山月記

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

山月記(さんげつき)は、人間のような強靭な動物になる様子を、描いた小説である。人虎伝ともいう。

概要[編集]

2003年阪神地域―すなわち大阪市西宮市神戸市で人が虎へと変身する様子が顕著に見られた。元々、西宮の甲子園周辺には虎になった人間が結構いたが、いずれも動物園で飼いならされてしまっていて、まるで「張子の虎」のようになっていた。所詮人間が虎になっても、力は野生の虎とは比べ物にならないのかということを暗示しているかのようであった。

しかし、2003年に起こったこの大量変化現象は、セカンド・インパクト辺りに匹敵するものすごいものであったといわれ、「猛獣」に変わるほどの強いエネルギーが、天からか星からか分からないがもたらされた事により、発生したといわれている。

この年、大阪と神戸の街は例年に無いほど盛り上がった。虎に化けた者の来襲で逃げ回っていなければならないところ、市民の好奇心は馬鹿騒ぎに発展、大阪人の精神的本能と交じり合い、道頓堀川への飛び込みや看板の破壊行為になった。

2005年にも同じような現象が起こったが、今度は2年前のことがあったため市民は余り反応しなかった。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「山月記」の項目を執筆しています。
面白くなさすぎる.jpg 先生、山月記の原稿まだですか。
もう、先生だったらこんなのあっという間に仕上がりますよ。全国の読者も先生の秀逸な記事を待ち望んでるんですから、先生もこたえなきゃ。
よろしくお願いしますよ。 (Portal:スタブ)