山本昌

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
ラジコンをプレイ

山本 昌(やまもと まさ、本名山本 昌広(やまもと まさひろ)、1965年8月11日 - )とは、日本のプロラジコンレーサー。神奈川県茅ヶ崎市出身。(生まれは東京都大田区)名前が長いことでその道の人には知られている「JMRCA主催平成14年度1/10電動ツーリングカー・スポーツクラス全日本選手権大会」で4位の好成績を収めるなど実力も高い。

副業としてクワガタブリーダーもしている。さらに趣味でプロ野球選手(投手)もしており、中日ドラゴンズに所属する。

最近は趣味で属する球団が日本一になった2日後に、ラジコン大会で優勝し日本一に花を添えるなど、実力は未だ衰えない。

概要[編集]

本業のラジコンレーサー、及び副業のクワガタの飼育としての仕事の傍ら、漫画ゲーム競馬野球など多彩な趣味を持ち、趣味の人として知られる。歴史も好きで社会科の先生になりたいと思っていた時期もあった。また眉毛及び目つきが○ルゴ13に似ていることから狙撃手を目指したこともあったが、左利きであるために愛銃となるべきM16の撃発時に空薬莢が自身の顔を直撃しまくったため泣く泣く諦めた。

特にクワガタの飼育にはラジコン同様のめりこんでいるが、昆虫の王様「オオクワガタ」の飼育は非常にお金がかかるため、お金をより稼げる副業・趣味を探していた。結果、ラジコンで鍛えた指先を生かすことや動体視力を鍛えるために野球の投手を続けている。

中日ドラゴンズでは山崎武司野口茂樹など共通の趣味を持つ者と出会い、山山杯を開催するなど本業を忘れない姿勢は立派である。この山山杯には世界を舞台に活躍する人が参加するなどレベルの高い大会だったが、2006年に終了してしまった。 また成績不振から、2009年のオフに本職を封印することを決意した。20年以上続けている趣味に深くのめりこんでしまったからとも噂される。

さすがに本業を封印した効果は覿面であり、翌2010年には趣味の世界で輝かしい記録を数々樹立したが、2015年限りで趣味を封印して本業復帰予定。

野球[編集]

最年長の大記録

趣味としてプロ野球選手をやることに難色を示す球団が多く、「リリーフカーを遠隔操作する係なら雇ってやる」などと茶化す球団もあったが、そこに救いの手を差し伸べたのがドアラを放し飼いにしている寛容な球団中日ドラゴンズであった。登録名を山本昌にした理由は「ラジコンとは違う姿勢を見てほしいから」だと述べたものの、近年になり「実はラジコンを操作している時の姿勢と投球前の姿勢が同じ」という事実が発覚し、一時批判に晒された(理由は後述)。

球速はあまり速くはないが緻密なコントロールにスクリューボール、スライダー、スローカーブなどで活躍している。神の域にまで到達した伝説的なコントロールの良さと前述のように「ラジコンを操作している時の姿勢と投球前の姿勢が同じ」という事実が発覚したことから「ボール型ラジコンをグローブ型コントローラーで操っているのではないか」「ホームベースにラジコンを仕込んでストライクゾーンを微調整しているのではないか」という説まで現れた。

若い頃には沢村賞、最多勝利などのタイトルを手にし、大活躍をしたが40歳を超えてからもベテランらしいピッチングを見せている。その結果2006年には歴代最年長のノーヒットノーランや通算2000奪三振などを達成した。

2007年は200勝へ後9勝と迫っていたが思うような活躍ができずに2勝10敗に終わった。このため2008年1月には本業の中断を余儀なくされる。

2008年8月4日には歴代24人目となる200勝に到達したが、まあぶっちゃけると趣味だからどうでもいい。

2010年9月4日の対巨人戦では45歳0カ月での完封勝利を挙げ、最年長完封試合記録を60年振りに更新した。以前の記録は1950年11月12日近鉄戦の若林忠志毎日=42歳8カ月)であり、これを2歳4カ月も上回る史上最年長完封試合となった。これは多額の費用がかかるクワガタの飼育費をなんとか捻出するため野球を続けていた賜物なのだが、これもやはり趣味の領域であり、本人に言わせると「そんなことより早くオオクワガタが見たい」そうである。

ちなみに45歳以上のシーズン4勝、4連勝は、いずれも1948年浜崎真二阪急=47歳シーズン)の3勝、3連勝を62年ぶりに破る新記録である(2010年9月4日現在)。

現在、本業の再開を待ち望むファンの数は趣味のファンの210倍ほど多い。2010年の活躍が本業再開へのきっかけになるか、封印を続けて趣味の世界を更に深めることになるのかは現時点では不明である。しかしラジコンレーサーは支出の多い職業であり、スポンサー探しも難航していることから、当分この趣味は続きそうである。

一説によると、若手時代ラジコンの操作のしすぎで指が腱鞘炎になってしまいリハビリをしていたが、ある日午前中にリハビリが終わり、暇だったので街にでかけたところ偶然にも野球用具店が目に入ったため野球を始めたとも言われている。

関連項目[編集]

Quqpacmanlogo3.png
山本昌が放った発言は、後世の物好きのために、有志たちによって「Unquotable/スポーツ選手」へ収録されています。
  • 今中慎二 - 中日ドラゴンズ
  • 山本昌邦 - 名前が似ている。顔も似ている。
  • 山田昌 - 山本昌と並ぶ愛知県のレジェンド女優。道理で名前が似ている。
  • 井川慶 - この人も副業ないし趣味で野球をやっている。
  • ブックオフ - 年俸が高いがここで本を探す。

外部リンク[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「山本昌」の項目を執筆しています。
ExSport.png この項目「山本昌」は、エキサイト不足のようだね。
さあ、君もこの記事に胸が高まるような文付け足してみよう。レッツトライ! (Portal:スタブ)