就職活動

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
曖昧さ回避 この項目では、シューカツの総論について記述しているばい! 内定をもらえる模範的な弁論法につ・い・て・は「面接」をCHECK IT OUT!! はい!!!
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「就職活動」の項目を執筆しています。
就職活動は大変なのだ。

就職活動(しゅうしょくかつどう)とは、新卒者(主に大学3、4年生)と企業(の役員や社員)が行う合コン乱交結婚子作りなどの活動である。そのため、生殖活動(せいしょくかつどう)と発音が似ている。よく、隠語として「就活は恋愛」と言われるが、実態はすさまじくお下劣である。就活(シューカツ)とも略される。

流れ[編集]

一般的には以下のような流れとなる。

  1. エントリー
  2. 説明会
  3. 一次選考(筆記試験、エントリーシートなど)
  4. 二次選考
  5. 最終選考

選考は人事(ひとごと)や面接官や役員の学生を見定める能力やふるい分ける能力が低ければ低いほど、選考の回数と面接官の人数が多くなる。一般的には3回程度が多いので、ここではその例を記す。

なお二次選考は中堅社員の面接、最終選考は役員の面接である場合が多い。

エントリー[編集]

合コンパーティーへの申し込みの第一歩。先方に生殖活動をやりたいという連絡をする。また、人材会社という企業からの依頼を受けてエントリーや後述の説明会などを斡旋するイベントサークルのような団体もある。学生は氏名・住所などの個人情報学歴・サークルなどの経験などを報告しなければならないのだが、最近はあまりにサークルの経験について吹かしを入れる学生が多いので、下手に言うとかえって嘘つきと思われることがあるので、注意して使うべきである。

説明会[編集]

合同説明会と企業単独の説明会がある。合同会社説明会とは、文字通り合コンパーティーである。多くの企業と学生が参加し、企業側が自分の生殖能力・生殖成果(隠語で業績と言われる)などを紹介し、学生の側は質問したりすることができる。生殖へ向けての初顔合わせである。

この際一般的には企業の側が学生を見定めると考えられがちだが、実際には学生の側も企業をじっくり見定めており、その印象は長いこと続き、風評が広まってしまうことがあるので、人事にとっても真剣勝負の場であることは変わりない。

選考[編集]

  • 一次選考 - 別名「郷試」。概ね筆記試験とエントリーシートという企業が学生側の生殖能力を推定するための書類を提出する。筆記試験については、ある程度の知力がないとバカな子供が生まれる可能性があるから行われる。ここをクリアすると二次選考へ進める。
  • 二次選考 - 別名「会試」、一次面接とも。パーティーではお互いじっくり話すこともできないし、相手のことを忘れてしまってることが多いので、ここで顔見知りになり、相手の人間性という生殖能力を確認する。生殖能力が認められると次へ進む。
  • 最終選考 - 別名「殿試」。役員が出てきて、自分との性行為の相性を確認する。ここをクリアすると、入籍(入社とも言う)、生殖行為を行う殿様と妻という関係になる。

選考方法[編集]

