山野車輪

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
この記事は左に寄り過ぎています。
ここが真ん中です。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「山野車輪」の項目を執筆しています。

山野車輪(やまの しゃりん)とは、考古学者・山野一博士が4000年前の古代メソポタミア遺跡から発掘した、世界最古の石製車輪である。本記事では、山野車輪に刻まれた碑文、通称「山野碑文」についても記載する。

概要[編集]

直径1m、厚さ10㎝程の石製の車輪である。2005年に発掘調査が始まって以来、現在400枚近く出土しており、メソポタミア文明の重要な遺物として世界各地の博物館で展示されている。

特徴として、他の遺跡から出土した車輪に比べ非常に回転数が早く、硬い鉱物と擦り合わせることで短時間で発火すると言う点がある。そのため、普段は柔らかい地面で使用していたようだ。この点から、火打石代わりに使われていたという説もある。

山野碑文[編集]

歴史上における重要な点は、側面に刻まれた楔形文字による碑文(俗に言う山野碑文)に他ならない。ギルガメッシュ叙事詩に次ぐ古さを持つこの火文…もとい碑文は、人類最古の思想書として名高い。

山野碑文には識字率が低いという当時の情勢を反映してか、楔形文字に加えによる解説も付けられており、さながらエジプトの「死者の書」のような華やかな模様を刻み込まれている。当時の彫刻技術は低レベルなものだったので、これ自体の芸術的な価値は非常に低いが、もともと貴族や神官に独占されていた知識大衆に多く広めたという点においては、人類史に残る発明品と言えるだろう。今でいう所の広告のような役目をしていたわけである。

山野碑文の主な内容[編集]

山野は民衆への教育のため、の言葉を記録し、残していた。山野車輪を作るよう命じた王は非常に愛国心が強い君主だったらしく、自らの戦闘を正当化するため、民衆には周囲の都市国家の危険な状況を伝えるために多少オーバーに周囲の状況を教えていたようである。

以下では、碑文の代表的な文章を紹介する。

 ・・・・(以下長いので省略)

このように、ナショナリズムを前面に押し出した碑文が山野車輪からは多く発見され、その上や横などでは、鬼のような姿をした他民族(と思われるへたくそな挿絵)に虐げられる都市国家の民(と思われるへたくそな挿絵)が刻み込まれている。当時の都市国家は国家間紛争が相次いでいたのだろうか、民の総意をただ一つに絞るための共通の敵を作成した模様である。

もし周囲に山野碑文を本気で受け取っている人がいたら[編集]

こういう風に面白がる分は問題ない。

まあ、いくらなんでもそんな人はいないと思うが、万が一億が一、ネタでもなんでもなく山野碑文を座右の銘に置いているような人がいるとしたら、それはヒジョーに深刻な事態である。

確かに古い時代のことを学ぶことは大事だが、それはすでに歴史の荒波にのまれ、消え去ったものであることを忘れてはならない。古いものほど正しいという考えは極論であり、他国との戦闘でヤバい状態に陥っていた国が民をまとめ上げるために作り出したプロパガンダ広告を平成の世になっても人生訓だなんだと祀り上げるのは、時代錯誤も甚だしいと言わざるを得ない。

ありえない話だが、もしそういった人たちに出会ったとしても、「ワハハばっかでー」と一笑に付すのではなく、彼らがこの4000年前の土の中に埋まっていたような前時代の遺物を信仰するに至った理由を考えてみる必要がある。大概、そういうヒトたちは廻りの意見に流されやすい人たちなのである。どうせ数か月すれば山野碑文のことなど忘れ、そんなモンを人生の羅針盤にえらんでしまったことを枕に顔埋めて恥ずかしがるだろう。それでも治らないようであれば、まずは冷静にその人と共に山野碑文を見つめ直し、それがいかに今の世では時代遅れなモノであるかどうかを確認する必要がある。

ま、そんな時代遅れな人間が今の日本にいるとも思えないがな、うん。

関連項目[編集]


日章旗 【拡散希望】この項目「山野車輪」をこのまま放置してしまうと、内容が反日左翼によって韓国北朝鮮中国の都合のいいものに歪曲されてしまう危険性があります。愛国者の皆様の加筆・修正日本特定アジアの魔の手から護りましょう! (Portal:スタブ) 旭日旗