

岐阜大学(ぎふだいがく)は、狭義には岐阜市柳戸にある池である。広義には、その池の周辺に存在する建築群を指す。「岐阜大学の池」という表現がしばしば聞かれるが、子供や外国人にありがちな二重表現であり、正確ではない (鼻血が出血した、Nagaragawa Riverなどと同様)。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「岐阜大学」の項目を執筆しています。


沿革[編集]

岐阜大学の発祥は古く、1300年以上も遡ることができる。長良川で独自の発展をし、織田信長や徳川家康など時の権力者たちの保護を受け、俳聖・松尾芭蕉も「おもしろうて やがてかなしき 岐大かな」という有名な一句を残している。教授の地位にあるものは鵜匠(うしょう)と呼ばれ、広く尊敬を集めた。 明治6年12月、旧岐阜大学における(う)の独占的な地位に対して、をはじめとする水鳥が機会の平等を主張。長良川の地を捨てて独立することになった。それが現在の岐阜大学(しつこいけれど池)である。ちなみに鵜は長良川に残ることを宣言し、鵜匠に付き従って日々研鑽を重ねている。

始祖であった鴨が教育家であったため、教育学部の前身の前身の・・・師範研習学校が起源となっている。どの大学でもありがちなように、非常に複雑な設立、整理統合、名称変更があったが、誰も気にしない。鴨たちは今日も楽しそうに水辺に遊んでいる。

特徴[編集]

鴨によって設立された大学であるため、猟銃弓矢ボーガンなどを装備して入構することは堅く禁止されている。鴨を捕って食おうなどと考えるなどはもっての外である。逆に、鴨にを与えることは禁止されていない。奨励されているかどうかまでは良くわからないが、空気を読んで大人の対応をするべきである。沿革にもある通り、鵜と決別してできた組織であるために、岐阜大学には鵜はいない。

立地としては、非常に良い立地に恵まれており、大学(池)から出るとすぐ田畑が広がる風景を一望できる。最寄駅は、南に徒歩90分程度行ったあたりに、JR東海道本線・高山線岐阜駅、名鉄名古屋本線・各務原線名鉄岐阜駅、西に徒歩90分程度行ったあたりに樽見鉄道糸貫駅がある。南方の岐阜駅・名鉄岐阜駅方へは岐阜バス岐阜大学・岐阜大学病院線及び岐南町線がある。しかしながら、雪が降れば慎重な運転をせざるを得ず、徒歩と変わらないかむしろ遅いスピードになってしまうこともあり、精神力、忍耐力や体力面にも力を注いでいる大学として知られる。

学部[編集]

教育学部[編集]

将来の教育者を教育する学部である。現在の教育者は、過去に教育を受けている。過去の教育者はそのさらに過去の教育者に教育されている。そこで、一番初めの教育者はどうやって教育者になることができたのかを研究している。

地域科学部[編集]

何をしているか漠然としすぎている名称であるが、地域のことを愛する者たちのみに入学が許されている。受験時に「岐阜県は将来首都になる(東京から東濃へ)」と本気で信じて不合格になったものもいる(と噂されている)ため、せめて受験するときくらいは岐阜県の立ち居地を確認してくるべきである。なお、卒業しても鵜匠にはなれない。

医学部[編集]

岐阜大学のエリート。ここだけ別格。後期日程の倍率が極端に高い。 なんでも、宇宙医学なるものを研究しているらしい。この学部のみ、大学内部を流れる新堀川の反対側の岸に存在している。そのため医学部から応用生物科学部まで歩いて行こうものなら約30分かかる。渡し舟があればこんな迂回をしなくてもいいのだが。校舎が建てられたのが比較的新しく、某映画のロケ現場となったこともある。

工学部[編集]

いちばん女子がかわいく見えるのはこの学部しかない!

応用生物科学部[編集]

前身は農学部である。農業は生物を応用する産業であるから、生物応用科学部とするべきだと思う。鴨を愛しているため、カルガモ農法(田んぼの雑草をカルガモに食べさせることで、農薬の使用を減らすとともに、秋にはそのカルガモをお察し下さいことを特徴とする農法)をこだわりを持って推進している。

マスコットキャラクター[編集]

岐阜大学のマスコットキャラクターは5羽の鴨で、それぞれに5つの学部を象徴しているアイテムを手にしている。羽なのにどうやって持っているかはお察し下さい。鴨らしく一列に並んでデザインされているが、もちろん先頭を切っているのは工学部鴨である。大学生協で関連グッズが大好評発売中である。

関連項目[編集]