山井大介

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

山井 大介(やまい だいすけ)とは、 中日ドラゴンズ所属選手。2007年の日本シリーズで8回まで完全試合に抑えながら9回岩瀬仁紀に交代され継投による完全試合を達成しながらもバッシングが出た投手として知られている。

経歴[編集]

大阪府豊中市に生まれた彼は、少年時代は箕面スカイラークに所属していたらしい。あとは省略

2001年ドラフト会議中日ドラゴンズで6番目になった彼は、ルーキーイヤー以来、それなりにやっていたと言われている

2004年には長峰昌司とのじゃんけんで勝ち、「じゃんけん男」と言われるようになったが、特に誰も気にしなかったようである。

記録[編集]

2007年からは山本昌に変わるエースを任されたようだが、とくに気にしなかった。

そして日本シリーズ第5戦、彼は8回までをパーフェクトに抑える好投を見せた。しかし、やれ豆ができたなどと因縁を付けかつての三冠王どんな場面でも灯火を消す火消し役に交代させた。三者凡退で抑えたため、結局完全試合となったが、一部の馬鹿からはなぜそこで交代なんだとか、史上初のことだから、投げさせればよかったんじゃないのかとかくぁwせdrftgyふじこlpとかhydeの身長は156cmなどというバッシングが出た。

その教訓を生かし、2010年には8回までノーヒットノーランの時には辛抱したが、初回いきなり坂本勇人にホームランを打たれ、直後に火消し役に交代させられた。その後のヒーローインタビューでも「やっぱり8回までしか持ちませんでした」という発言をしたが、別にどうってこともなかった

そして2013年DeNAの打線を8回までノーヒットに抑え、そのまま9回もマウンドへ。またダメなのかという期待不安もあったが、2アウトから代打の内村賢介をピッチャーゴロに抑え、3回目にしてやっとノーヒットノーランを達成。ネタ的には残念だが、ただただ祝うのみである。

帰属[編集]

冒頭で中日ドラゴンズ所属選手と記したが、実はその説に疑念が投げかけられている。なぜならば中日ドラゴンズ入団前は阪神ファンであるといった精神的帰属、オール巨人の息子であるドラゴンプロの南出仁寛と姻戚であるという家庭的帰属の問題である。おかげで彼の所属は名目的には中日であるものの、彼の心は巨人・阪神・中日に三分割されているといっても過言ではない。

その山井自身は自身の心が三分割されることを嫌ってか、そもそもプロ野球球団のファンになる前に付き合いのあった幼馴染と結婚している。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「山井大介」の項目を執筆しています。