山岳ベース事件

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「山岳ベース事件」の項目を執筆しています。

山岳ベース事件(さんがくべぇすじけん)とは、群馬の山奥で開かれた、大学生を対象にした林間学校であったのだが、結果として芋煮会(要するに、互いの主張を邪道扱いして自己の持論を正当化する)乱闘騒ぎに終わってしまった悲しい事件である。

概要[編集]

昭和中期、いわゆる高度経済成長期と言われた時期にこの芋煮会は開催された。主に関東地方の大学は、やたらとケンカが多く、さらに大人、主に公権力への反抗心が強い血の気の多い大学生が多かったとされる。

その学生たちは武器を取り、さらに公権力への反抗を深めていった。しかし、現在から見ればそれは自らの首を絞める行為であった。

そして彼らは「より多くの大学生と交流を深めたい」と言う意図から、普通は東北の河川敷で行われる芋煮会を、群馬の山奥で開催した。

発生[編集]

1972年、最初は日清食品の社員が栃木県真岡市の銃砲店でカップヌードルの宣伝をした事から始まったのだが、妙義山にバーベキューに来ていた大学生達から「よかったらどう?」と声が掛かり、社員達は営業の帰り、休憩がてらにそこへ立ち寄った。

このバーべキューを発案したのは、森恒夫永田洋子と言った、とある大学OBとOGだったが、やがてバーベキューは芋煮会に企画が変更となり、大学生達はまたケンカを再開。日清食品の社員達は宣伝方法の食い違いで揉めてしまった。

中でも永田女史は、出来上がった男女を見るや否や、「リア充爆発しろ!」と発狂してそのリア充どもフルボッコするなど、何かと悪ふざけが過ぎたようだ。

この活動の中で「拠点」をメインとしたキャンプファイアーが行われたり、他にも三角ベースなど、さまざまな活動が行われているが、参加者の供述に不審な点が多く、真実がわかっていない点もある上、このサイトに記述すると大人の事情によりハフィング処分される可能性もあるため、詳しく記述することは避ける。

結果[編集]

結果に対してあわてて下山、移動した大学生が、反抗していた相手である、霞ヶ関に拠点を置く制服を着た893事情を説明いろいろ禁則事項ですされたたため、この内容がわかったとされるが、なにぶんこの内容が以下略

死亡[編集]

  • 参加者:13名(大学生12名+中にいた誰か)
  • 主催者:森恒夫(1973年)、永田洋子(2011年)、その他。

関連項目[編集]


この項目「山岳ベース事件」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)