山下大輔

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
光害に注意!
視力の衰えを招く光源の閲覧にご注意ください。 この記事には太陽光をはるかに越える、照度総量156キロルクス以上の光源が含まれています!

閲覧にあたっては、紫外線カットレンズを有する眼鏡またはサングラスの着用や、SPF値80・PA値+++以上の日焼け止めクリームを処方することを強く求めます。もしこの記事の閲覧によってあなたが松崎しげるそっくりさんコンテストに優勝しても、アンサイクロメディア財団は一切の賞金や祝金を授与しません!

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「山下大輔」の項目を執筆しています。
まぶしい太陽!

山下 大輔(やました だいすけ、1952年3月5日 - )は、元プロ野球選手である。2003年には、プロ野球監督の名目で、特定の人たちだけを恐怖のドン底に陥れた「ピッカリ大魔王」でもあった。現在は野球界を影から照らす太陽である。「大ちゃん」の愛称で親しまれる。

「ピッチャーデニー」
山下大輔 について、オスカー・ワイルド
「デニー、デニー、デニーを降ろせ!しばくぞ!!!」
山下大輔 について、miyocoを代表とした横浜ファンの人々
きはきと
んきよく
かるく
のしく
えむきに
山下大輔について、たけうちあい 小2



概要[編集]

人物[編集]

野球界で屈指の名将と謳われる人物、どんでん中村負広顔芸100連発の若大将と並んでプロ野球名将四天王とも。

選手時代はフサフサとしていた頭髪も、その頃には無くなっていたが、その禿上がった頭をギャグにするなど明るい人物だった。 しかし、それは大魔王の仮の姿でしかなかった。本当は性格粗暴、髪もフサフサ、選手も震え上がる鬼軍曹だったのだ!

経歴[編集]

静岡に本拠地を置く大企業「ヤマシタコーポレーション」の創業家一族に生まれ、慶応大学に入学。上品で甘いマスク、六大学野球でも花形選手、巨人が第一志望と答えるその姿から慶応のプリンスと呼ばれた。 人が望むものを全て手にした。しかし何を間違えたのか大洋ホエールズに入団してしまう。

選手時代[編集]

1973年に大洋に入団。プロでもまれていくうちに守備と頭が磨いていかれ、守備の名手として輝いた(頭頂部的な意味を含む)。ファンからサインを求められると「サインはV」とか言いながらVサインを出して逃げていくなど現役時代もスベりまくりのパフォーマンスをしていた。現役引退後には解説者は横浜のコーチなどを務めた。なお、1998年にはスキンヘッドコーチとして優勝に立ち会った。そうして気がつけば横浜球団の数少ない生え抜かれたOBになっていた。

監督時代[編集]

休養しなかった君はえらいっ
シーズン終了後配布されたポスター
  • 「僕の頭のようになって欲しい。怪我(毛が)無く、明るく、輝いてほしい」

2003年キャンプイン前、山下はこの言葉で選手たちの絶大な信頼を得て監督業をスタートした。 しかし2003年シーズン、よそ様の阪神タイガースは強かった。しかし就任1年目の山下率いるベイスターズの順位は山下の毛髪のように徐々に抜け落ちていった。 デニー重視・安全性重視の起用がことごとく空回りし、終わってみれば5位からも22.5ゲーム以上離され(この年の1位と5位のゲーム差は20)、45勝94敗1分勝率.324を記録となんとかプロとして最低の勝率3割台をキープした。 しかし、プロ野球界33年ぶりのシーズン90敗到達という大記録を残してしまった。(しかし、その後横浜は2007年から2010年まで連続90敗を記録していることなんて誰も気にしない。) それでも、休養を取らず、現場で奮闘した山下の精神的な力は評価できるシーズンとなった。 ちなみに、あの伝説のプレー『古木あーっと!!』は、この2003年に生まれた。

そんな山下の采配の一例として、

  • ピッチャーデニー」の多用。
  • ウッズにバント
  • ライトとレフトの交代
  • 代走マムウェイ[1]
  • 代走に代走

というあの名将でも理解できないほどの采配ぶりは、今日においても語り草となっている。(デニーは度々炎上、ライトとレフトの交代虚しくチームは敗北、代走のマムウェイは牽制死)。

ここまで来れば、もう何がしたいのか解からない。監督の采配に選手も応えたという、結束の表れであったといえる。 当時の横浜市長、中田宏もこの結束に感動し2003年9月中旬にシーズン初の3連勝を遂げた後の試合前にがチームを訪問し、山下に箱入りのみかんを送ったほどである。 これに対して監督は「うちはまだ未完成ですから」と返答した。

