山口市

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「山口市」の項目を執筆しています。
Wikitravel.png
放浪癖に取り憑かれた人のために、ウィキトラベルのトラベルライター気取りたちが「山口市」の項目を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「山口市」の項目を執筆しています。

山口市(やまぐちし)もとい山口集落(やまぐちしゅうらく)は、山口県の真ん中辺にある地方集落都市

概要[編集]

一応山口県県庁所在地らしいが、その実態はただの山奥の集落寒村である。しかしながら県庁所在地だからという理由でやたらでしゃばっている。また、県下最大の村落都市である下関スラム村を追い抜こうと他村落市町村への侵略を繰り返してきたが、未だに及んでいないし、これからも及ぶことはないだろう。

そのあまりに惨めな姿から、山口集落民市民以外は山口集落市を県庁所在地として認めていない。さらに近年はあまりにも不便な故郷に見かねて山口集落民市民ですら山口集落市を県庁所在地にすべきでないと言い出している。

歴史[編集]

戦前[編集]

山口は明治維新後、鉄道を通す計画があがっていたがこれを集落民町民が猛烈な反対運動を起こすなどして拒んだため海や街道にも接しない都市になり、現在のような窮地に陥った。さすがにこの状況に気づいた町民が鉄道を敷く運動を起こした。何とも身勝手である。しかし通った鉄道は本線から外れているため状況はほとんど変わらなかった。起死回生を果たそうと、他村落市町村の侵略・併合を開始した。1930年ごろ、山口に代わって中心駅となった小郡がある小郡集落を併合するために、次々と周りの村を脅迫して乗っ取っていった。この乗っ取りの過程で人口が3万人に達したため県内では下関スラム村宇部村に次いで3番目にようやく市制が施行された。結局、1944年には小郡よりさらに南にある、まったく関係ない阿知須集落まで乗っ取ったが、無理な乗っ取りが祟ったのか、すぐにに小郡と阿知須は同盟を結び独立運動を起こした。交通の便が良く兵力を簡単に調達できる小郡とそれに同盟している阿知須に山口は敵わず、独立は成功した。

以上のように、昭和になって「市」になったため、このことが下関スラム村(明治22年に市制施行)に対するコンプレックスになっている。

平成の大合併[編集]

その後、21世紀に入って、全国的に「平成の大合併」という、大規模に町を乗っ取る運動が起きていたため、山口でもこれにならってかつて乗っ取りに失敗した小郡、阿知須のほかに秋穂集落防府村徳地集落も乗っ取り、人口30万人の県内最大の村落都市にしようという欲張った計画を立てた。ちなみに、阿知須は当初宇部村に入る予定だったが、人口30万人の村落都市になるという甘い言葉に誘われて山口にやってきた。しかし、山口、小郡、防府が村役場市役所を誘致し実質的な内戦状態になり、ついには防府と徳地が合併を離脱した。その後、かつてのようにこの2つの自治体を脅迫して何とか併合しようとして、徳地の併合に成功したが、逆に防府に山口を侵略されそうになったため撤退し、県内最大の村落都市にするということは儚い夢に終わった。阿知須には気の毒である。何とか人口30万人の村落都市にしたい阿知須は「暫定的に阿知須、徳地、秋穂のどこかに村役場市役所を置いたらどうか」という無謀なことを言い始めたが、否決された。これにより、人口で三重県津市にさえ及ぶ事はできず、相変わらず中心部は寂しいままである。また、県庁所在地で最も人口が少ないのもうなずける。しかし、小郡を山口の一部にしたため、山陽新幹線山陽自動車道とは接するようになったことは大きい。

現在、山口は何とか防府を合併させようと考えているが、防府に怯えてなかなか手を出せない。

これからの山口[編集]

乗っ取られた小郡は、それまで新幹線の駅がある町として米原町と共に孤軍奮闘していたが、統合で「新山口」という身も蓋も無い名前に中心駅の名前が変えさせられた。これは、「山口の端っこ」(実質的には中心だが)みたいな扱いにさせられたも同様で、ローマ帝国時代の属州や東京さいたまの関係に似ている。山口六平太の出身地でもあるが、これまた身も蓋も無い呼称である。しかし、小郡が市役所を誘致したため、なんと、市役所を新山口駅の近くに移すという計画が成立したのだ。小郡も乗っ取られるだけでは終わりたくないのだろう。今度は小郡が山口の中心部になる計画が水面下で始まっている。これにより山口駅のある現在の中心部はさらにさびれていくことが予想される。

交通[編集]

明治の集落民町民のせいで、集落市の中心部に山陽本線山陽新幹線が乗り入れておらず、またバスも中心部以外は交通網が発達していないため、集落市は典型的な「自家用車依存地域」となっており、公共交通機関は経営が苦しい。また、このため集落市の中心部は慢性的な渋滞に悩まされており、バイパスができたが、これも朝夕のラッシュ時には渋滞する。

銀行[編集]

山口集落市には都市銀行がみずほ銀行しかなく、その他の都市銀行は人口規模から下関スラム村に支店を置いている。日銀の支店も「下関支店」で、山口支店はない。

関連項目[編集]


この項目「山口市」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)