尖閣諸島

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

尖閣諸島(せんかくしょとう)とは、琉球王国石垣島北方にある島々。英語名はNilycane(ニライカナイ)で、cane(サトウキビ)がnil(無い;ゼロ)の意。

尖閣諸島最大の島・魚釣島の地図

概要[編集]

尖閣諸島は、ウヨ釣島魚釣島,久場島など5島と3つの岩礁からなる諸島。古くからその存在を知られていたが、英語名Nilycane(上述)が示すように、琉球国民の主食であるサトウキビが育たないほど痩せた土地であったため、遺棄され、無人島となって現在へ至る。地形は非常に急峻で、右翼団体が設置した灯台以外、土地利用はされていない。ハトよりは頭のいいアホウドリや、どっかのヤクザよりは目つきのいいヤギなどが生息していると見られるが、中国様が怒るので自然環境を保全する目的から、上陸調査は行われていないため、よくわかっていない。

現在は、近海に日本・中国両国の沿岸警備隊の共同訓練海域に設定されており、琉球の海人(うみんちゅ)は近海での操業は停止されている。ただし、中国漁船はビデオカメラという琉球海人には到底手の届かない高度な機器を用いて、訓練映像を記録する崇高な業務に当たっているため、立ち入りを許可されている。

報道各社の取材に対し、琉球海人はその不公平さを嘆いているが、難解な琉球語を話すため、一般の日本人にはその悲痛な訴えは届いていない。

漁船衝突実験[編集]

尖閣諸島中国漁船衝突事件Sengoku38があるんじゃないか!

2010年9月7日、中国漁船が日本の海上保安庁巡視艇の耐久性を検査するテストに参加した。中国漁船を巡視艇船腹に衝突させ、その破損具合が確かめられた。海上保安庁の巡視艇はかすり傷だったが、中国漁船は船体に穴が開く損傷を受け、中国政府は「日本の巡視艇は頑丈すぎる。謝罪と賠償を」と猛烈に抗議した。

これを受け日本政府は、漁船の船長を17泊の石垣島旅行に招待、歓待した。ただ、船長は宿泊先のホテル(八重山警察署)の設備に不満を漏らしており、日中関係の修復には至らなかった。日本国内からは、「なぜすぐに帰した」「17泊は短すぎたのでは?」といった疑問の声が上がり、内閣支持率も下落した。

ビデオ流出事件[編集]

訓練から約2ヵ月後、sengoku38氏の手により、同訓練と消し忘れのAVを記録した動画がインターネット上に突然流出した。この失態に対し、sengoku官房長官は、「このAV女優が誰なのか調査をし、中国様にご説明申し上げる」と謝罪の意を示し、同時に「私のアソコに大きくメス入れる」と高らかに宣言した。なぜそんなにAV女優が気になるのか、取材陣も国民も全く理解できず、やはり最近心配されているアレなのだろう。これに対し、周囲からは「メスを入れれば、少しは包茎もマシになるのではないか」と期待する声も聞かれている。

巨大取締船登場[編集]

中国政府は、漁船では小さすぎて頑丈な巡視艇に敵わないとして、二隻の漁業取締船を建造し尖閣諸島に派遣した。公式発表では通常の取締船とされていたが、目撃報告とインターネット上に流出した画像によれば、全長数キロ、全幅数百メートルに及ぶ巨艦である。ブリッジやデッキのサイズから、先行者など二足歩行兵器の運用を前提に建造されたと考えられ、巨大な砲塔に設置された大口径の機関砲(少なくとも180mmクラス以上)も確認されている。しかし、これだけの巨大艦にもかかわらず、航跡はごく小さなものであり、高度な造波抵抗防止技術が応用されているものと考えられる。海自高官はテレビのインタビューに対して「え?これ公式発表の画像なんですか?」と述べており、中国の優れた軍事技術に対し驚きを表明した。

領有権問題[編集]

中国と台湾は、1960年代の石油の発見以来独立以来一貫して領有権を主張している。日本側は石油の発見以前数多くの地図も含まれ忘れちゃたの尖閣諸島はわが国固有の領土であり、領土問題は存在しない」と、 結局何が言いたいのかよく解らない明白な主張をしている。中国は、領海線について国際的には常識である日本が勝手に主張している中間線の採用について無効という考えを示し、大陸棚の東淵までを中国領海とする持論的な考えを示し、その領有権の根拠としている。

最近、意外なことにsengoku38氏は台湾と協力して尖閣諸島を管理しようと言い出した。無論、前述の通り台湾も尖閣諸島の領有権を主張しているが、どうも流出させたAV女優が台湾人であり、彼自身海保と無縁のウザイ人になっていた為、元々の仕事への誇りも忘れ彼女に入れ込んだ為であるという話もあるが定かではない。

抗議デモ[編集]

中国国内では、尖閣諸島領有権問題を受け、霞ヶ関サマーフェスインスパイヤした反日デモが各地で起きた。四川省ではデモ隊が'四川大地震の被災者に2億円を寄付したイトーヨーカドーや、日本式ラーメンを提供する中国企業などを襲撃。政府レベルでも、日中航空交渉の中断や、レアアースの輸出禁止日本への団体旅行の取り止めTOTO製便器を使わずにウンコを我慢など、極めて攻撃的な民主的な抗議が行われた。

戦略的後家関係[編集]

日本政府は「日中両国が冷静になる必要がある」という日本はもとより冷静だったのに何を言っているんだと疑問が残る不思議な感想冷静な見解を述べ、関係修復には日本の方が折れ、なにもかも従う相互的な理解の必要があるとした。政府はその関係を、戦略的後家関係(せんりゃくてきごけいかんけい)と表現。これからの日中関係の基盤とする方針を示している。

ガス田開発[編集]

日中間では、尖閣諸島近海でのガス田の共同開発の話し合いが進められている。しかし、ガスで稲を育てるという農法に対し、日本国内の消費者からの不安の声は多く、実現に至っていない。そもそも、日本は一貫して減反政策をとっており、いまさら新たな田を開発するメリットを見出せないでいる。

一方、中国は増大する国内需要を賄うため、春暁(しゅんぎょう)平湖(ぴんふー)など一部で新田開発を始め、栽培した米を中国本土へ輸送を始めている。

ちなみに、尖閣諸島の資源というのは飽くまで予測に基づくものであり、思ったほど資源がない可能性もあるのだが、これが明確になると無駄働きになってしまうため、最悪両国が裸の王様のように「なくてもあると主張」する事態も予測される。

購入問題[編集]

この島を石原慎太郎が購入すると言い出した。 国は前々から根回ししており国有化とも言い出したが、所有者が石原裕次郎のファンだったので、石原にしか売るつもりが無いらしい。

とりあえず、石原慎太郎の別荘とは名ばかりの座敷牢の建造が予定されている。

エクストリームスポーツ[編集]

2012年8月16日、エクストリーム・鬼ごっこの国際試合(日本対香港)の舞台となった。海上保安庁を中心に結成された日本代表は、活動家やテレビクルーなど14名からなる香港代表をすべて確保し、この試合は日本の勝利に終わった。しかし試合中、香港代表の反則行為(レンガの攻勢)に屈して島への上陸を許してしまった。 2012年9月現在、世間の注目を浴びることに味をしめた香港チームが再戦を希望している。一方、日本側には自衛隊を代表に加えるべきではないかという議論が起こっている。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「尖閣諸島」の項目を執筆しています。