      _,―Σ⌒3―、_
    /∴: : : : :~~~~. .   . .\
   /∴: : : : : : : . . . .  . . . . .\
  /∴∴: : : : : : :.: : : : : : : :: : : :: : :ヽ
  /∴∴: : : : : : . . (●): : : : (●) |
 /∴∴: : : : : : :   \__/ . . . |  「うちはまだみかんせいですから」
 |∴∴: : : : : : : :. . . . . .\/ . . . . .|
 |∴∴: : : : : : : : : : . . . . . . . . . . . . :|
  |∴∴∴:/: : : : : : : . . . . . . . . . . . |
  \∴∴(: : : : : : : : : : : . . . . . .、/
   \∴∴(⌒ヽ∴∴:∴∴∴∴/(⌒ヽ
    ~ー、∴∴∴∴∴∴∴:_.-~
        ̄ ̄―┼┼一~
            ||
           ⌒ ⌒


そして、就任2年目、再起をかけた2004年シーズンオフ、内川とアゴの長さを比べるために近鉄バファローズから門倉健を獲得。 また、山下がわざわざ大魔神佐々木に対し今は落ち目だけど、また、アメリカで頑張れよと入団しなくて良いと言ったにも関わらず、 佐々木は横浜球団に超高額な年棒で入団した。この出来事に関して山下は呆れたのか、佐々木の2004年キャンプ初ピッチングの印象を聞かれても、 「佐々木を見るよりカメラが何台あるか見ていたよ。何台? その質問は難題だね」と佐々木の印象よりも自身のダジャレを答えるほどだった。

そして、2004年のシーズンが開幕、4月終了時点で念願の首位に立つ。しかし、その後投手陣がスポンサーであるパロマこんがり亭に影響を受けていったのか炎上することが多くなり、徐々に失速。 その年は、シーズン終了目前まで5位争いを続けるが、最終戦に敗退しカープと勝率0.00092(9毛2糸)差という超僅差で45年ぶりの3年連続最下位が確定。 毛に泣いたシーズンだった。そして、ここで山下は契約期間を終え、横浜を去った。 因みに、後任監督に就いた牛島組長は、チームを2005年に4年ぶりのAクラスとなる3位に浮上させた。 山下が構築したレールを踏み外している。

阪神の応援時のスタイルで相手の投手がノックアウトの際に降板した場合、「蛍の光」を流すのは恒例だが、大ちゃん率いる横浜に対しては一切流されなかった。 蛍と大ちゃんの頭のまぶしさを比べるのが失礼だと思ったのか、蛍なみの短い監督生涯を歌うのを遠慮したかはお察し下さい

以下横浜時代の迷言集。
  • 「はげましておめでとう」~テレビカメラに向かって帽子を取り。
  • 「僕のヘアスタイルも乱れがちで…」~風が強い日に。
  • 「ヘアースタイルが変わったようなもんでしょ?」横浜スタジアムの芝の張り替え工事の際。
  • 「マレンの気力の一打が6連打になって、大量点につながった。“マ連打”だね」~ピッチャーマレンのタイムリーなどで圧勝した大チャンス打線の時。
  • 「Oh Yeah!って感じ」~監督への勝利インタビューでインタビュアー(大矢陽子)の質問「2カード連続の勝ち越しで、とうとう5割ですね。」に対して。
 . . .... ..: : :: :: ::: :::::: :::::::::::: : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
        Λ横Λ . . . .: : : ::: : :: ::::::::: :::::::::::::::::::::::::::::
       /:彡ミ゛ヽ;)ー、 . . .: : : :::::: :::::::::::::::::::::::::::::::::    
      / :::/:: ヽ、ヽ、 ::i . .:: :.: ::: . :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
      / :::/;;:   ヽ ヽ ::l . :. :. .:: : :: :: :::::::: : ::::::::::::::::::
 ̄ ̄ ̄(_,ノ  ̄ ̄ ̄ヽ、_ノ ̄

↑今なお良く見られる光景は既にここから始まっていた!

編成本部長時代[編集]

問題の帽子
大ちゃんは石をも支配できる!

