山一證券

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「山一證券」の項目を執筆しています。

山一證券(やまいちしょうけん)は、1990年代後半に活躍した日本エクストリーム・謝罪プレーヤー。応援団長を田中美佐子が務めた。

ペーパーカンパニーや簿外債務などの新技法を積極的に用い、北海道拓殖銀行第一勧業銀行野村證券など強力なプレーヤーが集った20世紀末のエクストリーム・謝罪界においても特に光を放つ存在だった。

1997年大会[編集]

1997年大会の決勝最終ラウンドでの成績は

  • 上場廃止
  • 自主廃業
  • 負債3兆円
  • 子会社の分割譲渡
  • 経営陣の逮捕

であったことに加え、

  • 資本金1,268億円
  • 4大証券の一角

というように、かつての栄光との落差も大きく、この点で同年ライバルの北海道拓殖銀行を大きくリード。優勝確定かと見られた。

ところが審判団から、決勝第2ラウンド時点での「社員は悪くありませんから」発言に関して「好印象を与えてしまった」との指摘を受ける。「海外メディアからは疑問の声があった」と反論したものの、同情行為が大会規定違反であるとして失格。9兆円の負債とともに北海道経済を大混乱に陥れた北海道拓殖銀行に王座を譲った(しかしこの後、拓銀は土壇場でポケモンショックを起こしたテレビ東京に逆転された)。また、最終ラウンドには屑ダイヤを買い戻し特約付きで高く売りつけたあげくに破産したココ山岡が繰り上げ進出している。

関連項目[編集]

Syazai kaikenp.jpg この項目「山一證券」は、執筆者が徹夜でやろうとしていたかもしれませんが一身上の都合により書きかけであれなんです。お願いです社員は悪くありませんから検閲により削除してくれたら検閲により削除なんですが… (Portal:スタブ)