屈強な男たちが固い肌色の棒を手で握りしめ力強く速く振り、白いものを柵より遠くに飛ばして点を入れるスポーツ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

屈強な男たちが固い肌色の棒を手で握りしめ力強く速く振り、白いものを柵より遠くに飛ばして点を入れるスポーツ(くっきょうなおとこたちがかたいはだいろのぼうをてでにぎりしめちからづよくはやくふり、しろいものをさくよりとおくにとばしててんをいれるすぽーつ)とは、アメリカ合衆国でBaseballと呼ばれているスポーツを、日本語に正しく翻訳したものである。日本で人気を集めている。

Baseballを直訳すれば「塁球」であるが、これでは何を示しているのかわからないので、全ての意味を含めて正しく意味を伝えようとした結果、上記のような名称になった。その長さから、漢字二文字を取って「棒白」などと略される。

なお、日本で「野球」、中国で「棒球」と呼ばれているスポーツに類似しているという声もあるが、いずれもアメリカのBaseballを不正にパクッたものらしく、公式にはこの「棒白」をBaseballの日本版であるとしている。

プロ屈強な男たちが固い肌色の棒を手で握りしめ力強く速く振り、白いものを柵より遠くに飛ばして点を入れるスポーツにおいては年に一回のオールスターゲームで、選出された特に優れた飛ばし屋による屈強な男たちが硬く長い褐色ないし肌色の棒を手で握り締め思いきり強く速く振り、白いものを遠く高く飛ばして外に出しその距離を比べる競争も行われる。

正式名称が長ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーい

屈強な男たちが固い肌色の棒を手で握りしめ力強く速く振り、白いものを柵より遠くに飛ばして点を入れるスポーツ(棒白)のルール[編集]

前述した通り、これはアメリカのBaseballにほぼ忠実に倣ったスポーツである。すなわちメジャーリーグワールド・ベースボール・クラシック(WBC)に適用されるルールとなる。

このルールを制定したのはアメリカなので、基本的にはアメリカ本国に都合の良いものになるはずであった・・・がWBCでわざわざ自国にある「野球」のルールを捨て、「棒白」のルールに従った日本や韓国にコテンパンに叩かれてしまい、アメリカの馬鹿さをさらけ出す結果に終わってしまったというのが日本での一般的な見解である。

しかし放映権やスポンサーで莫大な資金を日韓から徴収するのが目的だったアメリカは元々WBCをスポーツとして取り合う気はなかった。だからこそ気前よくルールを譲歩した上、マイナー選手とアルバイトの混合チームで挑み、それに勝って大喜びする日本人や韓国人を嘲笑し大儲けをしたのが真実であるといわれている。

そして自分たちに不利なルールを自ら採用したアメリカを「馬鹿だなぁ」と見下し自分は賢いと思い込んでいるホンモノの馬鹿な日本人の国民性はキューバやオランダにまで知れ渡ることとなった。日本では30%を超えたWBCの視聴率もアメリカでは「何をやっても真似しかできないサルの猿真似ショー」という質の低いコメディとして知られていたため1%に止まった。

1度目の大会でいい思いをした日本はカモにされているとは思いもせず、もちろん2度目も資金をたんまり持って行った。

まあ、何があろうと結局ジャックはバットと2個のボールを持っていたって事に変わりはない。

屈強な男たちが固い肌色の棒を手で握りしめ力強く速く振り、白いものを柵より遠くに飛ばして点を入れるスポーツ(棒白)選手として注目される日本人の一覧[編集]

要するに、アメリカのメジャーリーグで活躍する日本人選手のことである。


関連項目[編集]