以下に一般的な方法を示す。なお、インターンシップ・推薦・コネは一般的な方法に比べ数は少ないが性交(成功)率は高い。

一般面接
一般的な合コン形式のもとで行われる面接。大企業では同じようなことを何度も繰り返すが、それも適切な生殖相手を見つけるためだとされている。主に「自己PR」「志望理由」などが聞かれる。ここでは9割5分の学生が「学生時代にサークルの部長をして100人の性管理を行いました」と、股間を張ってドヤ顔でアピールする。また、学生時代の思い出を聞かれると9割の人間が「一人旅(自慰行為)」と応えるが、たいていは嘘なので、「思い出の景色は?」と聞かれると、キョドって応えられず、「あ、青い空です」と言ってしまう。
集団面接
いわゆる乱交。女性有利とされ、基本的に面接官は女性の胸や脚などを見ている(詳細はセクハラを参照)。「選ぶのでなく落とす」面接と言われ、よほどのブスかデブでなければ通過できる。一方で男子学生にとっては鬼門とされる。隣の女子学生のスリーサイズなどを応えられることなどが通過の鍵となっている。また、中年の部長クラスの面接官が相手の際は、稀に男子学生優遇のパターンが見られ、男子学生にとってはヤるかヤラれるかの選択をせまられる。
圧迫面接
上記二つの面接においては、稀に「圧迫面接」が行われる。傾向として、面接官がとにかくデブ。主な質問事項に「私と一緒に電話ボックスに入れますか?」「汗かきは好きですか?」「うちの社食はちゃんこ中心ですが大丈夫ですか?」など、学生にとって応えづらい質問を投げかけてくる。ひろく学生のストレス耐久度を見ているとされる。模範解答は、「はい、私はデブ専です。この豚野郎」である。
グループディスカッション
「グループでパーカッションみたくディスり合う」の略。同じグループ内の学生の性的コンプレックスをすばやく鋭く罵る能力が必要とされる高度な課題。近年の出題傾向に「少子化対策」「性の若年化」などがあげられる。上位大学では、「甲斐性無し」「まな板女」「カントン包茎」「童貞はげ野郎」などの専門用語を駆使する学生も多く、時には試験管も一緒になって股間をまさぐりだす。一方で、乳繰り合ってるイケメンとギャルがよくいることが挙げられるが、このような「協力プレイ」が本来の目的だと指摘する就活コンサルタントも多い。稀に、微妙に高学歴な高飛車女が混じっていると、他の学生を一方的にヒールで蹴りつけ、場をめちゃくちゃにすることがある。通称「地雷女」と呼ばれて畏怖されている。
インターンシップ
婚前交渉のこと。就職活動が最盛期(繁殖期)を迎える前に、学生をあらかじめ会社に呼び、性行為を行ってみるのである。うまく行くと(子供ができると)、その場で入社が決まる。「できちゃった結婚」と呼ばれる。
推薦
お見合いのこと。特に職場の上司が相手を紹介するお見合いと似ている。この場合上司にあたるのが、ゼミや研究室の教授である。
コネ
お見合いのうち、特に親戚による紹介のこと。親戚に権力者や富豪がいるとこの手段は性交率が高くなる。その他、体育会の先輩後輩などでもこのような構図は見られる。

上記の他にもさまざまな選考方法がある。例えば、マスコミでは模擬生殖。ゲーム業界では美少女キャラ攻略。商社では対ブス生殖器反応といったものがある。最近ではベンチャー企業でゲーム形式により頭脳を図る選考方法もあるようだ。「童貞当てゲーム」「シーメール当てゲーム」などはかなりの難関とされ、多様な対策が練られている。

求められる人物像[編集]

