山吹色のお菓子

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちによって「山吹色のお菓子」はリダイレクトページになっています。変なページに飛ばされるので、クリックしても意味はありません。

山吹色のお菓子(やまぶきいろ-かし)とは、日本伝統の和菓子の一種である。

概要[編集]

今では生産されていない幻の和菓子で、その名の通り山吹色のお菓子である。殆どのものは煎餅のような性質を持っていて、かなり硬く、かなり甘い。また、高級菓子に分類される。

非常に高価な和菓子なので、どうしても気になる相手や、どうしても距離を縮めたい相手に贈るのが通例である。場合によるが、このとき貰った側は「お主も悪よのう」と返すのが礼儀とされている。「お主」と言っていることからわかる通り、自分も悪であることを認めることで共通点を示し、互いの距離感が縮まったことを確認できるためである。

なお、ここでの「悪」は人間全てが偽善者という前提のもと、「あなたには心の内側を隠さずに接しよう」という意味であって、ウルトラマンでいう怪獣のような明らかな「悪者」ではないので注意が必要である。

ちなみに、贈る側はできるだけ豪華な箱にできるだけこの菓子を詰めて、更に可能ならば袖の下から出すのが最も良いとされている。

歴史[編集]

江戸時代に初めて作られたとされるが、それよりも細かいことはわかっていない。数々の映像記録から江戸時代の後期にはよく利用されていたようである。

このころには既に山吹色のお菓子の代名詞である「凄く甘い」「凄く硬い」が確立されたとされる。

しかし明治時代になると、食生活の変化や欧化政策その他様々な理由により、徐々に廃れていった。明治時代後期にもなると、生産されることはまったくなかったという。

贈る相手[編集]

かつては以下のような人に贈っていた。

いつも世話になっている人
お中元・お歳暮などとして贈る。至って普通。高級菓子のため喜ばれるだろう。
恋した相手に
プレゼントとして贈る。美味なので男女問わず喜んでくれるだろう。ただし「セックスしたいの?」と、援助交際のお願いをされたと勘違いされる恐れがあるので、何らかのフォローが必要となる。
悪代官様に
主に商人が贈る。この場合、「お主も悪ようのう」「いえいえ、お代官様ほどでは」「ふあっはっはっは!」という業界伝統の儀式が行われる。

欠点[編集]

この菓子は非常に高価で美味であるが、廃れていった原因ともされる欠点も存在した。

非常に高価
高級菓子なので当然だが、やはり高価なため庶民には手を出しづらい。
非常に硬い
江戸時代の食物には硬い物が多く存在したため問題無かったが、食生活の変化によりやわらかい食物が増え、人々の顎が徐々に弱っていったために廃れる原因となった。
箱にできるだけ詰めるのが礼儀とされる
ぎっしと詰めた方が見た目が良いなどの理由でこのような礼儀になったとされるが、元々高価なものなのでやはり庶民には手を出しづらい。

近年の再評価[編集]

山吹色でないものも大人気である。

明治時代以降は完全に忘れられていた和菓子であったが、水戸黄門などの影響により「食べてみたい」と思う人が増加。最近になって一部の物好きが再現を行ったりするなど、再評価されつつある。

特に顎が弱った現代人には「子供の顎を鍛えさせたい」「硬すぎるだろ…だがそれがいい」と大うけのようである。中には学校に持っていって「子供の顎を鍛えるのにどうぞ」などといって寄付する保護者もいるようだ。

関連項目[編集]

この項目「山吹色のお菓子」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)