横浜を出奔した大ちゃん、どうしても毛を被りたかったらしく、次に狙いを定めたのは帽子のマークが毛のような楽天だった。球団創設1年目、大ちゃんは楽天にスキンヘッドコーチとして招聘された。

以下、楽天ヘッドコーチ就任時のコメント。
  • 「現場でさあこれからという気持ちがあった。肩書抜きで新しいチームを築くために一人何役も務めたい。自分にとって楽天地、いや新天地」
  • 「チームを(自分の頭で)明るくしたい」
  • 「私は(スキン)ヘッドコーチ」
  • 「昔はノーエラーの山下。今はノーヘアーの山下です」

などと次々に迷言を残した。しかし、毛と書かれた帽子を被るだけで満足してしまったのか、楽天も横浜ばりの弱さで特等席をキープ、でも山下は何故か二軍監督になった。その後、楽天企業が社内公用語を英語にすることになったため、野球界で屈指の英語力を買われ、球団編成本部長に転任した。

以下、数々の問題発言、行動
  • 「翔べ!イーグルス」~ロッテから移籍した戸部浩の入団会見で。
  • 「セイムヘッドですが息子ではありません」~スキンヘッドのケビン・ウィットの入団会見でというウィットに対するコメント。
このような活躍を見せ、「この役職が天職」という声も多かったが、監督が大ちゃんとは性格が真逆のツンデレ爺だったため、2007年限りで退任。

アメリカ時代[編集]

その卓越した英語と守備技術と頭の光を買われ、山下はメジャーへ渡った。その最下層のルーキーリーグを担当することになった。ルーキーリーグということで常人なら言葉の通じない中学や高校上がりの選手と連日強行軍のバス移動でストレスで禿げそうだが、山下にはその心配が無かったことも高評価につながったらしい。

「米国コーチ修行奮闘記」では、マイナーリーグの環境と比較すれば日本プロ野球の2軍はまだ恵まれていると指摘し、「薄給でも野球をやりたい」という情熱のある若者を日本のプロ野球界はくみ上げ切れていないのではないかとお怒りになっておられた。

アリゾナでは白玉団子が黒饅頭に変身しつつあった。よって、日本球界からオファーがこなければ完全な黒饅頭になってしまう可能性があり、急を要する状況だった。それでも山下は米国生活を満足していたらしく、平和に暮らしていた。

山下は2011年当時、59歳だった。湯気が立つような若い選手たちと接して、生きる原点ともいうべき、この気持ちを思い出していた。「僕は今でも野球小僧」と、若い連中の育成に夢中になった。功なり名を遂げた男が、家族を置いて単身渡米し、灼熱の地で10キロも身を削りながら、「もっと教えてやりたい」とコーチに没頭した。

でもファンは明るく楽しい大ちゃんの野球を忘れていなかった。だから、ファンの気持ちとしてはちょっぴり寂しいものだった。

転機[編集]

本心か。‎

山下が平和に米国で生活していた2010年下半期、日本プロ野球界に激震が走った。 山下が所属していた横浜ベイスターズが住生活Gによって山下の出身地、静岡に移転するかもしれないことになった。 過去、プロ野球の静岡での試合では山下一族の会社「ヤマシタコーポレーション」がメインスポンサーを務めていた。 今なお、この会社の力は衰えておらず、「ヤマシタコーポレーション」は静岡ではかなり大きな企業である。 よってこの山下の地元での力が買われ、山下が再び監督になる可能性も少なからず出てきた。 敵は、同じ静岡県出身横浜OBの鈴木尚典である。

しかし、山下は選手として育った横浜に球団をそのまま置くか、それとも生まれ育った静岡に横浜球団をもってくるのか・・・今、彼は横浜の数少ない生え抜かれたOBとして重大な人生の岐路に立っている。

だが、横浜名物のシウマイを静岡に持って行けなかったためか、この話は「なかったこと」になった。

現在[編集]

ファンの「太陽をトリモロス!」という思いが通じたか、還暦を迎えた2012年にゲーム屋に売られた古巣に二軍監督として復帰した。黒饅頭になることは何とか避けられたらしい。しかし、一部では同時に惑星ベイスターで神を始めたのではないか、ともささやかれていた。だが、「明るさ」が売りの一軍監督が山下の光を恐れたためか、楽天時代同様わずか一年でゼネラルマネージャー補佐としてフロントに配置転換された。ところが今度はフロントの中がまぶしすぎると苦情が出て、またまた二軍監督に復帰するも、一軍監督の道連れで2015年限りで退任、現在は「さすらいの太陽」である。

デニーの予感[編集]

