山田洋行

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「山田洋行」の項目を執筆しています。

山田 洋行(やまだ ひろゆき、1969年3月5日 - )は日本の軍需品を専門とする転売業者。東京都港区六本木泉ガーデンタワー居住。趣味はゴルフ映画制作。

概説[編集]

このヤモリのために日本の防衛産業は一個人の為の収益装置と化していた。

外国から個人輸入した軍需品の転売を専門とする。ネットオークションの普及と共に稼業を拡大し、防衛省も彼が転売する製品を落札するほどとなった。

しかし、相場の3倍増しの価格設定、さくらを用いて入札価格を釣上げていたことなどが発覚し、詐欺罪などで複数の落札者が山田に対し訴訟を起こしているが、いずれも棄却されている。山田と親交の深い者たちの圧力が働いていることは想像に難くない。

山田は映画制作も手がけ、1988年トップレス・ファイターという自主制作映画を機に、TOMAHAWK(88年)、その女、凶暴すぎ(89年)、めぐみ(90年)、弾の数だけ抱きしめて(91年)、朝からギンギンする日(92年)等迷作を輩出した。

2002年、防衛庁の要請を受け転売した敵側のネットワークを撹乱するためのウイルスソフトK-Intamaが誤って自衛隊内の端末にインストールされ、機密情報をインターネット上に漏洩させるという事態を引き起こした。このウィルスプログラムは山田ウィルスと命名され、エロゲを媒介して山田オルタナティブという亜種に発展した。山田は日本プリ・キュアへ責任を丸投げ、同時にソフトウェア転売から撤退した。

2007年10月には商品にヤモリをくっつけて「お宅で付いたものだ。返品できない。ヤモリは家を守る縁起のいいものだからぞんざいに扱うとあなたの家が傾く」などと強引な取引をしていたことが報道され、水増しした差額分で巨大なプールを作っていたことが暴露された。このヤモリは2007年11月、東京地検の事情聴取を受け、山田から虫などの餌を受けた見返りに防衛装備品の返品拒否に便宜を図ったことを認め逮捕された。

関連会社に株式会社ワイケイジャパン(ゴルフ場経営)がある。「ワイ・ケイ」は「読めない空気」の頭文字を取ったもの。

転売実績[編集]

山田洋行が改修したE-767
山田は使い捨てのチャフ・フレアディスペンサーを1億8000万円増しで転売に成功した。売った山田も悪どいが、買った方も救いようのない馬鹿である。もう一度言うが、これは使い捨て。

防衛[編集]

  • 早期警戒機E-767 攻撃能力向上改修プログラム
  • LCAC座席専用エアクッション
  • 多用途戦ミサイル
  • 7.62mm多銃身機関銃システム T800
  • 射撃訓練用シミュレーター GHOST SQUAD
  • I,Robot NS-5(ネスター5)
  • Unco-Auto-Vanisherプラットフォーム M80 Toiletto(トイレット)

NBC兵器[編集]

  • 携帯電話型放射性物質
  • 生物捕集器 InsectCapture 650
  • 生物化学兵器 EasyDEATH
  • 専用泡発生装置 EasyHELTH

宇宙・衛星[編集]

  • 国際宇宙ステーション、宇宙ステーション補給機、かぐやなどの部品
だから日本のロケットは落ちる。

エアライン用航空機部品[編集]

  • 軍用航空機用照光スイッチパネル
F-2 (支援戦闘機)の離陸失敗事故との関連が疑われている。

関連[編集]

  • 自衛隊 エンドユーザー。無駄に高額な兵器を浪費しない為に、気合でなんとかしろと日々莫大な労力を強いられている。
  • 防衛省 山田のお得意先。さくらによる落札価格釣り上げにも関わらず入札しまくる。
  • 日本ミライズ 山田と敵対する軍需品転売サークル。捨てアカウントで山田の転売を補佐していた連中が「見返りが少なすぎる」と反発して立ち上げた。コミックマーケットに朝比奈みくるを専門とする日本未来図というサークル名で参加している。
  • 科學技術交易 軍需品の偽造品販売商社。山田や未来図と違い露骨な偽造で荒稼ぎをしていた。アメリカの民間人用暗視装置156個をミルスペック(軍用規格)として航空自衛隊に売りつけた実績を持つ。
  • 美鳩会 山田に高級料理や高級鞄などをたかっていた指定暴力団
  • あなた自衛官でしょ! 防衛省製作の映画。山田をモデルとした配役があるが、ここでも山田は裁かれない。
  • 内田洋行 山田洋行とは名字の一字のみが異なるだけの関係であるが、氏名が氏名だけに混同されることがあり、大変迷惑しているらしい。
  • 内山田洋 山田洋行に内田洋行を加えると3者の混乱に拍車がかかる。クール・ファイブのリーダーだが、一番有名なのはリーダーではなく前川清。そしてクール・「ファイブ」言いながら実は6人組


申し訳ありませんが、この出品者「山田洋行」の商品は、まだ希望落札価格に達していません。これを上回る金額で再度入札して下さい。 (Portal:スタブ)