山本権兵衛

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
「22代首相就任時ノ地震ハ複雑怪奇」
山本権兵衛 について、平沼騏一郎
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「山本権兵衛」の項目を執筆しています。

山本権兵衛(やまもとごんべえ、ごんのひょうえ 1852年11月26日―1933年12月8日)とは、世界一、名の知られている名無しの権兵衛である。内閣総理大臣としても知られる。また、一部では「改造人間 ナマゴン」(ナマズの怪人)と呼ばれる。

山本権兵衛

経歴[編集]

海軍時代[編集]

1852年に生まれる。両親が名前をなかなか決めれずに8歳となり、やっと「権兵衛」と言う名前がつけられた。しかし、寺子屋の仲間からは「名無しの権兵衛」と言われ、その「名無しの権兵衛」が後の世でよくつかわれることとなる。15、6歳で戊辰戦争に参加(今、それをすると国連からバッシングされる)

その後はNEET浪人していたが勝海舟に薦められ海軍にはいる。その後、自身の出身地、薩摩藩の武士らが西南戦争を起こしたことを船の上で知ってその船(ハワイ周辺を就航中の)で薩摩まで戻ろうとしたが方向音痴のお陰で南極まで行ってしまいさらに寒さで風を引いてしまう。この事が歌になり、

権兵衛さんの赤ちゃんが風邪ひいた、権兵衛さんの赤ちゃんが風邪ひいた


という内容のものである。なお、赤ちゃんと言うのは「権兵衛=アカン野郎=アカンちゃん=赤ちゃん」という意味である。

そして海軍大臣という大仕事を日露戦争終了まで8年間務めた。さっそくお友達の東郷平八郎を連合艦隊司令長官にして怒られるが「海軍に関しては俺が仕切るんじゃぁ、文句あるか」と逆切れ。結局その人事は成功したがこれでダメだったら総理大臣就任もなかったろう。海軍大臣時代最大の功績といえば海軍カレーを作ったことである。コレは元々料理好きの権兵衛が趣味の料理を戦艦の調理場で部下に「何も大臣がしなくても・・・(ヘタクソなんだろうからするな)」と言われつつ使いながら制作した料理。このほか、肉じゃがマグロの煮つけ、挙句の果てには戦艦でトロール漁をして捕まえた魚を塩焼きにして食べるなどの行為で部下からは「クッキング大臣」と言われる。辞任の理由はカレーの中にある物を入れたからである。

総理就任[編集]

これらの功績で内閣総理大臣に就任したが自分が作ったシーフードカレーで食中毒になった人がいたため(これを俗にシーフードカレー中毒事件と言う)辞任した。任期は最近の総理よりはましな1年2カ月。

なんやかんやで2度目の総理を・・・と思ったところ加藤友三郎首相が死に、大正天皇の代わりのメガネの皇太子に「総理大臣をやらないか」と誘われついていってしまう。さぁ組閣しよう・・・と思ったところ今度は東京が揺れだした跡形もなくなり本格的な組閣はできなかった。これがナマゴンと言われる要因である。なお都市伝説として、

もうすぐお昼ですが権兵衛さんはまだ出てきません。ノックして入ったらまた頭を抱えていました。すると私を見て「なんだ、見物客は帰れ、帰れ!」と言って、机を叩きました。するとそこいらの本棚は倒れ、周りの建物からはガタガタという音とともに倒れていくではありませんか。もしやと思い後日調べてみたらちょうどココが震源地だったのです。―――秘書

その後、天皇が誰かに狙撃されただけで辞任するというさじ投げっプりを見せつけた。

人物像[編集]

とにかく癇癪持ちで、関東大震災で一旦は活動を終息したと思いきや、1995年、復活し阪神淡路大震災、新潟中越地震などを起こした。

名無しの権兵衛との関係[編集]

山本権兵衛には名前がある。名無しの権兵衛にも権兵衛と言う名前がある。名前があるのに名無しである。これは大きな矛盾と言える。なお何故、名無しの権兵衛と言うのかというと戊辰戦争で活躍した際に「権兵衛、権兵衛」と言われていたが名字が分らなかったので「○○権兵衛」と書かれた表記が出回りそのうちに名無しの権兵衛と言われるようになった。つまり、山本権兵衛=名無しの権兵衛である。

関連項目[編集]