横浜時代、山下はことあるごとにデニー友利を起用した。いわゆるデニーの予感である。

デニーの予感
横浜が僅差で勝っていて相手の回を抑えれば試合の流れが大きく横浜に傾きそうなとき。
→「ピッチャーデニー」
→試合の流れをもってくるどころかあっけなく相手チームに渡してしまう。
デニーの予感2
なんとか土壇場で逆転した横浜。
→「ピッチャーデニー」
→さっそく被安打。そして打者清原。デニー、清原にミサイル発射。横浜ファンに動揺が見える。大ちゃんはその時再びマウンドへ。ここで伝説の「レフトとライトの守備位置交換」という奇怪な采配をし、さらに横浜ファンに動揺を与える。その後デニーは1アウトも取れず、最後は押し出しの死球でジ・エンド。
デニーの予感3
横浜はこの試合、甲子園球場で対阪神11連敗。しかしこの日は番長三浦が阪神打線を沈黙させる好投。2点差で9回裏を迎え、ようやく悪夢の連敗から抜け出せる兆しが見た。しかしそれまで好投を続けてきた三浦が先頭打者に四球、そして被安打で無死1・3塁。
→「ピッチャーデニー」
→アリアスに死球、そして矢野に痛恨の走者一掃タイムリースリーベースでサヨナラ負け

職場放棄のススメ[編集]

山下がベイスターズのヘッドコーチを務めていた時、監督に代打を送られた駒田徳広選手が荒れて、試合中に帰ってしまった事件があった。 職場放棄として大騒ぎになったが、実は山下が「帰っていいぞ」と言ったことが明らかになった。 「僕も現役時代、交代させられて、試合途中で風呂に入って帰ったことがあるんですよ。あの時は駒田に『帰れ、帰れ』と言いました。フロントに『職場放棄は私が勧めました』と言ったら怒られましたね」 と、現役時代も職場放棄をしていたことも明らかになった。

歌唱能力[編集]

著しく劣る。聞く者の耳を狂わせんばかりのなかなか良い低音を発する。2002年の日米野球において「私を野球に連れてって」をテレビの中継でこの曲を熱唱したことは有名。しかし、流暢な英語力からよほどのアメリカ通ということがうかがえる。 日米野球においての歌唱能力

      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
    /             \
   /                  ヽ 
    l:::::::::.                  |
    |::::::::::   (●)     (●)   |  お~ぼ~げ~♪
   |:::::::::::::::::   \___/     |  
    ヽ:::::::::::::::::::.  \/     ノ

今の横浜の状況について[編集]

             / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
           /            \
          /                ヽ 
           l:::::::::   /      \  | 
           |::::::::::   (●)   (●)   |   
          |:::::::::::::::::  \___/    |  
           ヽ:::::::::::::::::::.  \/     ノ
   ⊂二 ̄⌒\                 /⌒ ̄二⊃
      )\   ヽ               /  /(
    /__   )             (   __\ 
   //// /                \ \\\ヽ
  ////                    \\ヽ ヽヽ
 ///(/                       \)ヽヽ ヽ
((/                               \))


今の楽天の状況について[編集]

      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
    /             \  .。oO(・・・正直、星野さんとは関わりたくないな~)
   /                 ヽ
    l               .:::::::::|  
    |               ::::::::::|
   |             :::::::::::::::::|
    ヽ          :::::::::::::::::::.ノ 

     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
    /  u      J u \  .。oO(・・・というよりも三木谷に僕の会社乗っ取られるかもしれないからな~)
   /                 ヽ
    l  u   u   u    .::J:::::|  
    |               ::::::::::|
   |   u         :::::u::::::::::|
    ヽ          ::::::::u::::::::::.ノ 
   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
 /             \
/                  ヽ  あたし、楽天のことが好きだったよ。知ってた?
l:::::::::.                  |  ちゃんと勝てなかったこと、すごく後悔してたんだよ。知ってた?
|::::::::::   (●)     (●)   |  誰にもヘッドコーチの座は渡したくないって、今でも思ってる。知ってた?
|:::::::::::::::::   \___/     |  じゃあ、さよなら。もう逢えないけど。…これは知ってたでしょ?
ヽ:::::::::::::::::::.  \/     ノ

脚注[編集]

  1. ^ 万永は足は遅くはないため、万永を起用したこと自体は珍采配ではないとする意見もある。

外部リンク[編集]

関連項目[編集]


どうも、横浜ファンです!大変です!助けてください!横浜は古木のミスでノーアウト満塁のピンチを迎えてしまいました!デニーがコールされる前に早く抑えてください!このままだと山下監督がピッチャーデニーを起用してしまい

ます!彼がマウンドへ向かう前にどうにかして下さい!頼みましたよ! (Portal:スタブ)