一般的な恋愛結婚、見合い結婚に比べ、なんでもありであるという点が異なる。

  • 学歴 - 学校名は非常に大きな要素である。有名大学の人間しか相手にしない高飛車な女のような会社もあるし、自分と同じ大学の出身者ばかりを配偶者としたがる企業もある。あまりに低学歴だと学歴フィルターが発動して、合コンにさえ参加できない場合がある(以下を参照)。とはいえ、学歴が良くても他がダメでは何の役にも立たないのである。
  • 生活態度 - 学生生活では、本分である学業に専念するよりも、スポーツ・同人活動・動物的な意味での性行為・アルバイトなどに専念するほうがよい。学生にとってはアルバイトで金を貯めてサークルでセックスの相手を物色してセックスに励んでいるだけだが、この活動は非常に評価される。むしろ、学業に励んでいたところで大して評価されない。単位をギリギリ確保できる程度に授業に出て、その分資格でも取っておいたほうがよほど役に立つ。
  • 容姿 - 当然ながら合コンから結婚にもちこみ、生殖活動に及ぶことが目的なので、いわゆるイケメンが好まれる。
  • 会話能力 - しばしばコミュニケーション能力という隠語が使われるが、要は性行為に持ち込むためにいかに相手を騙せるかということである。内面に秘めた能力がいくらあろうが、磨けば光る素質がどれほど存在しようが、面接の場で表現できなければ、口先だけで脳味噌がクソミソなDQNにも劣るのである。要するに、押尾学には股を開く女がいるのに、江頭2:50に抱かれたくない女が多いのと一緒である。
  • 一夫多妻 - 基本的に一夫多妻である。企業一社が何人もの社員を抱えている。また、企業のほうが圧倒的な権力を持っている。
  • 複数の相手へのアプローチ - 学生側も、複数の相手にアプローチする。また、インターンシップでは、1人の学生が複数の企業と婚前交渉したり、企業も複数の学生と婚前交渉する。まさに乱交である。
  • 近親交配 - 日本の結婚制度と比較して、この生殖行動では近親交配が非常に多い。親や親戚の会社に入社する者は多い。また、社員の多くが親戚という同族会社という会社も存在する。近親交配は競走馬ではよく見られるが、競走馬でも近親交配による子供は健康面に不安があるのと同じように、この生殖行動も近親交配を行うと不健全になりやすいという特徴がある。
  • 生殖能力 - 求められる人物はもちろん生殖能力が高い者だが、新卒の場合は企業と生殖を行ったことがないので、他の観点で評価する。


以下では大学別学歴フィルターについて記す。なお、一部の就職サービスではこのフィルターが実在しており、学生からのメールなどを事前にハネていたということが知られている。

         東京大学京都大学
 ========(一流企業から引く手あまた↑)========
      早慶、その他の帝国大学(地帝)
 ========(すべての一流企業の面接を受ける権利がある↑)========
      MARCH関関同立駅弁大学等
 ========(半分の一流企業の面接が受けられる↑)========
         日東駒専産近甲龍等
 ========(わずかの一流企業の面接は受けれる↑)========

批判[編集]

近年では就活に対しての「茶番だ」との批判も多くみられる。「本来の異性をむさぼるような学生が少ない」とし、さまざまな選考や対策を設ける企業だが、一方でそれらがもたらす就活の早漏化や自慰行為の時間不足などが問題として上げられる。例えば大学生では3年の夏から就活がはじまる傾向にあり、学業を投げて枕営業に時間を費やす学生も多い。これらの問題の背景には「リ狂ート」の存在が指摘され、不景気をいいことに、就活の場をマーケットとし、採用のマニュアル化を促進しているという批判がある。現に、多くの企業が多額の資金を採用対策に当て質の良い学生をとろうとするものの、スリーサイズやケツはでかいものの、会社の性品開発理念とは不一致であることなどが理由で、望まない学生が舞い込んでくることがある。大学にいたっては、学生が就活で失敗すると保護者からニプレスを投げつけられるのを恐れ、「合コン支援課」や「学生性活課」などの対策課が設けられている。

このように企業側と学生側ともシューカツに大いなる問題があることを十分に把握していながら一向に改善されることがないのが現実である。これは前の大戦において旧日本軍が負けが込んでいながら一向に敗北を認めず、天皇に戦争終結の責任を押し付けられるようになるまで粘っていたという歴史と同じであり、日本人が持つ責任回避体質・事なかれ主義のわかりやすい例のひとつであると言える。

上述のような問題を提起した著書に『性活のバカヤロー』(肛門科新書,大沢イニ,石渡嶺痔)があり、「良い人材が企業に行ったら自分たちがやれる女がいなくなる」として、現在の就活事情を痛烈に批判している。また、2009年と2010年には有志の学生によって「就活バカヤローデモ」が北海道と東京の二か所で行われた。馬のイチモツの形をしたかぶり物をし、『リ狂ートは服を脱げ!』『もっと学生にオナニーをさせろ!』『俺は早漏はいやだ!』などのプラカードを掲げて街を歩く学生の姿が注目され、マスゴミもひろくとりあげる出来事となった。結局現在の就活は、草食化した学生が社会の経済事情に振り回されているのが現状であり、生殖活動の見直しが必要という説が広がりつつある。

関連項目[編集]