山田悠介

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「山田悠介」の項目を執筆しています。

ここから後の以降の文章は、様々な文章のところに色々と間違いが散見されています。また、そのような日本語の言葉は、決して正しく使われるべき形式の形ではないということをご理解下さい。これらのようなことをご了承いただいた後の上でご覧になることを、強く!深く!熱く!お勧めいたします。

山田 悠介 (やまだ ゆうすけ、1981年6月8日 - )とは国語という日本語を専門とする言語学研究家である。今使われている現代の国語の綴りや文法に対しておかしいと意見を呈したりして、その方法が小説の形であり人気を得た。平成軽薄体の伝道者。

感感俺俺・リアルリアリティで新しい表現に手を伸ばしながらも急逝して死んでしまった故竹林明秀氏の跡を継ぐ後継者としてYoshiと共に名高い。存在がミステリーと言われている。

作風等[編集]

それまであった今までの従来の既存の日本の日本語には無い斬新で壊滅的に新しい言葉遣いを使うことで、それを小説という分かり易い平易なものにする事で普通の一般大衆にも日本の国語の、教育等に関心を惹き付けることに成功した。専門家学者や大学教員や教育者や教師といった知識人やインテリなど、ごく一部の限られた専門の一握りのスペシャリストしか現代の国語には関心を抱いたりしなかったが、最近では彼が書いた著作に薫陶され、「俺でも書ける」との志の元ケータイ小説という新しい分野でも著書の影響を受けた作品が近年現れている。

また彼の作品では、大量に多数の死者がしばしばたくさん頻繁に数多く死ぬことがよくある。しかもその理由は実に言いようがないほど理不尽で、説明のしようがない不条理な理由による。説明すればこれは彼がドSを自認しているがゆえでないかと思われる(これは本当です)。更に言うと殆ど彼の著作に登場する多くの悪役の大半は大体たいていは政府、国家権力である場合が多い。それとも国家という政府に対し何か恨みでもあるのだろうか。

近年、この様な作家が急増しているがその原因は政府が行ったゆとり教育によるものと思われる。 それが発覚したことにより、「それとも国家という政府に対し何か恨みでもあるのだろうか。」という節の答えが出始めており、 彼の言葉遣いの究明が後少しまでに進んでいる。

山田流奥義の数々[編集]

山田流秘奥義~仏壇返し
「ましてや数分間で全てを思い出す事は全く不可能だった。翼は思い出す。」
山田流秘奥義~涅槃
「しかし、翼の心境が大きく変化したのは彷徨い続けてから、その直後であった。」
山田流秘奥義~運命
「大介があまりに耳を疑う発言をした瞬間、ベートーベンの交響曲第五番『運命』が翼のに響き渡っていた。」
山田流秘奥義~四次元四面楚歌
「そこには目の前に九人の鬼達が翼を囲むようにして全てのが地面に落ちた翼をゴーグル越しに見据えている。」
山田流奥義~日英日翻訳
「そして、翼はこれが一番の衝撃を受けた。これは、それ程まではっきりと見えなかったが、腰の辺りに何か拳銃の様な武器がチラッと確認できた。」
山田流奥義~その意見に異議無し
「王様はその意見について顔を見ながら『この意見はよいと思わぬか?』と意見を尋ねた。 」
山田流秘奥義~別れ際の幻想
「翼はリュックを片手に後ろを振り返り、それでも堂々とした歩き方で振り返る事もせず、皆に別れを告げた。」
山田流奥義~一皮剥けたはずが
「翼は森田との出会いによって、一枚皮がめくれたというか、たくましくなった。」
山田流秘奥義~世界を支配するもの
「翼は辺りをキョロキョロさせながら」
山田流秘奥義~標準体型発見
「鬼達はピタリと足を止めた。翼達に標準を合わせている。」
山田流秘奥義~超人記憶術
「翼は輝彦から教えられた住所を頭の中で何回も唱えて、頭に叩きつけた。」
山田流秘奥義~ちょっとうるさい程度
「そのボリュームといったらをふさいでもハッキリと聞こえてくるぐらいの盛大な演奏だった。」
山田流秘奥義~驚愕カメレオン
「翼は驚きのあまり視線がハエを追いかけている様に一点に定まらない」
山田流秘奥義~親子ドッキリ対決
「おやじ……あんたも老いたな、と翼は心でそう呟き、腰抜けた輝彦に背を向け」
山田流秘奥義~変態おやじ登場
「それはよく、変態おやじが電車で痴漢をした時に、された女性が鳴らす警報機によく似ていた。」
山田流秘奥義~中年おやじ登場
「中年のおやじが風呂に入ってからの第一声に、その意味は全く別だがそれに似ていた。」
山田流秘奥義~遊園地召喚
「遠く離れると横浜の巨大な遊園地ができた」
山田流秘奥義~自分との比較
「僕の書く作品に一番似ている」(太宰治について)
山田流秘奥義~2重扉
「益美は幼稚園児の黄色いカバンを片手に玄関の外へと出ていた。そして、静かに扉が開かれた」
山田流奥義~腹話術
「翼は唇を噛みしめ言った。」
山田流秘奥義~アスファルト製の壁
「アスファルトでできた、高い壁めがけて」
山田流秘奥義~ラララライ体操
「ランニング状態で足を止めた」
山田流秘奥義~エクソシスト
「もう一度首を右に左に素早く後ろへと回し、ぐるりと体を反転させた」
山田流秘奥義~空間移動
「二人が向かった先は地元でも有名なスーパーに足を踏み入れた」
山田流秘奥義~幽霊大行進
「九人の足跡がぴたりと止まった」
山田流秘奥義~結末大うっちゃり
王子以外を除く佐藤姓は誰一人としていなくなった
山田流秘奥義〜新型ゲーム機
「嵩典は冷淡に言って十時キーを握り直した」

著作[編集]

関連事項[編集]

Quqpacmanlogo3.png
山田悠介が放った発言は、後世の物好きのために、有志たちによって「Unquotable/作家」へ収録されています。


Hito.png この項目「山田悠介」は、手抜き状態のため発狂寸前です。正気に戻すかもっと発狂させてください。 (Portal:スタブ)