属性

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

属性(ぞくせい)とは、ある物を特徴づける性質の中でも、特定の対象に特別な好みを抱かせる性質である。妹属性などの関係、眼鏡っ子属性などの外観、ツンデレなどの内面等、その種類は無限とも言えるほど多岐に及ぶ。

種類[編集]

多くの種類を持つ「属性」だが、以下にその代表的なものを挙げる。

  • 火属性・・・シンボルカラーは赤。不死鳥や火龍の力を持つ者に多く、炎を操る力を持っている。
  • 水属性・・・シンボルカラーは青。水龍の力を持つ者に多く、熱湯から氷まで自由自在である。
  • 風属性・・・シンボルカラーは緑。鳥人や妖精の力を持つ者に多く、突風を起こして戦う。
  • 地属性・・・シンボルカラーは茶色、もしくは黄色。キマイラや地龍の力を持つ者に多く、土や砂嵐を操って戦う。
  • 雷属性・・・シンボルカラーは黄色、もしくは紫。雷獣やサンダーバードの力を持つ者が使える属性で、雷を発生させることが出来る。
  • 氷属性・・・シンボルカラーは水色、もしくは透明。雪女などはこの属性である、吹雪を起こせるが、火の力には滅法弱い。
  • 光属性・・・シンボルカラーは白。闇属性とは対極の属性で、神の獣である麒麟の力を持つ者に多く、強い光と熱線で戦う。目眩ましの延長線上で五感をくらまし奪ったりできる
  • 闇属性・・・シンボルカラーは黒。光属性とは対極の属性で、ケルベロスの力を持つ者に多く、石化や腐食、毒で戦う。闇への恐怖の延長線上で全精神を操る。全属性で唯一、善と悪両方が存在する。
  • 聖属性・・・シンボルカラーはピンク。悪の力を持つ存在を浄化する。
  • 死属性・・・シンボルカラーは紫。完全な悪の属性で、相手の命を奪う。
  • 愛属性・・・シンボルカラーは濃いピンク。一部にのみ認められている。回復が主だが他人を誘惑する力を持つこともある。どちらにしろ、この属性のものは周りに守ってもらう事が多いようだ。

特殊な属性[編集]

  • 妹属性・・・妹を見たり触れたりすることを好む属性。お兄ちゃんやお兄様、兄さんなどに多い。
  • 姉属性・・・姉を見たり触れたりすることを好む属性。↑とは似て異なる。
  • 幼馴染属性・・・幼馴染を見たり触れたりすることを好む属性。恋愛シミュレーションゲームにおいては、妹か幼馴染かのどちらかを選ばなければならない。また、他の属性との組み合わせに富んでおり、眼鏡っ子・巫女・ツンデレ・アホ毛その他諸々、多くの属性と相性が良い。主に隣の家に生息する。
  • 耳属性・・・ケモノ耳、エルフ耳など。バリエーションに富むが、この属性を持つ人間には現実の異性に興味がない者が特に多い。
  • 眼鏡っ子属性・・・眼鏡を見たり触れたりすることを好む属性。委員長キャラなどに多い。
  • メイド属性・・・服装による属性の中で最もメジャーなもの。最近は秋葉原を中心に勢力拡大中。
  • 巫女属性・・・メイドには一歩譲るも、やはりメジャーな属性。神社に生息。
  • 屍鬼属性・・・腐っていないゾンビというややこしい属性。かなりコアな属性であり、滅多にお目にかかれない。
  • 青髪属性・・・青色(含水色)の髪に萌えを見出す属性、尚、青髪はショートカットと化学反応を起こしやすいことで知られる。

関連項目[編集]